自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2199
お気に入りの結婚写真、ありますか?
投票結果
50  50  
360票 367票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2007年06月25日より
2007年06月29日まで
円卓会議とは

押本龍一
プロフィール
このテーマの議長
押本龍一 米国LA在住 フォトグラファー
円卓会議議長一覧
3日目です。 東京にお住まいの、ふみつきさんからは、ヴェールをあげて嬉しそうに笑いながら退場してい……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 見ると今でも思い出します (ふみつき・東京パートナー有・)
カメラマンは友人のツテでフリーの方にお願いしました。結果、良かったです! 特に好きな写真は、チャペル式の退場時。父と入場し、パートナーと誓いを交わした後はほっとしたのでしょう。両脇で祝福してくれている皆さんの間を、ヴェールをあげて嬉しそうに笑いながら退場している幸せ満点の写真。また、お色直しの時に介添えさんと抜け出して外で撮った写真もお気に入り。横断歩道をドレスで渡りながら、3人で楽しそうに笑っている写真です。今でも見るとあの時の気持ちをきゅんと思い出します。

yes 友人の式での写真 (meg助・栃木パートナー無・)
二人の周りに従兄弟の少年、新郎の上司、新婦の友人達が集まった所で新郎のひいおばあさんが挨拶に見えて笑顔で迎えた写真でした。号令かけて集まったのでなく自然に集まった自然な笑顔で、この二人の人柄とか周りの人たちとかよくわかる1枚だと思いました。全体はブライダルコーディネート会社のフォトグラファーでした。「美しい」写真でした。儀式の記念写真としては申し分ないと思いました。

yes あこがれの…… (plastic・パートナー有・34歳)
私は式をせず写真だけ撮ったのですが、憧れの場所で撮ったので、背景がとても気に入ってます。自分たちは緊張してしまってましたが、それも専属のカメラマンさんの配慮で和らげられて何とかなったし、緊張の表情も良い思い出です。「和」を意識した背景なので海外生活で友人に見せたい写真です。

yes 結婚式はしなかったので (dianzi・埼玉・パートナー有・48歳)
結婚式はしなかったので、写真だけ写真館で撮りました。将来子どもたちが親の結婚写真が無いのを不思議がってはいけないと考えて。写真はふたりとも笑顔でとりました。幸せそうな雰囲気も出て、私自身も今までのなかで一番綺麗に撮れているので、大変気に入って、財布に入れて持ち歩いています。

yes ネガはなくなってしまったけれど (mikaka・東京・パートナー有・43歳)
親族一同で取った写真が私たちの結婚写真くらいしかないので、とても大切にしています。普通の、緊張した感じの記念写真ですが、夫婦仲のいい伯父伯母の並ぶ距離が微妙に近かったり、今は社会人のいとこがかわいい子ども服でピースしていたり、鬼籍に入った大叔父大叔母たちがいかにも明治の生まれの貫禄で姿勢よく座っていたり。式場が転業してしまい、ネガもないのですが、大切な写真です。

yes 思い出の写真 (reungja・大阪・パートナー有・37歳)
10年前に結婚式をあげました。ホテルのスイートでメイクとウエディングドレスをきました。ドレスのデザイナーがベールの手直しをしてくれていて、メイクさんがゆっくりお化粧をしてくれている間に、カメラマンが優しく写真を撮ってくれました。その時の写真からはおだやかな空気が伝わってきます。パートナーも私も人生で一番美しく輝いていた瞬間です。

yes 友人に目線を送ったものです! (す〜・滋賀・パートナー有・35歳)
やはり結婚式は、心を許している相手にシャッターを向けられると、よりいい顔ができるように思います。因みに私の場合はドレスを着替える為にパートナーと芝生の上を移動中、友人に声をかけられて振り向いた写真が一番のお気に入りです。

yes 娘が憧れる一枚 (malinda・神奈川・パートナー有・47歳)
自分も母に対して同じことがありましたが、私の娘たちも「ママもきれいだったのね」としばしば見ては言ってくれるスナップがあります。式と披露宴の間に親しい親戚の人がとってくれましたが、憧れの階段と時計の前で自然な表情で撮ってもらえました。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
撮影場所の重要性とゲストとの触れ合い
3日目です。

東京にお住まいの、ふみつきさんからは、
ヴェールをあげて嬉しそうに笑いながら退場している幸せ満点の写真と、お色直しの時に介添えさんと抜け出し外で撮った楽しそうに笑っている写真がお気に入りとの投稿です。

写真を見なくても、この時の幸せ感あふれる状況が伝わって来ますね。私もレセプションで、新郎と新婦をパーティ会場の外に連れ出して撮ることはよくします。それまでゲストに気をつかっていた二人をゲストから少しの間解放してあげると、リラックスしたいい表情が撮れることが多いです。

栃木のお住まいのmeg助さんからは、
友人の式で、二人の周りに従兄弟、新郎の上司、新婦の友人達が集まった所で、新郎のひいおばあさんが挨拶に見えて、笑顔で迎えた写真がお気に入りとの投稿です。

ドラマがあるいいシーンですね。挙式当日は新郎新婦を縁にして多くの出会いがありますから、その出会いもシャッターチャンスです。フォトグラファーとしては、全てを撮るのは不可能ですが、新郎新婦に絡むいいシーンがあればなるべく多く捉えたいですね。

Plasticさんからは、
式はせずに写真だけ撮られ、憧れの場所なので背景がとても気に入って、「和」を意識した背景なので海外生活をしている友人に見せたいとの投稿です。

写真を撮りたい憧れの場所があったことは、良かったですね。ここで撮りたいと思えるぐらい具体的になっていれば、撮影は半分成功したようなものだと思います。


埼玉のお住まいの、dianziさんからは、
結婚しはしなかったので、将来子どもたちが、結婚写真がないのを不思議がってはいけないと思って写真館で撮られたそうです。そして幸せそうな雰囲気も出て綺麗に撮れていて、気に入って財布に入れて持ち歩いているとの投稿です。

式はしなくても写真だけは撮る方も多いと思います。投稿で、結婚写真は、自然な姿を撮った写真に人気がある中、写真館で撮った写真がお気に入りなのは、私は個人的には嬉しいです。式ではないので緊張感も少なかったのかもしれません。動きの中での自然な表情もすばらしいですが、昔ながらの写真館のポーズの中にもいい表情は沢山あります。どちらも捨てがたいと思います。


東京にお住まいのmikakaさんからは、
親族一同で撮った写真は、自分達の結婚式くらいしかないので、普通の緊張した写真だけど大切にしているとの投稿です。

一度に親族が集まる機会でもある結婚式は、新郎新婦以外の人にも、その後の思い出になりますね。親戚の人の成長記録でもあります。普通の記念写真は一見つまらないように思いますが、私は結婚式の写真に限らず、人物写真では普通の記念写真が一番好きです。この普通の写真を撮るのは、意外に難しいものですよ。


大阪のお住まいのreungjaさんからは、
ドレスのデザイナーがベールの手直しをしていて、メイクさんがゆっくりお化粧をしている間に、カメラマンが優しく撮ってくれた写真がお気に入りで、その時の写真からは穏やかな空気が伝わってくるとの投稿です。

きっとその時のカメラマンもそのシーンに感動して穏やかな気持ちで撮影したと思います。写真はその時の空気も切り取ります。その時が一番美しく輝いたとありますが、これからも輝いて下さいね。

滋賀のお住まいの すーさんからは、
心を許している相手にシャッターを向けられると、よりいい顔ができると思う、とのことで,すーさんの場合は、ドレスを着替える為にパートナーと芝生の上を移動中に友人から声をかけられ、振り向いた写真がお気に入りとの投稿です。

写す人は、写される人に安心して信頼されることが大事だと教えられている気がする投稿です。そして、写される側も写す人を信頼することが、いい表情を写真に残す近道ではと思いました。

神奈川にお住まいの malindaさんからは、
娘さんたちから「ママもきれいだったのね」と言ってくれる憧れの階段と時計の前で自然な表情で撮ったスナップがあるとの投稿を頂きました。

malindaさんも憧れた場所があり、その背景も自然な表情に一役買っていると思います。そんな場所があるといい表情を撮る機会が増えそうです。娘さんたちのとっても大変いい写真になりましたね。娘さんたちに、ママは今もきれいよと言ってください。

3日間の投稿から、皆さんのお気に入りの写真がかなり具体的になりました。結婚は、式でもまた式をしなくてもいい表情の幸せ写真が沢山撮れると再認識しました。そして、ここで撮りたいという場所があるのも、結婚写真では大変効果的だと分かりました。ゲストとの触れ合いも美しい光景が多く撮れそうです。

明日は投稿最後の日です。今日までのサーベィでは、Yes、Noはほぼ同じ投票率ですが、投稿される方はYesの方が圧倒的に多いのですので、Noの方からの投稿もお待ちしています。

この写真のここが好きというご意見も引き続きお待ちしていますが、こんな写撮が撮れていたら、フォトグラファーとこんな打ち合わせをしたのが良かった、またはしておけば良かった等、舞台裏の体験も含めて投稿して頂けると幸いです。これから結婚する人へのアドバイスにもなると思います。


▲新しい始まりへ


▲家族や友人に見守られて


押本龍一
米国LA在住 フォトグラファー
押本龍一


関連参考情報
■ 「写真、心に残る1枚ありますか?」
「写真の力」
■ 「写真は真実を写す?」
写す人にとっての「真」とは…
■ 「パブリック・ジャーナリストに挑戦」
photoリポート募集中!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english