自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/3/21(月) - 2005/3/25(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ株式投資をするとき、企業の決算書を参考にしていますか?

投票結果 現在の投票結果 y39 n61 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
北澤千秋
北澤千秋 『日経マネー』編集長

このところ株式投資をする人々のすそ野がだいぶ広がってきたと思います。曲がりなりにも株式相場が2003年春に大底を付けて回復してきたこと、「安くて便利」なネット取引が急速に普及したこと、これまで利子課税……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

会社の通知表(なかなか@なかなか・大阪・パートナー有・36歳)

決算書の見方が少々でも分かれば、おもしろいと思います。敬遠するほどでもないと思います。会社の通知表ですから見るようにしています。

無借金で堅実な会社をさがして(ぶぅ太郎・東京)

あまり細かいところは良く分からないのですが、少なくとも(1)有利子負債がないこと (2)営業利益(率)が順調に伸びていることを見ています。日産のカルロス・ゴーンさんが有利子負債を数年でゼロにしたのを知ってから、やはり無借金で堅実な経営をしている会社を探しています。

よく納得して買ったものは、変動しても冷静でいられる(tutty・東京・パートナー有・33歳)

自分で財務内容を確認し、その他の要素も含めて納得して買った株は、価格が多少変動しても動揺しないですみます。反対にノリで買った株は少しでも下がると、もう落ち着いてなんかいられません。ですから自分の精神衛生のために最近は必ずチェックするようにしています。時には、資本関係とか意外な発見があったりして、面白いですしね。

決算書から株価を計算して(潤・埼玉・35歳)

株式投資は長期保有で考えています。決算書から株価を計算し割安だったら購入します。実際に購入した企業は好きだったからというのもありますけど。

学生時代を思い出して、もう一度(syura・神奈川・パートナー有・43歳)

最近、渋井真帆さんの「あなたを変える稼ぎ力養成講座〜決算書読みこなし編」(ダイヤモンド社)を読みました。大変わかりやすい本で、文系の私にも、楽しく読めました。学生時代、簿記会計論をとっていて、基本的なことを既に知っていたのを思い出しました。最近株式投資から遠ざかっていたのですが、もうそろそろ始めてもよいかな、と思います。

NO

決算書より、今後の方向性(ok・パートナー無)

決算書はよく解らないので、その企業の好き嫌いで投資して失敗しています。しかし、一寸先は闇。決算書より、その企業の方向性が世の中の時流に合っているかが、問題ではないかと思いますが? 素人考えで、ごめんなさい。

投資をするときには(myao・東京・パートナー無・37歳)

決算書の見方は勉強したのですが、株式投資をしていないので参考にしていません。今度投資をしてみたいなと思っているので、そのときは見てみようかなと思いました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

日本の個人金融資産を守り、増やしていくために

このところ株式投資をする人々のすそ野がだいぶ広がってきたと思います。曲がりなりにも株式相場が2003年春に大底を付けて回復してきたこと、「安くて便利」なネット取引が急速に普及したこと、これまで利子課税などに比べて重税感が強かった証券関連税制の見直しが進んだこと――などが背景にありそうです。一連のライブドア騒動ではありませんが、本格的なM&A時代を向かえ、配当を増やすなどして個人投資家を味方に付けようと考える企業が増えているのも、人々が株式投資に関心を寄せる理由になっているでしょう。

個人的には、もっともっと多くの人たちに株式投資に関心を持ってほしいと考えています。少子高齢化の進展、終身雇用制の崩壊、公的年金制度の行き詰まりなどを背景に、将来の生活防衛のためにも個人は自らの資産を自らの手で増やさなければならない時代を迎えているからです。マクロ的に見ても、1400兆円と言われる個人金融資産は日本の「宝物」であり、この資産を守り、増やしていくのは国家的な課題とさえ言えるでしょう。もっと多くの人が、日本ではこれまで敬遠されがちだった株式投資を、資産形成の有力な手段として選択肢の一つに加えてもいいと思うのです。

ただし、バブル時代の「財テクブーム」の轍を踏むようなことだけは絶対に避けなければなりません。「隣の人が株で儲けたから私も」といった乗りで始めて大やけどをすれば、その人は二度と株を買うまいと思うかもしれません。せっかく多くの人が株式に関心を持ち始めたのに、それが再び一時のブームで終わってしまっては、日本に株式投資や市場原理といったものが根付く日は、ますます遠ざかってしまいかねません。

だからこそ、株式投資をする人にはリスクの所在をきちんと認識し、自己責任をまっとうできる「賢い投資家」になっていただきたいと思うのです。そのためにも、決算書にもアレルギーを持たず、業績や財務に目配りしながら投資する人がもっと増えるといいなと思うのです。

現実には、「これまで決算書なんて見たことない!」という人には数字の羅列はきついですよね。そんな方のためにも「日経マネー」では近く「決算の読み方徹底ガイド」なんていう特集もやってみようと思っています。もしも関心がおありなら、是非手にしてみてください。今回は多くの方にお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

北澤千秋

北澤千秋

『日経マネー』編集長

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english