自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/3/7(月) - 2005/3/11(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマ女性として、政治に物申したいことがありますか?

投票結果 現在の投票結果 y89 n11 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
江端貴子
江端貴子 元アムジェン取締役CFO

政治に関する幅広いテーマということで、色々なご意見をいただきました。ありがとうございました。まず、”べんじゃみん”さんや”マホミ”さんのコメントにあるように、働く女性の声を選挙などで反映させていかない……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

まず関心を(ぱーとなー・東京・パートナー有・42歳)

実は、女性ではないので、このテーマで意見する資格がないかもしれませんが、ご容赦下さい。ふつうの女性が、もっと政治に関わって欲しいと思っています。国政ばかりでなく、地域の政治にも関心を持てば、生活と政治の接点は、結構あります。「子育て」や「食の安全」に問題意識を持ってローカルパーティーを作った主婦の方々もいます。まず関心を持つことが、スタートではないでしょうか。

女性も多数派に(マホミ・神奈川・パートナー有・25歳)

社会の半分は、女性で構成されています。でも、政治家の方々はほとんどが男性議員ですよね。まず、その構成比がおかしい。多数派が勝る、多数派の意見が通るのは政治の基本です。学生時代に衆議院議員のインターンをしていましたが、政治の世界はどす黒く重たい男性社会で、市民側の新しい議員は声を表に出すことさえできない状況でした。だから、いまだに「少子化は女性の社会進出のせい」などの信じがたい失言がぽんぽんと出てくるのです。政治参加の基本は投票です。文句を言う前に、私たちは選挙で投票をし、多数派を形成していこうではありませんか!

女性も声をあげるべき(べんじゃみん・東京・パートナー有・33歳)

国の育児政策など、官僚は「専業主婦に全てを任せている」立場でしか考えていない、といつも思います。このような立場からの政策は、実態とずれているのではないでしょうか。「家庭を顧みる時間のない男性と同等に働く」ことは、決して社会を豊かにするとは思えません。もっと我々、働く女性がさまざまな場面で声をあげるべきではないでしょうか。

一票の重み(一歩・東京・パートナー有)

独身時代元気に働いていれば何にも不自由を感じずに過ごせていたのが、会社と言う枠をはずれ個人として生活を送るとおかしな事が色々見えてきました。介護・子供の教育その他身の回りのちょっとした手続きなど。現実的でない少子化対策だって、腹が立ってきます!が主人いわく「その政策に決めたのってお前じゃん。票を持ってる自分たちなんだよ(投票行かなくても)。皆がその政党に賛成したからだ」、と(私は賛成した覚えはなかった。というか私の一票なんて……という思いからいつも適当な一票)。そんな現実に反省しつつ物申したい!学校教育のプログラムに、政治についてディスカッションできる場を作ってほしい。自分は好きか嫌いかだっていい。正解は勿論なし。「現代社会」という教科でしか政治の仕組みを習わなかったのですが、大人になって思えば仕組みよりももっと政治に興味をひきつける事が大事だったんじゃないかと……。(特別な人たちがしている別世界の話ではなく今現実に私の生活にかかわっている話を決めているのだと最近理解してきました。皆さんの一票の重み、実感してましたか……?

NO

『女性として』ではなく(wakano・岡山・パートナー有)

今の政治に満足している訳ではないので変えて欲しい事は色々ありますが、それは『女性として』ではないと思います。

身近に考えていなかった(エイプリル・神奈川・パートナー無・21歳)

政治は何か特別な人がどこか違う世界の中で行っているものだと思っている人も多いのでは、との指摘に、まさしく自分がその一人であると思います。まだ社会にでて働いていない私ですが、今ある制度や体制にただ文句をつけているだけでなく、それがどう変わればより生活しやすくなるのかという、自らが変えていこうという視点には新鮮さがありました。今週のサーベイで女性に関係のある制度自体やその不便さを学ぶことができることを楽しみにしています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「女性として」とした視点

政治に関する幅広いテーマということで、色々なご意見をいただきました。ありがとうございました。まず、”べんじゃみん”さんや”マホミ”さんのコメントにあるように、働く女性の声を選挙などで反映させていかないとというご意見。つい先日、3月4日の参議院予算委員会での「高齢者対策の予算と比べて、少子化対策の予算が少ないのではないか」という質問に対して、小泉首相が「高齢者の方が政治に対する意識が高い、つまり選挙への影響ということがあるかと思いますが……」というコメントから回答を始められました。そこまでストレートに話されるとは思わなかったので、ちょっとびっくりしました。また、同じく”一歩”さんが触れられている政治に関する教育の問題。これは週の後半で、もう少し取り上げていきたいと思います。

さらに、”ぱーとなー”さんが女性ではないのでと前置きされていたり、”wakano”さんが今の政治に変えてほしいことはあるが、「女性として」ではないとコメントされていますので、私があえて「女性として」とした視点について書きます。制度や仕組みというのは、対象となる方々をグループ化する、またはタイプ別に分けるというところに、制度の方向性や目的を反映させていると思うのです。その中で、今までの制度は女性という括りであったり、また女性の中も「専業主婦」と「男性と同等に働く人」という大雑把な、または一昔前の括りの上に制度ができているために、現在の多様な働き方や人生の価値観に合わない部分がいっぱい出てきたということだと思います。そういう枠をはめられている女性の側から、もっと制度を変えようという意識があるのではないかと思っています。例えば、”べんじゃみん”さんも挙げられているような、育児政策、少子化の問題、実態とずれていると感じられたことはないでしょうか?本日はこういった、制度と実態の違いについて、体験談なども、お聞かせいただければと思います。

江端貴子

江端貴子

元アムジェン取締役CFO

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english