自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/18(月) - 2003/8/22(金)
5日め

テーマあなたにお金貸してくれる人、いますか

今日のポイント

7割以上の人に「貸してくれる人がいる」という事実

投票結果 現在の投票結果 y72 n28 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

みなさん、一週間にわたって投稿&投票、ありがとうございました。人から「お金を借りる」というテーマでしたが、独立・開業などのとき、といった状況ではなく、「身近かな貸し借り」を念頭に置いた投稿がやはり多か……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

安易な借金は破滅にも通じるnew(トントン・兵庫・既婚)

わたしは「社内で一番お金持ち」と言われていました。なぜならそれは、自分の収入に見合った生活をし、「ブランド物は身分不相応」と思い、手は出さない。ブランドものでなくても優れた品のある品はたくさんある。しかし、音楽会、観劇、旅行と随分生活を豊かにたのしみましたが、天引き貯金のおかげでそれなりのお金は残すことができました。

ある時、同僚から10万円の借金を申し込まれた時、きっぱり断れたのは、ギャンブル好きで、お金にだらしのない姿を、日ごろから見ていたからです。今振り返っても貸さないで本当によかった、大きな悩みの火種に必ずなっていただろう、と背筋が寒くなります。凛(りん)とした生き方をしていない者には決して近づかない。近づかせない。そして、わたしは改めて、きちんと働き、少量でも蓄え続ける。平凡でもまっとうに生きてきて、本当によかったと、50代後半の今、しみじみ言えます。

情報化社会で、この飽食の周囲に流されないように歯止めをかけるのも自分のためにです。安易に借金をするのは破滅にも通じます。借りたお金は返さなければならないことを忘れているのではないでしょうか、と言いたくなるローン推奨コマーシャルの連続に負けてはなりませんよ、と申し上げたい。

どうしても必要なときは両親か親友にnew(tamafish)

大金を貸すときは、その人にあげてしまうつもりで貸せ、と、親に言われことがあります。つまり、簡単に貸し借りはするな、ということだったんでしょうが。だから、人にお金を簡単に借りようという気にはなりません。が、それでも必要なときは、両親か親友に声を掛けると思います。

貸す場合の金額は……new(はるたいママ)

まだ父が現役ですので、両親にはお金を工面してもらえると思います。(理由次第でしょうが)ただ、なるべくなら、住宅ローンのように銀行から借りる以外はお金の貸し借りはなるべく控えたいものです。借りたときに絶対に忘れない自信があれば別ですが、人間ですから、どうしても忘れることもあります。貸しているときに「返して」というのも、なんとなく気兼ねして嫌な気分になります。だから、貸す場合は、最悪返ってこなくても仕方がないと思える金額しか貸しません。

親にさえ借りたくない理由new(マース)

親が貸してくれると思いますが、絶対に借りたくはありません。なるべくなら自分の力でいきたいと思います。逆に、妹は借りるというより、「親が立て替えたお金は返さなくていい」という感覚のようです。車を買うにしても、親がお金を出すのは当たり前だと思っているようです。そんな態度を見ているので、借りたくない思いが強いのかもしれません。

借りるなら金融機関ではなくnew(ericcarmen・福井・パートナー有り・38歳)

親戚や姉妹にお金を借りたことは、今まで一度もありません。兄弟の貸し借りは、やはり配偶者に気を使うこともあり、絶対にできません。しかし、友人で、何がなんでもわたしに融資したいと言ってくれる人がおり、過去に一度だけ、車を購入するときに借りました。利子もいらないと言われ、そのまんまの金額をボーナスが入ったとき返しました。

現在は家のローンもなく生活でき幸せだなと思っています。でも、「いざ」というときは、金融機関ではなく、友人の中に頼れる人がいるといいですね。

その人自身の魅力や信用が大事(赤鬼ペーターミューラ)

「お金が借りられるのは、信用や魅力があるからではないか」とありますが、ビジネスの世界、特に起業するときの資本集めのときは、とても当てはまると思います。会社を立ち上げるときに、どれだけ多くの資本を集められるかは、もちろん会社の将来性の有無もありますが、その会社を運営する人自身に魅力や信用があるかどうかが、それ以上に大切だと、経験から感じています。経営者にとっては、会社からというより「出資者からお金を借りている」と考えられるのではないかと思います。

返す期日を決めて、必ず守る(マリ)

わたしは自分から借金をしないように、蓄えを持っているので、緊急でない限り、お金を借りることはまずありません。大金の場合は、やはり両親に借りますが、必ず「いつまでに返す」と決めて、いままで実行してきているので、信頼関係はできています。また、ちょっとしたお金が、どうしても足りない時は、その場で友人に借りることもありますが、すぐに返します。 わたしは性格上、借りたことは忘れないのですが、貸したことはすぐに忘れる人間なので、あとで「あれ? 貸していたっけ?」と得したような気分になることもあります。

借りたほうに負い目を感じさせる(ribeka・神奈川・パートナー有り・39歳)

理由を話せば、わたしと夫の両親は貸してくれると思います。もちろん絶対に借りることはないのですが……。貸してくれる理由は「自分の娘、または娘同様に思っているから」です。親にとって、わたしはいつまでも子どもであるという事実を、彼らに会うたびに実感し「ありがたい」と感じます。これも、わたしがある程度、人生を重ねたからでしょうね。また、貸してくれるだろう友人もいますが、絶対に借りることはないと思います。その理由は、借金は借りたほうに負い目を感じさせ、対等な人間関係を失わせると思うからです。最近、自己破産した知人に会いましたが、とても悲しみを感じました。

親は子どもにお金を貸すもの?(tokotonbo)

今までを振り返ってみても、わたしがお金を借りたのは、住宅ローンだけです。親からも一切、借りたことはありません。ただこのテーマを見て、もし、わたしにお金を貸してくれる人がいるとすれば、父親(75歳・年金暮らし)だと思います。わたしが本当に困っていれば、きっと何も言わずに貸してくれると思います。今まで一度もお金の心配をさせたことがないので、信用してくれていると思います。わたしは借りたことはありませんが、息子(28歳)には貸してばっかり。借金の後始末ばかりです。娘(22歳)も、親は子どもにお金を貸すものだと、簡単に考えているようです。

本当に困っているなら、自分のできる範囲内で(NS019970)

自分自身は、親に借りるのも本当はイヤです。わたしがそういう性格だということは、親もわかっていると思います。だからお金を借りる時がきたら、それはよっぽどのことだと心配して、貸してくれるだろうと思います。友人からお金を貸してほしいと言われたら、わたしは貸すと思います。もちろん誰にでも、というわけではなくて、1、2名に限られます。また貸す時には、お金が必要になった経緯も聞かせてもらうでしょう。はっきりものを言うわたしに「貸してくれ」と頼むのは、きっと勇気がいるだろうな。それでも頼んでくるならば、本当に困っているからだと思うので、自分のできる範囲で力になるつもりです。

NO

家族から借りるともめごとが起きる(okochi)

わたしの経験からすると、家族からお金を借りるともめごとが起きます。家のローンなど、親から借りている人が多いようですが、わたしの場合は親に保証人になってもらっただけで、「感謝しろ」など恩着せがましく、いろいろと言われています。社内融資だったので、夫の上司に保証人をお願いしていたのですが、この不況の中、突然上司が退社したりすることもあり、運悪くそうせざるを得なくなりました。もしも、実際に親からお金を借りていたら、一生言われ続けなくてはならなかったかと思うと、そうしなくてよかったと思っています。

お金より友人を失うことのほうが怖い(こうじ)

学生のころはよく借りていました。金額も少なかったし、期限も決めて必ず返していました。でも、社会人になってからは、借金そのものの責任というよりは、友情に対する責任とでもいうのでしょうか、投稿にもあるように、万が一関係が壊れた場合のことを考えると、怖くて借りられません。本当に困った時(生活ができないほど苦しくなった時)は生活保護もありますし、自己破産という手もあります。その前に、お金を稼ぐ方法は探せばいくらでもあるはずです。社会的な地位が保証されなくなる可能性はありますが、本当の友人なら、そこで離れていくことはないと思います。わたしはお金がなくなることより、友人がいなくなることのほうが怖い。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

消費者金融からは気軽に借りるという風潮

みなさん、一週間にわたって投稿&投票、ありがとうございました。

人から「お金を借りる」というテーマでしたが、独立・開業などのとき、といった状況ではなく、「身近かな貸し借り」を念頭に置いた投稿がやはり多かったようですね。

「YES(=貸してくれる人がいる)」と答えた人が全体の7割強を占めましたが、その相手は「親」だという人が多かったようです。一方で、兄弟や友人からとなると、お金の貸し借りで良好な関係を損ないたくないということから、二の足を踏むという人が圧倒的でした。

できれば、「NO(=いない)」と答えた人の投稿をもっと拝見したかったのですが、個人がフツーに生活を送る上では、お金は借りないに越したことはありませんので、まっ、気にすることもないか……。

それより気になるのは、人からは借りないけど、カードローンや消費者金融からは気軽に借りるという風潮。トントンさんが書いてくださったように、「ローン推奨コマーシャルの連続に負けてはなりませんよ」と、ボクも申し上げておきます。

ちなみに、最近、「お金の相談って誰も乗ってくれないのよね(だからウチにおいで)」っていう消費者金融のコマーシャルを見てぶっ飛んでしまいました。お金の相談というと、ボクの職業であるファイナンシャル・プランナーのことかと思ったら、よりによって……。

月並みですが、お金の貸し借りで友情や人生を台無しにすることのないよう、気を付けたいものです。

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english