自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/3/15(月) - 2004/3/19(金)
1日め

テーマ鳥インフル、BSE。日本の食に思うことあり。

今日のポイント

食の安全を脅かす問題はどこまで広がるのか

キャスター
大谷昭宏
大谷昭宏 ジャーナリスト

アメリカ産牛肉のBSE問題で、大手チェーン店から牛丼が姿を消して1カ月。この間に、こんどは、鳥インフルエンザの被害が急速に拡大してしまいました。

とくに、京都府丹波町の養鶏場で国内3例目の鳥インフルエンザが確認された問題の余波は収まりそうもありません。この養鶏場の敷地内や隣の園田町で、二次感染とみられるカラスの死骸が見つかり、さらには、30キロも離れた大阪府茨木市で見つかった死んだカラスからも同じ型のウイルスが検出されました。カラスの行動範囲は10キロ半径で、ウイルスを持ったまま長距離を飛ぶことが難しいことから、大阪のカラスは、養鶏場で感染したカラスと、どこかで接触して感染した可能性が疑われています。

カラスのような野鳥を介した二次被害、三次被害の不安がじわじわと広がるなかで、各地の関係機関には、人への感染はないのか、などといった相談が相次いでいます。地域によっては、児童に鳥を飼育させることを禁じたり、学校給食から鶏肉や卵を外す学校もでてきました。消費者の間にも鶏肉や卵を敬遠する傾向が強まり、焼き鳥店など、鶏肉を扱う店の客足も減っています。

そこでまず、みなさんに伺います。鳥インフルエンザ、そしてBSE。わたしたちの食の安全を脅かす問題が相次いでいます。これらは、みなさんの食生活に何か影響を与えていますか。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english