自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>アクティブライフ@>レバノン/ベイルート :想像を絶する交通事情
/交通安全のお守り“good luck”


レバノン/ベイルート
想像を絶する交通事情
/交通安全のお守り“good luck”


リポート: 古川智子さん
(レバノン在住 American University of Beirut勤務)
【写真】レバノン/ベイルート

想像を絶する交通事情

レバノンは内戦で多くを失ったが、交通インフラと交通ルールも例外ではない。2年半前に引っ越してきた時、国内に信号機は存在しなかった。現在では、ベイルートの中心部で何台か見かけるが、あまり気に掛けられている様子がない。後続車のいる状態で赤信号を守るのには、今でも結構勇気が必要。車線の表示も不十分で、道幅の広い道路では、その場の運転者の技量と度胸によって、車線の数がコロコロ変わる。かなりのスリルだ。

暴走車も怖い。年齢性別を超えてスピード狂が多く、日本同様の狭い通りを時速80km(に感じる)で突っ走る。レバノンで死亡要因の第一は交通事故だそうだ。

プラスの変化はある。信号機や車線もそうだが、昨年、運転者のシートベルト着用が義務付けられた。イスラム教、キリスト教と宗教が社会の基盤をなすこの国では飲酒運転を聞かない。子だくさんの家庭が多く、チャイルドシートの義務化は難しそうだ。ならば次はぜひ、運転中の携帯電話使用の取り締まりを、と願うのはわたしだけではないと思う。

【写真】レバノン/ベイルート

交通安全のお守り“good luck”

レバノンでは幼児の靴が交通安全のお守りで、車のテールにぶら下がる小さな靴をよく見かけます。ちなみにわたしは、初めてこれを見た時、人身事故を疑いました。

  

〜アクティブライフ@の記事〜
→ 現在進行中のサーベイ
→ コラム 菅原真樹の「楽園からの風」
→ イー・ウーマンユニバーシティ講座
→ 201X年の家族のくらし
→ みんなで作るオリジナルドライブマップ
→ アクティブライフ@トップページ
→
イー・ウーマンサイトトップページ
ページ最上部へ
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english