自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/9/15(月) - 2003/9/19(金)
5日め

テーマ気分屋。うまく付き合うコツある?

今日のポイント

自分がダメージを受けないよう、柔軟に対応しよう

投票結果 現在の投票結果 y63 n37 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

今週は休日のせいで一日短かったのですが、みなさんからたくさんの投稿をいただいて、オオヒラも勉強になりました。さて、気分屋さんにもいろいろなタイプがありそうですね。投稿にはありませんでしたが、一番困るの……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

言いたいことがなくなるまで話させるnew(daisy-an)

感情的になられると厄介なので、反論したくても口を挟まず、言いたいことがなくなるまで話させます。

心の中で「はいはい」と言い、時を待つnew(デジトラ)

気分屋さんってうらやましい! だって正直な人だから……。わたしはその反対で、気持ちを他人にぶつけることができません。

気分屋さんがむきになったり、とばっちりの矛先をわたしに向けてきたりしたら、とにかくニコニコして心の中で「はいはい」と言い、時を待ちます。これが、わたしの気分屋さんへの防御策です。

気分屋のわたしが嫌だなと思うことはnew(さーぼー)

自分は相当な気分屋だと自覚しています。だから肯定するわけではないのですが、気分屋さんは、周囲にも自分にも非常に正直な人なんです。逆に感情の起伏をあまり表に出さない人は、常に本音で話してくれない気がして近寄りがたい。

気分屋のわたしとしては、心に波風が立ってるときに周囲からご機嫌をとられたり、顔色を見られたりするのが一番嫌。だから、「気分屋オーラ」が出ている人のことは、そっとしておくことが一番だと思っています。

それでも気分屋さんと話さなければいけない場合は、その人が好きそうな話題をさりげなく取り入れて会話を広げていきます。「気分屋」だけあって、案外すぐに気分がポジティブな方向に変わってくれるものですよ。

気分にムラがある原因がわかったnew(mmariko)

以前は確かに気分屋だったと思います。自分自身でも苦しくってなんとかできないだろうかとずっと悩んでいました。

それがここ数年、わたしにとってどういう状態の時が心の居心地が悪いのか、ということがわかるようになってきました。原因がはっきりしたことで、自分の中で吹っ切れて、気分のムラがなくなってきました。ちなみに、その原因とは体のコリでした。

わたしは扱いやすい気分屋?new(さやたん)

みなさんのコメントを読んで、自分が気分屋な気がしてきました。よく(わたしの気持ちは)わかりやすいと言われるし、典型的なB型だねって言われるほどのマイペース。でも、すぐ怒るわけではないので、逆に扱いやすいと思っているんだけれど……。

本人のためにはっきり言ってあげる(ゆうこmama)

気分屋の人の顔色を見て変に気を使いながら接していては、自分まで疲れてしまうもの。気分屋の人ってある意味わがままだと思うんです。相手に不快な気分を与えてしまうなら、ここは改善したほうがいいとはっきり言ってあげるべきではないかと思います。そのほうが本人のためになるし……。時には自分が悪者になるのも必要!

気分屋の上司の対処法(古川みゆき・パートナー有り・43歳)

しょっちゅう言うことが変わる上司というのは、困り者ですが、その人をとりまく状況がどのようであるかを把握しておけば、今言っていることがどの程度本気なのか、結局どのあたりに落ち着くのか察しがつきます。

あまりにもとっぴな指示は、ちょっと時間をおいてから、再度それとなく確認して実行。ときには、相手にしないでほっておくこともありますが、そこは、気分屋さん、すぐにケロッと変わってくれます。

気分屋の同僚と気持ちよく仕事をするために(まりい)

同僚がとても気分屋です。朝一番の表情で、彼女の機嫌をまず読み取ります。自転車で通勤してくるので、天候の話題をさりげなくふりつつ、「暑いから大変だよね……」などと共感したように一言。そこからはお茶など勧めてしばし無言。

始業のチャイムからは、向こうの出方を見ます。機嫌がよければ話し掛けてくるし、悪ければ整理整頓し始めると、完全に行動がパターン化しているので、まあわかりやすいといえばわかりやすい。機嫌のいいときを見計らって、懸案事項や少し難解な問題などを持ちかけます。

わたしのペースを押し付けず、相手のありのままをまず認めないことには話が進みません。正直自分が疲れているときは、いいかげんにしろよと思うこともなきにしもあらずですが、無益な争いをするよりは、相手に合わせるほうが結果として自分も気持ちよく仕事ができるとわかりました。この境地に至るまで、3年かかりましたが。

感情がわかりやすい人と思えば気にならない(yokkom)

気分屋というとなんだかマイナスなイメージですが、「(感情が)わかりやすい人」と思えばそう気にならないかも。好き・嫌い、いい・悪いが人よりはっきりしているだけで、少なからず誰にでもある部分ではないでしょうか?

自分自身がそういう感情の境目をあいまいにしたくない性格だからでしょうか、逆にわたしは感情のわからない人のほうがいまいち信用できません。おなかの中では本当のところどう思っているの?と勘ぐってしまいますね。もちろん、仕事場などの公の場で感情を出しすぎるとよくない時もあると思います。結局、何事も行き過ぎは禁物。

気分屋の機嫌が悪い時はあまり話しかけない(イクラ・東京・未婚・40歳)

前の会社の同僚が気分屋さんだったのですが、年齢、体型、恋愛志向が同じだったので、いつも一緒、時には色違いの同じ服を着るほどの仲よしでした。ただ感情の起伏がとても激しく、機嫌の悪い時はあまり話しかけないようにしていました(上司も)。本人も一時過ぎればケロッとしていたので、わたしのほうで距離をとって過ごしていた感じでした。

そのうち彼女のほうが転職し、時々会う状態だったのですが、ある日突然、彼女の彼が職場に訪ねてきました。妊娠中にもかかわらず失踪したと言うのです。いろいろ探しても見つからず、約1週間後に戻ってきました。その後無事結婚、出産しましたが、いまだにその空白の1週間は謎です。でも、彼女のおかげで、気難しい人の対処の仕方を勉強できた気がします。

NO

いつまでたってもうまく付き合えないnew(フラアンジェリコ)

わたし自身は違うと思いますが、周囲に一人いて、いつまでたってもうまく付き合えません。

気分で怒り狂う人は自重してほしい(りいふ)

自分の場合、怒り狂うなどの激しい感情にさらされると、軽い心臓発作のような感じなってしまい、大変困ります。幸い、大事に至ったことはありませんが、手足のふるえ、動悸、意識が遠くなっていくような感覚すら覚えます。

他人に怒っていても、その怒鳴り声、怒りの感情だけでそうなってしまいますので、むやみやたらに怒り狂うような気分屋の人は、こういう人間もいるのだと自重していただきたいものです。あなたの怒りはまったく関係のない人を不愉快にするだけではなく、殺すかもしれないのですから。

知らず知らずのうちに気分屋に?(琥珀・東京・独身・34歳)

実は、わたし自身が知らず知らずのうちに、気分に左右されているのかもしれません。誰に対しても態度を変えないと評価されてきましたし、自分もそれを意識して実践してきたつもりだったのですが、後輩の一言「琥珀さんて、Aさんに冷たくしていますね」で自信喪失。

これまで、年配の女性でムーディー(moody:気分屋)な人を何人か見てきただけに、自分もそうなりつつあるのかなあと危機感を持ちました。気分に惑わされないコツ、それはいろんなことがあるなあと受け入れる柔軟さなんでしょうか。

身内の気分屋は最悪!(ごまたま)

コツがあったら教えてほしいです。職場の気分屋さんなら、距離を置いて「さわらぬ神に祟りなし」で嵐が過ぎ去るのを待てばいいのですが、これが身内だと最悪! この3連休もパートナーの実家で義母の気分の乱高下に振り回されてヘトヘトです。

わたしはたまに会うだけなのでまだましですが、近所に住んでいる義姉はもっとかわいそう。いつも顔色を見ながらの対応で、本当に気の毒です。こちらが同じことをしても言っても、義母の気分によって何ごともなく済むこともあれば、激怒されて口汚くののしられることも。精神科医に見てもらったほうがいいかも?と内心思っていますが、怖くて本人には言えません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

理路整然と怒る人たち

今週は休日のせいで一日短かったのですが、みなさんからたくさんの投稿をいただいて、オオヒラも勉強になりました。さて、気分屋さんにもいろいろなタイプがありそうですね。

投稿にはありませんでしたが、一番困るのが理路整然と怒る人たちです。これは昔からよく知られていて、「研究」も進んでおり、「へっ、ついに捕まえたぞ」タイプと呼ばれています。要するに八つ当たりなのですが、不愉快なことがあったり人生でうまくいかないことがあったりすると、怒りをためていて、それのはけ口になる人が現れるのを待っている。

誰かが、ちょっとした失敗や間違いをすると、そのいけなさを理屈で指摘しつつ、自分の怒りを吐き出すわけで、お説教が過酷になる特徴があります。言われているほうにしてみれば、言われても仕方のない部分があるだけに、じっと耐えるしかないわけで……つらいです。機嫌がよさそうでも、いつ餌食にされるかわかりませんから、敬して遠ざけるようにしてください。ちなみに、このタイプの人は上司にだって向かってゆきますから、場合によっては正義漢のように思われたりもします。

これに比べれば、その場その場の八つ当たりはまだ、その無茶が誰の目にもわかりやすい。対処の仕方も、嵐の通り過ぎるのを待つふうにやればいいわけで、簡単です。投稿にあったのもこのタイプが多かったようです。

ところで、人に怒りをぶつけるのって、妙な快感があるものらしく、それがくせになってしまっている人もいます。こうなると、始末におえない。どんな些細なことでも、すぐに爆発しますから。こういう人とは距離をおいて、なるべく係わり合いにならないようにするしかありません。

そのほかの、喜怒哀楽がはっきりしているタイプは……「わたしも気分屋です」とお書きになった方がたくさんおられましたが、そういうのはまったく問題がありません。たまに、不機嫌になったりしても、これではみんなとうまくやれないと反省して、次からは気を付けようとするのですから。

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english