自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/2/2(月) - 2004/2/6(金)
2日め

テーマ仕事で社会貢献を実感したことがある

今日のポイント

仕事と社会との関係性を見つめ直してみる

投票結果 現在の投票結果 y46 n54 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大槻裕志
大槻裕志 経営コンサルタント

みなさんこんにちは。LucyGracyさん、あるばーとさん、miechanさん、いまいくんさん、すばらしいご投稿ありがとうございました。今日は、「全体像がはっきり見えず」(remyさん)について、みな……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

誠意が生徒に伝わり、変化が見られた時(LucyGracy・北海道・パートナー無・27歳)

高校で英語を教えています。うちの学校は学区内で輪切りされた最下層の生徒が集まっています。そのため、アルファベットの“b”と“d”の区別がつかない子や、“am”“is”“are”の使い分けができない子どもたちが大勢います。彼らは英語アレルギーはもちろんのこと、劣等感や見捨てられ感を強く持っていて、なかなか学習に気持ちを向けてくれません。それでも、時間をかけて信頼関係をつくることができると、彼らなりに一生懸命頑張ってくれます。一生懸命ノートを取ったり、課題のわからない所を質問したり、手を挙げたり。普通の人から見れば、ごく当たり前のことですが、彼らにはすごい変化です。ほかにも、生活指導などでこちらの誠意が生徒に伝わって、生徒に変化が見られた時、わたしは社会貢献できたなあと、しみじみうれしく思います。日ごろは、なかなか指導がうまくいかず、心ない言葉によく陰で涙しているので。

安全性を考慮した賞味期限に(あるばーと・神奈川・パートナー有・36歳)

わたしも技術系という職種で就職したくちですが、担当は、食品もしくは食品に関する技術開発や、その技術の安全性を確認することなどでした。賞味期限の根拠となるデータを取ることも大きな仕事のひとつで、非常に責任の重い業務でした。

ある商品の賞味期限を決める最終会議に出席したときのこと、「賞味期限を〜とする」との判断がなされようとしたとき、わたしは異を唱えたのです。技術的見地から、その期限内の品質を保証するのにギリギリのデータしかなかったからです。営業側の言い分は「流通上、できる限り長いほうが販売しやすく、低価格で販売できるので消費者にメリットがある」という、価格優先で品質を後回しにしたものでした。食の安全の限界を提供する重要な情報のひとつである賞味期限を、確実に保証できないレベルで販売するという行為がわたしには許せず、断固として反対したのでした。

食を提供するという、責任の重い立場を考えれば当然のことだと、粘り強く強硬に主張し、上司たちは納得がいかない様子でしたが、最終的には「十分に安全性を考慮した賞味期限を設定する」という決定にたどり着くことができました。

末席にいたわたしでしたので、あのときは「ああ、これでこの会社人生が終わった」などと帰り道にあれやこれやと考えたことを覚えています。しかしあの後、この決定が業界に石を投げることになり、会社の判断が大きく評価されたのでした。技術者として、「ちょっとだけ社会に貢献できたかも」と実感できた、初めてのことでした。

NGOのイベントに協力(miechan・東京・パートナー無・34歳)

販売促進の仕事をしています。昨年、とあるNGOのイベントに協力をしました。単純に場所貸し料金をいただかないという形でしたが、社内でも評判がよかったのです。また、イベント内容が話題を呼び、新聞などにも取り上げられたので、ボランティア活動への協力という間接的なかかわりでしたが、われながら、いいイベントを行えたと思っています。

感謝されたとき実感(いまいくん・埼玉・パートナー有・40歳)

オフィスのデザインを仕事にしているので、「素晴らしいオフィスをありがとうございます」「このオフィスならやる気がでます」「会社に来るのが楽しみになりました」などなど、実際にお仕事をされてる方々に感謝されると「役に立ってるな!」と実感しますね。

NO

全体像がはっきり見えず(remy・東京・パートナー無・29歳)

直接的に社会貢献をしている、と実感できるような体験は残念ながらまだありません。ただ、自分がかかわっている仕事と社会とのつながりが、全体像としてはっきり見えていない状態だと思うので、もしかすると、どこかでつながっているのかもしれません。それを実感できるといいのですが。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

どんな仕事でも社会と日々つながっている?

みなさんこんにちは。LucyGracyさん、あるばーとさん、miechanさん、いまいくんさん、すばらしいご投稿ありがとうございました。

今日は、「全体像がはっきり見えず」(remyさん)について、みなさんの意見を伺いたいと思います。remyさんの言われるとおり、「自分がかかわっている仕事と社会とのつながりが、全体像としてはっきり見えていない状態だと思う」というのは、現在の日本社会で多くの人たちが感じていることではないでしょうか。

1979年、EC委員会(現EU委員会)が、日本の巨大な貿易黒字と日欧貿易摩擦の原因を分析したリポートで、日本人を「ウサギ小屋に住む働き中毒(ワーカホリック)」を形容した文書がマスコミに漏れて、日本ではかなり話題になりました。

怒りながらヨーロッパ人が怠け者なんだと反論記事が相次いだり、「いや、ウサギ小屋も働き中毒も、まさにその通りだ」と労働組合が共感したり、反応はさまざまでしたが、全般に日本社会は、自らの未来にも、働くということの価値にも自信を持っていました。1979年は、ボーゲル氏の著書「ジャパン・アズ・ナンバーワン」がベストセラーになった年でもあります。一生懸命、仕事に打ち込むと、会社が成長し、社会が発展し、自分たちの生活もこれからまだまだ豊かになるということへの手ごたえがありました。仕事と通じて社会との一体感を感じることが自然だった時代です。

25年後の現在は、社会と個人の一体感が希薄に感じられがちな時代なのかもしれません。とはいえ、目を凝らすとremyさんの仕事も社会と「どこかでつながっている」とわたしは確信しています。あるばーとさんたちのように積極的な行動を貫くことによってそれが形あるものとして見えてくると思うのです。

どんな仕事でも社会と日々つながっている−−みなさんはどう思いますか? 率直な意見をお聞かせください。また、引き続き、仕事を通じて社会貢献を実感したエピソード、あるいは身近な人たちの実例などについても、楽しみにお待ちしています。

大槻裕志

大槻裕志

経営コンサルタント

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english