自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/10(月) - 2003/11/14(金)
3日め

テーマ上司からの誘いを断れますか?

今日のポイント

時代の流れとともに変化を遂げる上司との付き合い方

投票結果 現在の投票結果 y85 n15 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

今日も、「断れる」が86%。高率です。みなさんの投稿からもうかがい知れることですが、断っても大丈夫な上司が多いということでしょうね。オー・ジンジ風の居丈高な、一方的に上からものを言うような上司だとこう……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

時には「できない」と言える勇気も必要(ドラゴン・東京・27歳)

上司からの誘い……よいことにつけ悪いことにつけいろいろあります。仕事がいっぱいいっぱいの時に「ちょっといいかなあ」なんてこともありました。

でも適当に仕事をこなすことができない自分もいるわけで……。引き受けるならきちんとやらなければならないと考えているので、なるべく安請け合いはしないようにしています。それと同時に現状を伝えて、提出期限を確認しています。なるべく精神的に余裕のある仕事がしたいと思っているので。

大平さんもおしゃっていましたが、自分のキャパを把握する、最近はこれが上手にできるようになり、仕事がやりやすくなりました。キャパを超えると仕事が雑になってしまいそうで怖かったのですが、「自分のキャパは?」と考えながら仕事ができるようになり、気分的にとても楽になりました。時には「できない」と言える勇気も必要な気がします。

我慢してまでも誘いに応じる必要はない(rekorin)

都合が悪いときや体調が優れない時はきちんと断ります。でも、断る理由がない時は積極的に付き合います。ただし、相手によると思います。わたしは今、自分の上司との関係が悪くないのでそう思えるのですが、合わない相手であれば、積極的に付き合う気にはなれないかもしれません。一つ言えるのは、我慢してまでも誘いに応じる必要はないということだと思います。

人間関係がうまくいっているので、気軽に断れる(ごまたま)

社内の飲み会が多い会社なので、よく上司からも誘われますが、月一回くらいしか付き合いません。人間関係がうまくいっているので、気軽に断れます。仕事を頼まれても、余裕がないときはできるだけ納期をもらうようにしたり、違う人に頼んでもらうようにお願いしたりすることもあります。

一回くらい行っときゃよかった!(だんごまま)

新婚当初、よく夜の飲み会に誘われました。「新婚だし夕ご飯作らないといけないので」とお断りしていました。何度も断るうちに「付き合い悪いから」と声もかからなくなりました。誘うほうも非常識だけど、当時、ほとんど外食もなかったし、結構グルメな人だったので、今思えば、「一回くらい行っときゃよかった!」

正直に対応するのが一番(快適生活。・香川・独身・32歳)

上司からの誘いはすべてを断るわけではありませんが、都合がつかない時には、正直に断ります。自分の気が乗らない時でも嫌であれば、理由をつけて断ります。嫌々誘いに応えて行っても、表情に出てしまったり、自分の気持ちが楽しくなくて精神的によくなかったりするので、正直に対応するのが変なストレスをためることもないので、一番です。

プライベートと仕事はある程度線引きしたい(とらきち・既婚・31歳)

世間一般よりは先輩後輩の垣根も低いので、都合が悪い場合はきちんと断ります。自分の意見を言えるという間柄が理想だと思いますし、プライベートと仕事の関係はある程度線引きをしたいですね。

NO

「馴れ合い」ではないオープンな関係を模索したい(Kylin・大阪・既婚・44歳)

わたしの場合は、上司との関係が「男vs男」になりますから、画面をご覧の大勢の方々とは条件が異なるかと思います。

今の上司は就職以来の知己で、年齢も近いですから、「報・連・相」はしやすいのですが、逆に相談もされやすいのです。「上司」というよりは「同志」の関係に近いので、ドライにはなりきれません。けれど、会社関係の飲み会は、1次会で帰ってしまいますから、先方としては少し物足りないかな? 逆に「馴れ合い」ではないオープンな関係を模索していくべきでしょう。

仕事上の依頼はけっして断らない(Reiko・東京・既婚・31歳)

仕事上の依頼はけっして断らない。日ごろから、わたしの業務状況を理解してもらうよう努めているつもりなので、それでも依頼してくるということは、わたしのやるべき仕事である。

問題は「飲みに行こう」である。これまで何人もの上司の下で働いたが、わたし自身がのんべえであるせいもあり、上司にとってわたしと飲むのが明らかに楽しみなのがわかる。やはり、性別の違いは隠せない事実である。ただし、飲みの席と仕事上の立場を混同する言動に対しては、確実に早期撃沈しているので、回復不能なほど不愉快な事件に発展したことは幸いにして、ない。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

無理を聞いてあげたくなる上司

今日も、「断れる」が86%。高率です。

みなさんの投稿からもうかがい知れることですが、断っても大丈夫な上司が多いということでしょうね。オー・ジンジ風の居丈高な、一方的に上からものを言うような上司だとこうはいかないでしょう。

しかし、少々の無理なら聞いてあげちゃう、とか、ちょっと無理でも付き合ってあげちゃう上司というのは、どうも少なそうな気がします。

「年寄りって金払いがいいか、かわいげがあるかじゃないとダメなんだよ」と言ったのは、わがままな祖母に音を上げたある孫娘ですが、これって上司にも当てはまりませんかね。

昔研修医だったころ、飲みに行っても、ディスコ(というのがありました)に行っても、お金を置いてさっさといなくなる部長がいました。研修医たちは最初は「こりゃいいや」と喜んでいましたが、そのうち、「最後まで付き合ってくださいよ」とお願いするようになりました。

また別の人ですが、すごいやり手と評判のこわーい先生が、患者さんが亡くなったとき涙を流しているのを見てしまったことがあります。彼は苦笑いをすると、「鬼の目にも涙と思ってるんだろ……誰にも言うなよ」。僕は、もちろん黙り通しましたが、この先生の下にいる間中、それこそ滅私奉公したものです。

投稿には、上司との人間関係がいいから、というようなコトバがちらほらと出てきますが、単なる相性ではないものもあるようです。

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english