自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/18(月) - 2003/8/22(金)
3日め

テーマあなたにお金貸してくれる人、いますか

今日のポイント

自分やパートナーが独立するとき、出資してくれる人は?

投票結果 現在の投票結果 y72 n28 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

今日、最初に目に止まったのは、tokotonboさんからの投稿でした。息子には貸してばっかりで、娘も親は子どもにお金を貸すものだと簡単に考えているようです……という内容。昔は、「育ててもらっただけでも……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

親は子どもにお金を貸すもの?(tokotonbo)

今までを振り返ってみても、わたしがお金を借りたのは、住宅ローンだけです。親からも一切、借りたことはありません。ただこのテーマを見て、もし、わたしにお金を貸してくれる人がいるとすれば、父親(75歳・年金暮らし)だと思います。わたしが本当に困っていれば、きっと何も言わずに貸してくれると思います。今まで一度もお金の心配をさせたことがないので、信用してくれていると思います。わたしは借りたことはありませんが、息子(28歳)には貸してばっかり。借金の後始末ばかりです。娘(22歳)も、親は子どもにお金を貸すものだと、簡単に考えているようです。

気前よく貸してくれたお礼に利子をつけて(くうチャン)

夫のおばさんに借ります。借りるのは、本当にどうにもならない時です。過去に100万円借りたことがありますが、返済はボーナスごとに、30万円を4分割で返しました。少し多めの返済額でしたが、気前よく貸してくれたので、利子分として取っておいてもらいました。

親の言葉をいつも頭の片隅に(あずきあずき)

両親が商売をしている関係で、お金の貸し借りには慎重です。わたしが借りることはほとんどありませんが、貸してくれる人はいます。わたしも、その人になら「返ってこないもの」として貸すと思います。子どものころ、両親から「たとえ困っているのが親だとしても、お金を貸してはいけない」と言われたことがあり、また、「保証人には絶対になるな」と言われてきました。それは、いつも頭の片隅に置いています。

貸し借りをするなら、同じ価値観の人同士で(おしゃまなうさぎ)

わたしの両親は、人からお金を借りることをとても嫌っていました。金銭の貸し借りは、人間関係を壊しかねないからです。借りた時は「すぐに返しなさい!」とすごく怒られました。でもそのおかげで、極力借りない習慣、借りても最優先に返す習慣が身に付きました。借りても平気で返さない人に「返して」というのは大変ですが、基本的には言うようにしています。今のパートナーとは、お金に対する価値観が似ているので、気軽に貸してくれますし、わたしも貸します。それは、おたがいに借りたものは必ず返すタイプだとわかっているからです。お金で壊れる友情、愛情もあります。お金のことを口にするのはちょっと……と思うことがあっても、避けては通れない問題です。

「貸してあげた」「貸してもらった」という心理(イクラ・東京・未婚・40歳)

今、実際に親から借りています。知人と経営している会社の運転資金が、どうしても必要だったために借りました。自分で言うのもなんですが、これまで真面目にコツコツやってきたので、親に対して信用があったのは事実です。でも貸してくれた最大の理由は、愛情だと思っています。それに金銭的な問題をあからさまに言えるのも、親しかいないと感じているからです。ほかにお金を貸してくれる人は、少額なら友人もあり得るとは思いますが、たとえ正当な理由(ギャンブルや浪費のためではなく)があった場合でも、自分自身がとてもうしろめたく感じてしまうので、借りないと思います。友人とは常に対等な関係でいたいし、人間は表に出さなくても「貸してあげた」「貸してもらった」という心理が働いてしまうような気がします。

1、2万円程度なら(瑠璃・大阪・パートナー有り・30歳)

友人と1、2万円程度なら、気分的には楽に貸し借りができると思います。わたし自身が貸す場合も、これくらいが限度かな、と思います。幸い、貸してほしいと改めて言われたことがないので、わかりませんが……。でも、なんだか気分的にイヤかな……。

「あげてもいい」と思う範囲内で(kuniwaka2001・神奈川・既婚・31歳)

多額ではないにしても、何人かの友だちは貸してくれると思います。それは信頼のような、友情のような……よくわかりません。たとえ貸してくれなかったにしても、それはそれで愛情だと考えるでしょう。反対に、自分が友だちから借金を申し込まれたとしたら、「あげてもいい」と思う金額の範囲内で貸します。いずれにせよ、わたしがお金を貸す相手は、信頼している相手だけに限られます。

貯金を貸すと言ってくれた友人(melissa)

「お金の貸し借りは、人間関係をだめにする」と教えられて育ちました。しかし、5年前、将来につながる留学のチャンスがきたとき、資金が十分ではないのに大丈夫なのかと悩んだことがあります。そのとき親友が、「自分の貯金を貸すから、チャンスをつかんで!」と言ってくれました。わたしの将来を自分のことのように考えてくれた友人の気持ちと、そのお金は返すと信用してもらえたことを、本当にうれしく思いました。結局、借りはしませんでしたが、今でもその時のことを思い出すことがあります。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

貸し借りの是非は「借りる理由」次第か

今日、最初に目に止まったのは、tokotonboさんからの投稿でした。息子には貸してばっかりで、娘も親は子どもにお金を貸すものだと簡単に考えているようです……という内容。昔は、「育ててもらっただけでもありがたいのに、さらに親からお金を借りるなんて……」という考えの人が多かったようですが、最近は、「親が子どもにお金を援助するのは当たり前」というふうに考える人が多くなったような気がします。

これは子どもたちの側にだけ問題があるのではなくて、親自身も相続などで財産がもらえるのをアテにしている(その姿や発言を子どもたちに見せている)といったことや、テレビなどでそういう場面が描かれたりしている、といったことも影響していると思います。まあ、こんな子どもに貸してもロクなことにはならんでしょうから、「厳しく接するのも愛情」と考えるべきでしょうけど。

一方、melissaさんの投稿にはやっぱり感動しました。「自分が貸すからチャンスをつかんで!」なんて、本当の友人ですね。うらやましい限りです。やはり、貸し借りの是非は「借りる理由」次第なのかもしれないと思いました。

さて、本日は、またまた次なる展開を考えてみましたので、これについてみなさんのご意見をください。「あなた(もしくはあなたの夫)が独立しようとしたとき、出資してくれる(あるいは貸してくれる)人がいますか? また逆に、出資してもいいと思う人があなたにはいますか?」

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english