自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/3(月) - 2003/11/7(金)
3日め

テーマ仕事を自宅に持ち帰りますか?

今日のポイント

家族と過ごす時間を増やすため、また自分のポリシーとしても

投票結果 現在の投票結果 y61 n39 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
江端貴子
江端貴子 アムジェン取締役CFO

たくさんのコメント、ありがとうございます。家のほうが落ち着いて仕事ができると答えていらした方もいましたが、総じて、Yesと答えられた方は、できることなら持ち帰らずに済ませたいが、やむを得ずという方が多……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

今は夫婦二人の生活で余裕あり(じょるじゅさんど)

持ち帰らなければ進まないというのが現実です。子どもが小さいときは子どもが寝てから、仕事を進めましたから慢性的寝不足でした。今は、子どもたちは大きくなり、夫婦二人の生活ですから、余裕はあります。

残業はもっと気が重い(omame)

仕事がたまっているときは持ち帰ることがありますが、最近は書類を持って帰ってもやらないことがしばしばあります。仕事は職場でやるものと割り切れればいいのですが、なかなか割り切れません。それでも残業はもっと気が重いので、つい持ち帰ってしまいます。

職場では緊急用件に追われることも(あるばーと・神奈川・既婚・36歳)

はい。今も自宅で仕事をしている最中です。量もそうですが、作業環境が職場よりも優れているというのも一因かもしれません。職場だと、状況に関係なく声をかけられたり、緊急用件に追われたりと、集中して作業できない場合が多く、予定通り作業させてもらえないからです。それにしても、仕事量がキャパを超えていること自体が問題なのですが、この量をこなしていることを上司たちが評価しつつも、根本的なところで問題解決しようとしてくれており、そのことが救いにもなっています。

家で家族と食事できる(みつ豆)

家にパソコンを入れてから、ホームページの更新を時々自宅でします。入れる前はもっと家に仕事を持ち帰ってしまうのではないかと思っていましたが、OSが違うので、幸か不幸か家でできないことのほうが今は多いです。仕事をすることはちっとも苦になりませんが、遅くまで残業をするよりは、家で家族と食事をして、あとのゆっくりした時間に家でできる仕事をするほうが、わたしには都合がいいですね。

情報漏洩の観点からすると(じゃらふ)

基本的には情報漏洩の観点からすると自宅に仕事を持ち帰ることはいけないことだと思っています。でも、実際問題子育て期間中は会社にいる時間が限られちゃうから持ち帰ってでも仕事してもらわないと、育児短時間の先輩を見ててそうも思います。わたしの仕事は研究することなので、文献を読んだりするのは持ち帰って土日にボチボチ読んでます。昔はもっとやってましたが、今はモラル優先でその程度にしています。

NO

子どもに怒鳴ってしまってから(aim↑)

以前これなら家でできると、データ照合の資料を持ち帰ったことがありました。家事を終え、居間で照合中、子どもがわたしにいろいろ言ってきた時に「うるさい! 静かにして!」と怒鳴ってしまいました。泣きじゃくる子どもを見てわれに返り、仕事は職場でするものと決めました。家で集中してできない環境なら、残業してでも会社でやり終えたほうがよかったからです。

自分自身で固く決めた(ちはる)

以前の仕事では、毎日のように持ち帰っていました。自分の能力が足りないのかと思い悩みもしましたが、時間・量とも持ち帰らざるを得ませんでした。初めはきちんとプライベートと仕事を区別できたのですが、そのうちプライベートを確保するのが難しくなってしまって。結局どちらもうまくいかなくなりました。現在の仕事に変わる際、自分自身で固く決めたことは「絶対に仕事を家に持ち帰らない!」ということです。現在は仕事もプライベートも、とても充実しています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

子どもと過ごす時間のために

たくさんのコメント、ありがとうございます。家のほうが落ち着いて仕事ができると答えていらした方もいましたが、総じて、Yesと答えられた方は、できることなら持ち帰らずに済ませたいが、やむを得ずという方が多かったように思います。Noの方は過去に持ち帰ったけど、いい経験がないということのようです。

わたし自身は、子どもが小さかったころは、すごく忙しかったせいもあるのですが、持ち帰って朝の4時ごろから起きて仕事をしていましたね。今は、土日は子どもと過ごすための時間と決めて、なるべく持ち帰らないようにしています。

それでも、本社が米国にあるので、どうしても急ぎの確認がある場合など、夜中に電話をかけたり、メールをチェックしたりということはあります。土曜日の朝にメールをチェックすると、結局その返信に時間を使うことになり、朝の1、2時間あっという間にたってしまいます。そうすると、仕事だから仕方ないと思っていても、何だか家族との大切な1日の始まりを自分で壊してしまったような気がするんですよね。

今日のコメントの中には、情報のセキュリティーの観点から、自宅に仕事を持ち帰るのは好ましくないというコメントもありました。たしかにどの程度のものを家に持ち帰るかといった点も重要なことだと思います。本日は、ご自身で家に持ち帰る仕事について、何かポリシーやルールを作っておられるかを中心にYes、Noのご意見をいただければと思います。

江端貴子

江端貴子

アムジェン取締役CFO

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english