自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/4/12(月) - 2004/4/16(金)
1日め

テーマ裁判の迅速化を望みますか?

今日のポイント

裁判の長期化についての問題点とは

キャスター
窪木登志子
窪木登志子 弁護士

先日はオウム真理教に関する一連の事件などでは、裁判の長期化について問題点や意見が取り上げられました。みなさんも、どのように感じましたか?

近年、司法が、「国民に開かれた司法」を目指し、かつ、使いやすく充実し、迅速な手続きが行われるため、一連の司法制度改革が行われてきました。政府は裁判員制度が2009年からの実施を目指しており、最近もその内容やわたしたちの義務が報道されることが多く、だんだんと身近に感じている方も多いのではないでしょうか。

また4月1日から法曹人口の増員やより実務に即した勉強を目的とした法科大学院が開講し、注目を集めました。この二つの改革も、迅速化を図るという側面も持っています。第一審の裁判を2年以内に終わらせることを目標とすることなどを内容とする「裁判の迅速化に関する法律」も定められました。

最高裁判所ホームページにて発表されている司法統計年報によると、たとえば刑事事件では、平成11年には19.2カ月かかっていた起訴から上告審終了までの審理期間が、平成14年には18.4カ月となっています。同様に民事事件や知的財産に関する事件でも迅速化はすで図られています。

みなさんが実際に裁判手続きに触れて、または事件の流れを見ていて、裁判はより一層迅速化するべきだと思いますか? そして今検討されている改革についてどう考えていますか? 「国民に開かれた司法」を実現するためにみなさんのご意見を伺いたいと思います。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english