自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/9/1(月) - 2003/9/5(金)
4日め

テーマ共働き。彼・夫との関係で工夫している

今日のポイント

パートナーと家庭において仕事の話をしますか?

投票結果 現在の投票結果 y78 n22 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
秋山ゆかり
秋山ゆかり コンサルタント

平日のすれ違いを考えるとやはり、週末は二人で過ごすようにしているという方が多くいらっしゃいますね。わたしもできる限りパートナーと過ごすように心掛けています。お互いの仕事が入って週末もすれ違うということ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

メールで気持ちを伝える(まりい)

普段夫は帰りが遅いので、なるべく休みは一緒に過ごすことにしています。夫は家族で何かするというのが好きな人ですから。もちろん、お互いの仕事や勉強の時間は尊重した上で。あと何でも話すように努力しています。働く業界は全然違うので、話が通じないことも多いのですが、わたしはこう思っているということをお互い伝え合う努力が必要だと思います。一時期夫の仕事がしんどいときは、夫がわたしに全面的に依存して、とてもしんどかったこともありました。そのときは面と向かって話すとケンカになるので、メールで気持ちを伝えました。書いているうちにわたしの感情も整理されてきたので、こういう手もあるなと思いました。

疲れてくるとせっかくの会話が恨みごとのようにも(マース)

主人の帰りはいつも夜中近く。わたしは先に食べてしまいますが、主人の夜中の夕飯は必ず一緒に食卓に着くようにします。そこで一日の出来事を報告し合ったりします。朝も主人のほうが1時間早く出掛けるのですが、わたしも早く起きて一緒に食事を取ります。でも、さすがにわたしも疲れてくると、せっかくの会話が恨みごとのようになってしまうので、疲れたときは自分の夕食後仮眠を取るようにしています。

NO

なんとなく自然に分担(ジョゼフィーヌ)

パートナーはフリーで仕事をしており、自宅が仕事場なので、すれ違いということはほとんどありません。買い物や料理、洗濯はわたし、掃除やお金の手続きなどは、仕事場であることと経費を兼ねていることから彼、というふうになんとなく自然に分担ができています。努力していることといえば、今は二人とも働いていて比較的余裕があるので食費をけちらず、夕食は手をかけた料理を必ず一緒に食べるようにしている、ということくらいでしょうか? 悩んでいるのは、この先、出産などで今のライフスタイルが崩れた時に、本当にやっていけるのだろうか、という非常に漠然としたことです。

きっちり線引きしてしまうとつらいから(kuniwaka2001・神奈川・既婚・31歳)

特に意識して心掛けていることはないのですが、基本的には食事はわたし、食事以外の家事は夫がしています。どちらかが疲れ果てていたり、体調が悪いときは一方ができる範囲でやります。あなたはこれ、わたしはこれとあんまりきっちり線引きしてしまうとなんだかつらいので、できる限り一緒にやるというスタンスですね。以前、「たまには食事を作ってみて!」と言ったら、「僕が作ったら、あなたのすることがなくなるでしょ?」と言われました。食事の支度以外はほとんど夫がしているため、この一言でわたしの存在価値を認めてもらえた気もします。

夫の妻に対する手助けや思いやる気持ちは大切(ゆうこmama)

現在は退職していますが、結婚当初は共働きでした。仕事と家庭の両立は何とかできていましたが、やっぱり仕事から帰ってきてすぐの家事には、正直つらいなと感じたこともありました。基本的にはわたしが家事をほとんどやっていましたが、残業で帰りが遅くなったり、体がきついときは、主人が料理をしてくれて助かったときもありました。共働きであってもなくても、夫の妻に対する手助けや思いやる気持ちは大切なのではないかと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

仕事モード・プライベートモード

平日のすれ違いを考えるとやはり、週末は二人で過ごすようにしているという方が多くいらっしゃいますね。わたしもできる限りパートナーと過ごすように心掛けています。お互いの仕事が入って週末もすれ違うということも少なくありませんが、月に2回くらいはゆっくり過ごせる日を作るように努力しています。

そのときは、一緒にビデオを見たり、散歩に行ったりして、いろいろなことを話したりします。くだらない話が多いのですが、家事の分担とかお互いの両親との関係についてとかを話し合うこともあります。また、パートナーと仕事についてて話し合うか、ということは、人によって意見が分かれる部分だと思います。プロフェッショナルである以上、パートナーといえども話せないことがありますよね。でも聞いてほしいこと、アドバイスがほしいこともたくさんあると思います。

わたしの場合は、コンサルタントという仕事をしているからだと思いますが、夫からよく仕事のアドバイスを求められます。NDAは結んでいませんが、絶対に他言しないと約束しています。また、あらかじめ、日曜日の午後8時から1時間、仕事の話をしたいので、時間をください、とアポを取る形になっています。これは夫が仕事モードの時間を必要以上にプライベートの時間に取りたくない、と気を使ってくれているからだと思います。

その1時間は、プロフェッショナルとして接していて、プライベートの話は一切しません。また、決められた時間がきたら、仕事の話は打ち切りにします。オンとオフのモードってこうやって切り替えるんだなぁ、と夫から学びました。みなさんはパートナーとプライベートで仕事の話をしていますか?

秋山ゆかり

秋山ゆかり

コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english