自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2139
世界で通じるプロになりたいですか?
投票結果
82  18  
543票 123票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年04月09日より
2007年04月13日まで
円卓会議とは

石倉洋子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
石倉洋子 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授
円卓会議議長一覧
「世界で通じる仕事のプロになりたいですか」という質問に対して、たくさんの回答ありがとうございました。……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 能力や実力は隠せない (maho123・ニューヨーク・パートナー有・38歳)
海外で就業すること=プロフェッショナル、ではないことが海外で就業してみてよく分かりました。日本でも外国でも、プロはどこにいても実力を発揮します。私の思うプロとは、日本と海外の両方を知り尽くしていること、プラス、仕事に対する独創的な理念や感性、そしてそれらを国内外を問わず仕事に応用できることです。英語は手段であって目的ではないので、まず上記に挙げたことが前提条件です。外国にいても日本にいても、実力や能力は一目瞭然に周りの人は分かってしまうものです。

yes 自分の意見を持つことが基準 (薔薇子・京都・パートナー無・51歳)
海外に行くたび、多くの若い人たちが、さまざまな学びのために、旅行や留学をしているのに驚かされます。一方、自分の会社では、言いたいことがないのか、思いがないのか、意見を言わない部下たちに苛立ちを覚える日々です。でも、確実にコンプライアンスやISOなど、社内ルールは世界基準です。マインドだけが内を向いているのが気になります。海外では、10歳の子どもでも自分の意見があるのに。私は、自分の意見をどんな時も発言することが、自分の生き方であり、世界で通じる基準だと思っています。

yes 芯は硬く、当たりは柔らかく (Hazel Nuts・神奈川・パートナー無・23歳)
私は経理の仕事をしています。今は、地道に数字を合わせ、管理、報告しています。語学力にも磨きをかけ、将来的にはCSR(自然環境・会社環境の両方)に携わる仕事がしたいと思っています。世界レベルの仕事をするためには、多様な人たちみんなにとって明らかな説明とデータ(数字)と、それぞれの人たちの考えを聞き入れて吸い上げる柔軟性の両方が必要だと思います。自分の軸はしっかりとしてブレない、でも囲い込みは広く、多くの違った意見の人たちから信頼されることが重要だと思います。

yes 他人の価値観を受け入れる力 (kojirei・東京・33歳)
社会人10年目を過ぎて、仕事人として成長しプロになるためには、他人の価値観を受け入れる力が必要だと感じています。仕事は、必ず一人ではできないもの。自分のチームや、他部署、顧客や取引先、多くの人と関わるなかで、自分の考えが必ずしも通らないこともあります。そんなときに、いかに他人の価値観を受け入れ、自分の価値観も大事にしながら調整できるか、その力が必要になると思います。自分にはなかった感覚を吸収することで、一歩先に進めます。世界中の価値観を受け入れられる人間になりたいです。

no 地域医療を選択 (鳰・栃木・パートナー有・53歳)
医師として、地域医療の道を選んだので、限りなく「世界に羽ばたく」から遠い状況です。むしろ地方にいながら世界中からの患者さんが来られ、グローバル化を感じています。医学において世界に通用するとは、国際学会レベルの仕事、海外で医療・研究に携わるということになるかと。同級生には米国で医学研究室のボスとして活躍中の優秀な医師や、演奏家として海外を飛び回っている方もいます。実は、私たちは皆石倉さんの後輩です。職業、立場により求められているものが違う、というのが私の考えです。

no 志が低い? (いまいくん・埼玉・44歳)
世界に通じなくても日本で通じていれば良いと考えてNoにしました。これだと志が低いのでしょうか? スポーツ選手の例が分かりやすいと思いますが、野球でもサッカーでも日本で「超一流」の選手しか、世界レベルで通用していません。だから世界を見る前に、まず日本で超一流と言われるようでなければならないと考えています。そしてまだ自分は一流のレベルにさえ達していないので、世界ではなく、まず日本で通用するようになりたいと考え、日々……それほど努力してないなぁ……。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「世界と日本のプロや仕事の違いは?」
「世界で通じる仕事のプロになりたいですか」という質問に対して、たくさんの回答ありがとうございました。YesとNoがほぼ拮抗していた前回に比べると、Yesが圧倒的に多いですね。回答数も全般に少ないので、やはり「世界」の壁が高いのかなと思いました。「世界」といっただけで、回答する気にもならないという方が多いのかもしれません。

Yesという方々の中で目についたのは、自分の意見を持つこと、多様な価値観を受け入れいろいろな人と一緒に仕事ができることの重要性です。それから実力があれば、地理的な場所は関係ないという投稿もとても印象に残りました。

Noという方はまず日本で、それからでないと世界では通用しないのではという投稿でした。このご意見は、まず身近な目標、それから高い目標という考え方だと思いますので、志が低いということではまったくないと思います。実際、私の周囲にいるプロフェッショナル(と私が思う有能で親しい友人たち)の中にも、最初から世界というと問題では? といっている人もいます。

何をするにしても、「できた!」「目標に到達した」という達成感が重要ですから、身近な目標、がんばればクリアできるハードルを選ぶという考え方には意味があります。最初からあまり高い目標を掲げることは、失望を招くだけでなく、自ら失敗してしまうように最初からセットしてしまっていることにもなりかねませんから。

この課題について、鍵になるのが、日本と世界の仕事のやり方やルールの違いだと思います。まず近い目標として日本で通用する実力を伸ばす、それから世界へというのは、世界と日本が同じようなルールで動いている、世界でも日本でもプロや仕事に必要な要件は同じ、日本より世界の方のレベルが相対的に高いという前提にたっているようです。

そこで、2日目の問い掛けです。世界で求められるものと日本で求められるものの間にある違いは何だと思いますか。それとも違いはないのでしょうか。世界に通じる仕事と皆さんが考えていらっしゃる具体的な仕事、そういう仕事をしている人、など具体的に考えてください。もちろん一般に知られている人である必要はなく、皆さんの身近にいる人で構いません。「世界」という言葉だけで、回答する気にならなかった方々も、ちょっと考えてみてください。たくさんの回答をお待ちしています。

石倉洋子
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授
石倉洋子


関連参考情報
■ 「「世界級キャリアのつくり方」講座」
20代、30代からの新しいキャリアの成功モデル
■ 「石倉洋子さんとのwin-win対談」
プロフェッショナル」として世界で活躍したい人へ
■ 「あなたにしかないビジネス上の「売り」がある?」
今日からあなたも始めましょう!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english