自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/24(月) - 2003/11/28(金)
3日め

テーマ保険料固定、給付5割。これで年金は安心?

今日のポイント

年金改革、あなたはどう感じましたか?

投票結果 現在の投票結果 y 3 n97 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
和泉昭子
和泉昭子 生活経済ジャーナリスト

こんにちは。今週のテーマは年金。みなさんの投票では、厚生労働省の改革案では不安が解消しないという人が圧倒的ですね。投稿を拝見すると、不信を通り越して、みなさんの怒りが伝わってくるようです。改革案の最大……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

NO

不公平感は保険料が上がる度に感じる(チェキ)

まず、保険料を上げる前に財政の見直しをしてほしい。公務員や国会議員には独自の年金があり老後も安泰のようだが、一番割りに合わないのがサラリーマンだ。専業主婦の年金については、将来の給付率を下げ、それ以上に欲しい人は個人加入するという制度にしてほしい。働く女性として、この不公平感は保険料が上がる度に感じる。大半の専業主婦は自分の分も夫が支払っていると勘違いし、このような問題が出ても他人事か、支払ってもいないのに自分がもらえる金額を心配しているのはおかしい。

それから、国保の未納者については、もっと厳しく対処すべき。国保の人も収入によって金額を決めたらどうだろう? こういう制度を所謂お金持ちの議員が決めていると思うと、庶民感覚は理解できないだろうと思う。今回の選挙でも年金について一番考えているのは共産党ではないかと思った。

データを見ると、わたしも収めたくない(Chikako-H)

何か本でも読んでじっくり考えなくちゃいけないなという問題です。20代の50%強が年金を納めていないというデータを見ると、わたしも収めたくないです。20代と40代の女性のお給料がかけ離れているといえるほどの差があるかといえば、そうではない。年齢がいくほどに生活費は上がる。

また、年金は何十年以上支払っていても規定に数カ月足りないだけでももらえない。足りない分を考慮して少しマイナスされて支給されるというのでは、なかったと記憶している。もらえないとわかっていたら、払いたくない。もらえるかどうかの情報が信用できない。

最近江角マキコを使ったCMが流れているが、まったく信用できない。とりあえず当座の集金をするために、もらえますよと言われているような気がする。自分でもっと調べて、もらえないということがわかれば、納めるのはやめようと思う。

年金なんて払いたくない(のえる)

自分の人生のすべてをこの国家に任せっきりだなんて恐ろしくてできません。一生懸命働いてどんなに収入があっても、吸い取られるように年金や税金を天引きされ、その使い道が不透明で無駄だらけである現実。わたしは年金なんて払いたくない。そんなものいらない。この国なんて信用できない。怒り心頭です。

大多数の国民は疲れ切っている(LUNA)

改革というのは、根本から変えたものを言うのであって、ただ少しいじっただけのものを改革というのは、おこがましいと思います。給付金が増えると言っても、自分たちの負担も増え、国庫での負担率が上がれば税金も上がり、結果、給付金の何倍ものお金を支払うことになる。

給付が受けられる65歳まで、定年後、5年間の生活の保障はどこにもありません。給付開始年齢が65歳を上限とするという文言もありません。「取れるところから搾り取る」ようなことばかりで、本気で改革をしたいのか、小手先だけの施策で現状を維持したいのか、わかりません。安心どころか、大多数の国民は疲れ切っていると思います。

先行き不明な国の年金は信用できない(Yuucoco・東京・25歳)

民間がさまざまな保険商品を用意する中で、先行き不明な国の年金は信用できないし、加入する気になりません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

困るのはわたしたち自身だから

こんにちは。今週のテーマは年金。みなさんの投票では、厚生労働省の改革案では不安が解消しないという人が圧倒的ですね。投稿を拝見すると、不信を通り越して、みなさんの怒りが伝わってくるようです。

改革案の最大のポイントは給付と負担の見直し。基礎年金に対する国庫負担割合を3分の1から2分の1へ引き上げることを前提に、保険料を段階的に引き上げて、一定の水準で固定しようというものです。

会社員が加入する厚生年金では、現在年収の13.58%の保険料を、2022年度に20%(本人負担分は10%)で固定。平均的な会社員の場合、年間約1万円ずつ負担がアップしていく計算です。自営業者などが加入する国民年金では、現行1万3300円の保険料を、2011年度に1万7300円で固定するとしています。

これに対して、将来受け取る年金額は、現在、現役時代の平均手取り賃金の59%程度である水準を、50%を下回らない程度まで引き下げることになっています。

改革案の狙いは、際限なく保険料が上昇することによる年金不信の是正、世代間の不公平感の是正、ライフスタイルに中立な制度作りなどとしていますが、みなさんの実感にもあるように、実際には年金不信を解消するにはほど遠い内容となっています。とくに、高い保険料を負担するにもかかわらず、将来受け取る年金額が減る若い世代では、保険料を払いたくないという気分になるのも仕方ないかもしれません。

ただ、わたしは、年金制度が崩壊して困るのはわたしたち自身だと考え、保険料も支払っていますし、その動向を厳しくチェックしていこうと思っています。それはモラルの問題ではなく、自分たちの負担の重さを考えてのことです。

公的年金は老後のためだけでなく、障害状態になった時や、夫が亡くなった場合の保障も兼ねています。この分もすべて民間の保険で賄おうとすると、かなりのコストを負担しなければなりません。また、仮に年金制度が急になくなったとしたら、それを当てにして暮らしている両親(結婚している場合は、夫婦で4人の親たち)の面倒を子どもだけでみることに……。そのほうがよっぽど大変だと思いませんか? 

チェキさんのご指摘のとおり、自分たちの年金が守られている政治家や官僚だけに任せておけないのも事実。そう考えると、今抱いている怒りや不満を否定的な行動で表すのではなく、年金制度をいかに効率的に、かつ公平なものに変えていくかをわたしたち自身が前向きに考えていくことが大切だと思います。まず、この場で一緒に考えましょう。みなさんが非効率・不公平だと思う点、どうすれば改善するかというご意見など、積極的な投稿をお待ちしています。

和泉昭子

和泉昭子

生活経済ジャーナリスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english