自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/24(月) - 2003/11/28(金)
3日め

テーマ自衛隊イラク派遣、賛成ですか?

今日のポイント

自衛隊を派遣するという基本方針は崩していません

投票結果 現在の投票結果 y10 n90 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大谷昭宏
大谷昭宏 ジャーナリスト

たくさんのご意見ありがとうございました。Yesが11%、Noが89%。自衛隊をイラクに派遣すること自体に疑問を持つ方が大勢を占めていることが数字からもわかります。これについては予想どおりの反応が返って……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

軍事的な貢献か、医療や福祉といった分野での貢献か(A6M2・愛知・既婚・47歳)

今さら自衛隊派遣は断れないということではないでしょうか。日本は安全保障を米国に全面的に依存し、かつ首都を含む国内各地に米軍基地を提供している「半独立国」です。おまけに中東の原油依存率も高い国です。問題は、米国追従か国連中心かというポリシーを、反テロにすりかえた小泉政権の在り方ではないでしょうか。ただ、わたしは、どちらにしても、イラクにはいかざるを得ない。より軍事的な貢献か、医療や福祉といった分野での貢献かという違いしか出せないということだと思います。

日本の国際協力の姿勢を内外に明らかに(デジトラ)

日本人は平和ボケしているのではないでしょうか? 中東諸国に石油を依存している現状があるにもかかわらず、その国の経済や文化・安全などに直接関与してこなかった。自衛隊派遣を軍事的な理由だけで判断するのは、国際的にどうなのでしょう。国際平和協力のために、早く憲法を改正して日本の国際協力の姿勢を内外に明らかにするべきだと思います。

NO

アメリカへのパフォーマンスでしかない(巽・大阪・未婚・43歳)

「目に見える国際貢献」と言いながら、危険地域に自衛隊を派遣するのを手控えたり時期をずらしたりするのでは派遣する意味がないと思います。かと言って一切不戦を貫くのでもないし、自国民から見てもこの派兵はアメリカへのパフォーマンスでしかないと思えます。有事立法もいよいよ議会に提出されそうだし、小泉首相が戦争好きなのか、国内の数々の赤字や負債が戦争によってうやむやになるのが狙いなのか、その両方なのか。

ちなみにアルカイダが日本へのテロ攻撃を示唆していますが、それがなくても派遣には反対です。今各国の派遣部隊がテロの被害に遭っていますがそれぞれの国でイラクに対する批判でなく派兵した自国政府に批判が多く出ているのも、これが正義の戦いであると信じられない人が多数を占めているからではないのでしょうか。

テロの標的であることに危機感を持つべき(veronique・フランス・独身・30歳)

反対です。トルコがイスラム教徒が多いにもかかわらず、連続してテロ攻撃にさらされたのは、トルコが親米派の政策をとっているせいばかりではなく、現段階で欧米先進諸国のテロ対策の網目をアルカイダがくぐりぬけられないからである、と昨日フランスのニュースで放送していました。

トルコ同様に、日本はテロ対策に慣れていませんし、東洋の国でありながら、西洋に近い国です。現在アルカイダがテロの標的候補として日本を挙げ、警告しているということを現実的にとらえ、危機感を持つべきだと思います。海外へ自衛隊を派遣するということは同時に、テロ警備のために自衛隊員かそれに等しい武力を持った組織を国内に常時配備するということでもあります。日本がそうなってしまうのは、悲しい。

大きな決断、行動は避けるべきではないか(joker1182)

イラク派遣に反対です。取り付く島もないようですが、危ないと思うから。政府は「イラクには安全な地域もある」と繰り返し強調していました。しかし「どこが危険かか安全かと区別できる状況ではない」と指摘するジャーナリストや識者もたくさんいます。同時に、いま自衛隊を送り込んで、どれだけイラク復興のためになるのか、その点も疑問に感じます。テロリストグループを刺激する逆効果と比べたときに本当に賢明なのか。「派遣しないとテロに屈したことになる」という主張も理解できますが、何が正しくて何が間違っているのか、だれが正しくてだれが間違っているのか、これだけ混乱している中で、あまり大きな決断、行動は避けるべきではないかとも思います。

22日、外務省主催のタウンミーティングが広島で開かれました。川口外相は、イラク問題について会場の複数の市民から質問、批判を仰ぎ、ていねいに答えていました。その受け答えには、好感を持ちましたが、心に響く内容ではありませんでした。なぜ物足りないのか? 大局観が希薄なのではないかと思います。「イラクは大量破壊兵器を持っていたのか」とか「アメリカの攻撃を日本が率先して支持する必要があったのか」といった議論を一階層掘り下げて、アメリカ・国連・国際貢献といったキーワードを中心に、日本の外交方針を示してほしい。このい混乱を解消する一歩になるのではないかと思います。

問題は、日本が何をするか?(live)

自衛隊派遣そのものについて賛成か反対かということで論議することではなく、問題は、日本として、何をするのかではないでしょうか? たとえ自衛隊が行ったとして、戦闘行為を行うことと、インフラの整備や物資の支援をするということでは、まったく内容が違ってくる問題であり、それによって現地状況も踏まえて考えるべき問題だと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

与党、民主党の見解と憲法9条

たくさんのご意見ありがとうございました。Yesが11%、Noが89%。自衛隊をイラクに派遣すること自体に疑問を持つ方が大勢を占めていることが数字からもわかります。これについては予想どおりの反応が返ってきたかな、という印象です。Yes、Noそれぞれのご意見についても同様です。

ただ、政府与党は、「イラクの復興支援のためには人的支援をするのが国際社会における日本の立場だ」という姿勢を崩していません。

対する民主党は、「復興支援のために自衛隊を派遣するのは、国際貢献の立場から必要と認める。今のイラク情勢は特措法成立の時とは根本的に変わっている。現在の状況からは派遣は慎重にすべきである」という主張です。いずれにしても、民主党も、自衛隊派遣については基本的にはYesという立場なのです。

こうした流れを踏まえ、改めてこの問題を見ていくとき、否応なしに浮かび上がってくるのが憲法9条です。イラクのサマワに自衛隊を派遣すること自体、憲法9条に抵触するのかしないのか。抵触するならどこなのか。あるいは憲法9条の枠組みの中で、できるのか、逸脱しているのか。明日は、この辺りについてみなさんの意見を伺って、さらに一歩議論を進めていきたいと思います。

大谷昭宏

大谷昭宏

ジャーナリスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english