自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/11/10(月) - 2003/11/14(金)
4日め

テーマ上司からの誘いを断れますか?

今日のポイント

時代の流れとともに変化を遂げる上司との付き合い方

投票結果 現在の投票結果 y85 n15 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

いつも驚くのですが、みなさんの投稿って毎日進化してゆきますね。たとえば、四日目の今日はパレアナさんの「上司が部下を誘う」ことの「目的と成果」について疑問が提出されています。言われてみれば、たしかに「?……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

上司が弱くなったのか、若者が強くなったのか?(マース・既婚・30代)

昔は上司の誘いは断るものではないという風潮でしたが、今ではすっかり時代が変わったというか、自分のペースを主張しても変な目で見られなくなりました。上司も「今の若い人はそうだから」とあきらめている感じです。上司が弱くなったのか、若者が強くなったのか?

上司には命令する人がいるが、わたしにはいないから(norieda)

プライベートな誘いの場合は、自分が行きたくなければ、何か理由をつけて断ります。仕事の依頼であれば、無理なことは無理だと伝えます。上司には命令する人がいますが、わたしにはいません。どんどんわたしのところに仕事が回ってきてしまいます。

不利益になるような場合でも(Tink)

どういう時にどんな内容かにもよりますが、行きたくないと思えば、わたしは断ります。それが不利益になるような場合でも。

NO

大切なコミュニケーションの場だと思っている(ゆきやん)

なるべく断らないようにしています。あまり上司だということを意識すると自分も疲れてしまうので、「仕事仲間」という感覚で、会社では聞けなかったささいな質問をしたり、打ち明け話をしたり、大切なコミュニケーションの場だと思っています。

ただ、やはり基本は上司と部下なので、気を許し過ぎてしまうことがないよう、仕事に支障を来さないよう一線を引いているところはあります。たまに自分の時間を過ごしたくて誘いを断るときも、上司のことが嫌で断っているのではないというニュアンスを伝えるようにしています。

上司が「部下を誘う」ことの目的と成果とは?(パレアナ・東京)

現在の上司は、仕事をうまく回すために必要なコミュニケーションを重視しているので、無理な依頼をしてくることはありません。ところで、「上司が部下を誘う」ことについて、上司の立場からすると、その目的と成果について疑問に思うのですが、いかがでしょうか。

断ったら自分勝手だと陰口を言われた(ぐん・独身・25歳)

残業中に突然部長から、幹部との飲み会に連れ出されることがたまにありますが、基本的には断ってはいけません。少し前、会社公認の資格試験を受験前に(就寝時間が連日2:30ごろでした)、余裕がないからとお断りしたら、先輩に自分勝手だと陰口を言われていたらしく、びっくりしました。

よほどのことがない限り(hspinoza)

誘うからには理由があることが多いので、よほどのことがない限り断りません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

部下を誘う上司のタイプ

いつも驚くのですが、みなさんの投稿って毎日進化してゆきますね。たとえば、四日目の今日はパレアナさんの「上司が部下を誘う」ことの「目的と成果」について疑問が提出されています。言われてみれば、たしかに「?」です。

そこで、オオヒラ、周りを見回して、こうじゃないかというのを考えてみました。

まず、シンプルに親切なおじさん、おばさんタイプ。若い人がろくなものを食べていないんじゃないか。たまにはごちそうしてやろう。そういう人は、たしかにいます。親切さんは、おせっかいでもありますから、部下に断られるとちょっとしょげる。

次に気が付くのは、自分は部下あっての上司と、ちゃんとわかっている人。いつも部下にお世話になっているので、たまにはお返しをしなくっちゃと考えるのです。そういうのも、僕の友人にはたくさんいます。彼らは、断られても平気です。別におごらせてもらえなくても、自分の気持ちに変わりはないのですから。

それから……上司としての自分にちょっと不安を持っている人。親切さんやお返しさんのふりをして、自分が部下に受け入れられているか確認しようとして誘うのです。こういう人は断られると、不安が的中したように思います。「やっぱり嫌われているんだ」そう思いつめたりします。

これにはバリエーションもあって、飲み屋でまで「部長! 部長!」と言ってもらえていい気分になる人たち、というのがいます。よいしょしてほしさに、しょっちゅう誘います。

あと、自己満足タイプもいますね。部下におごって「自分ってなんていい上司だろう」と自画自賛するのです。毎週日にちを決めて、満遍なく部下を順番に誘ったりするのですが、それも自分が公平な上司であるように気を付けているつもりなのです。

うーん。ほかにもまだまだありそうですが……オオヒラは思いつきません。あ、「うちのはこうです」というのがあったら教えてください。

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english