自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/3(月) - 2003/11/7(金)
4日め

テーマ仕事を自宅に持ち帰りますか?

今日のポイント

家族と過ごす時間を増やすため、また自分のポリシーとしても

投票結果 現在の投票結果 y61 n39 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
江端貴子
江端貴子 アムジェン取締役CFO

本日Yesと回答されている方の中には、電話や不意の訪問にじゃまされず、落ち着いて仕事ができるということで、自宅での仕事のメリットを挙げられている方が何人かいらっしゃいました。また、Noと答えられている……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

本当は持ち帰りたくない(siluku・未婚・28歳)

できれば、仕事は勤務時間中に済ませて、プライベートにまで持ち込みたくありませんが、時間の制約があり自宅で仕事をすることがあります。また、原稿の執筆、重要書類作成等は勤務時間中は落ち着いてできる環境ではないため、勤務時間外、もしくは落ち着いて自宅で、ということが多いです。本当は、持ち帰りたくないのですが。

持ち帰って電話に邪魔されず(tokotonbo)

昼休みをつぶしてでも可能な限り時間内で処理してきましたが、期日が決まっているものなどは持ち帰って処理していました。とくに年度末は大変で、パソコン処理できるものは家でやりました。どうしても残業はしたくなかったので、いくら自分で仕事の予定を立てていても、わけのわからないお客さまの電話に半日つぶれてしまうこともしょっちゅうだったので、持ち帰って電話に邪魔されずゆっくりやったほうが仕事ははかどりました。

アイデアや企画を忘れないよう(ゆりら)

メーカーで開発の仕事をしています。そのため、会社は定時で帰っても、思いついた時、アイデアや企画を忘れないよう、自宅にも同じソフトや提案用紙を用意し、いつでも対応できるようにしています。仕事のひらめきは会社内だけではないので。今のところこれが自分の仕事ではベストの体制だと思ってやっています。

NO

残業・休出よりは持ち帰りになるかも(らびっと・神奈川・パートナー有・33歳)

ON、OFFのスイッチを切り替えるためにも持ち帰りはできるだけしないようにしています。残業・休出はある程度しかたないかと思っています。ただ、子どもが生まれる前はそれでよかったのですが、育児休業が明けたあとは残業・休出よりは持ち帰りを選びそうな気がします。

保育園の送り迎えは隣りに住む義母がやってくれそうですが、やはり子どもと触れ合う時間は大切だと思うので、終わらない仕事は子どもが寝たあとになりそうです。復帰後の職種が持ち帰り残業可ならば、の話ですが。

自宅が心休まる場所でなくなってしまう(diem)

どうしようもなかった時には持ち帰って仕事をしていましたが、そうすると自宅が心休まる場所でなくなってしまうのでできるだけ持ち帰らないようにしています。とはいえ、仕事がらみの勉強などは自宅でしますが。

リスクのあるものは持ち帰らない(asa-yayo・東京・パートナー有・32歳)

書類は紛失のリスクがあるので、持ち帰ってから仕事をすることはまずありません。ただし、行き帰りの電車の中で課題について、「考える」ことや、仕事にリンクする本を「読む」ことをすることで、常にいいアイデアが浮かんだらキャッチすることは心掛けています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

自分の努力に対する評価は?

本日Yesと回答されている方の中には、電話や不意の訪問にじゃまされず、落ち着いて仕事ができるということで、自宅での仕事のメリットを挙げられている方が何人かいらっしゃいました。

また、Noと答えられている方は、気持ちの切り替えをしたい、自宅を心休まる場所にしたいということで、仕事を家に持ち込まないポリシーを持たれているようです。さらには、企画やアイデアは会社にいる時だけに浮かぶわけではないので、いつでも仕事ができる体制にしているという方もいました。

いずれにせよ、最終的には仕事のアウトプットがどうであるかということに向けて、みなさん工夫をされているのだと思いますが、こういった自宅にまで持ち帰って仕事を行うということは、どのように評価されているのでしょうか? 仕事を持ち帰ってまで、頑張っているんだから、その分も認めてほしいと考えていらっしゃる方もいるかもしれませんし、いや、家で頑張っているということは、あまり表に出したくないという考えの方もいらっしゃるかもしれません。

自分の努力に対する評価は正しくされているでしょうか。または、結果が大切なのであって、プロセスは関係ないというご意見もあるかもしれませんね。本日は、仕事を自宅に持ち帰るということがどのように評価されているか、またご自身はどのように評価するのかという観点から投稿をいただければと思います。

江端貴子

江端貴子

アムジェン取締役CFO

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english