自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/24(月) - 2005/1/28(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ自前の年金、用意してますか?

投票結果 現在の投票結果 y37 n63 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
和泉昭子
和泉昭子 生活経済ジャーナリスト

早くも最終日。 自前の年金を準備している人は、全体の1/3。ただし、NOと答えた方でも、何かを始めたいという気持ちは強いようです。れじ子さんや琴パパさんのように、海外の金融商品を利用したり、ビジ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

無理のない範囲で早くから始めること(幸せの鐘・神奈川・パートナー有・43歳)

個人年金と投資信託、外貨運用で用意しています。働き始めた21歳の娘は月1万円の老後資金の準備を始めようとしています。無理のない範囲で早くから準備することがいいかなと思います。

自宅購入を控えている理由(梶本洋子・東京・パートナー有・51歳)

SOHOをしている間は、家賃や光熱費の4割が経費として認められていることから自宅購入を控えています。年金受給と時を合わせて自宅購入も予定しているため、その分の貯蓄もしています。加入している国民年金基金は生涯保障ですが、本人しか受給できない(死亡時の受取人なし)タイプのため、健康増進のための費用は惜しんでいません。

オーナー収益の道を確保(琴パパ・愛媛・パートナー無・36歳)

これから老後の生活についての不安は、すでに解消されています。ユビキタス社会に対応したロケーションビジネスによる権利収入が毎月入りますので、不安はありません。まだまだ収入の形を構築中ですが、月収1000万は下らない権利収入を基盤に新しい事業展開をして収入源を3本くらいは確保しておこうと思っています。何かのオーナー収益を確保しておかないと、いつまでも労働収入に頼らないとならない社会は目の前です。その前に収入源を確保しておくつもりです。

老後用の資金運用は「7の法則で」(れじ子・北京・パートナー有・32歳)

海外に転居したので、国民年金の支払いを中断し、自分で老後用の資金運用をしています。7の法則(7%で運用すると10年後には2倍になる)が私のベンチマークです。重要な点は、ほかの資金とは分けて、リタイアするまではその資金には手をつけないことだと思っています。

NO

金またはプラチナ預金を検討中(IPウーマン・35歳)

個人年金という形では準備していない。努めて外貨預金をし、リスク分散した形で資産を形成していこうとしているので、老後はそれでなんとか乗り切るつもり。いま新たな分散投資先として考えているのは、金またはプラチナ預金。私自身は貴金属にはまったく興味はないが、長期にわたる積み立てにより、そこそこ安定した資金になるのではないかと思っている。国の年金については、国民から集めた巨額の金を、余計なことをせずに(投資や役人の飲み食いに使うことなく)そのまま分配すれば、足りない、などということはないはずなのにな〜と思いつつ、まったく当てにしていない。

個人年金の優先順位は低めです(シーラカンス・東京・パートナー有・40歳)

現在のわが家のやりくりでは、優先順位として個人年金の準備はかなりの下位。年齢から「まずい」と思いつつ、お金がまわらないのが現状です。

不満はあるもののいまは厚生年金のみ(I have a dream)

不満ではありますが、現在はまだ、給与天引きの厚生年金のみです。年金は、個人による選択制であるべきと思います。厚生年金にかける金額も自分で決定でき、また401Kのように個人の力量で増える可能性のある年金制度にしてほしいと思います。また、自前の年金という意味では、やはり投資をすることによって、資産を増やすことですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

発想を転換、老後の不安も小さくなります

早くも最終日。

自前の年金を準備している人は、全体の1/3。ただし、NOと答えた方でも、何かを始めたいという気持ちは強いようです。れじ子さんや琴パパさんのように、海外の金融商品を利用したり、ビジネス展開で高収入を確保してバッチリ! というウラヤマシイ限りの方も含め、バラエティに富んだ自前年金作り、参考になりますね。

私の場合、公的年金は3年半のOL時代に加入したほんの少し(たぶん現在の価格で月額4000円くらい)の厚生年金が62歳から、また65歳から月額6.6万円程度の国民年金がもらえるだけ。両方合わせても月7万円程度。トホホでしょ。

そこで、自営業者の上乗せ年金である「国民年金基金」と「小規模企業共済」に加入して、自前の年金と退職金作りをしています(節税効果もある)。ほかに、20代で加入したお宝個人年金が2本。お金関係の仕事をしているわりに、ベースはけっこう手堅いでしょう?

もちろん、投資もしています。上記の商品ではインフレが起きると物価に負けてしまうので、株式や金、不動産といったインフレに強いものを組み込んだ商品をポートフォリオにプラス。中長期的に円の価値が目減りすることも想定し、外貨も2割程度持っています。

最近のマイブームは、インド株。「私が老後を迎える20年後に一番成長している国やエリアはどこだろう……」と考えて、余裕資金の一部で(ほんの少額だけど)、インド株を買っておくのも面白いんじゃないかなと思っているのです。まあ、超ハイリスク・ハイリターン商品なので、多くの人におススメするものではありませんが、こんなふうに考えると、運用も楽しくなってきませんか?

最近は、アジアの国々でロングステイをするというのが、ちょっとしたトレンドに。貨幣価値の違いを活用することで、公的年金だけでリッチな暮らしができるというのが理由のようです。昨年末の大地震の影響で、しばらく停滞するかもしれませんが、将来住みたい国の通貨で運用するのも楽しいかもしれませんネ。

もうひとつ私が準備している自前年金は、楽しみながら&人と関わりながら働き続けるキャリアプラン。みなさんも、たとえば大好きな趣味をスキルアップして、週に2日くらい人に何かを教えて、月5万円くらい稼ぐプランなど、立ててはどうでしょう。人に喜ばれて、生きがいにもなり、年金の不足額を補える、一石三鳥の自前年金というわけです。

そうそう。もうひとつユニークな例をご紹介。私の知人は、50代前半で田舎暮らしをスタート。自分の畑でとれた安全な食べ物を料理して、ゆったりと暮らす。自分のところにないものは、持っている人と物々交換。これぞまさに、自前の年金。

こんなふうに発想を転換すると、老後の不安も小さくなるような気がしませんか?

和泉昭子

和泉昭子

生活経済ジャーナリスト

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english