自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/7/11(月) - 2005/7/15(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ柔軟な働き方をしたいですか?

投票結果 現在の投票結果 y97 n3 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
パク・ジョアン・スックチャ
パク・ジョアン・スックチャ ワーク/ライフ・コンサルタント

90年代のIT革命により産業構造が大きく変わり、社会・経済状況が激変し続けています。そのため共働きが増え、昔のように仕事だけしていればいい時代ではなくなりました。柔軟な働き方は仕事と私生活を共存させる……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

本人の仕事能力による(雑賀・50歳)

私自身としては、長く働いて来たのでそろそろ柔軟な働き方をしたいとは思いますが、いざ弊社でそのような希望の人を雇えるかは疑問です。入社試験の面接時に、休みは取りやすいかどうか質問される方が多くいらっしゃいます。こちら側としては、仕事ができるようになってから言ってほしいところですが。もちろん両者にメリットがある働き方がいいのですが、中小企業では難しい面が多く少人数で多くの仕事をこなさなくてはいけない場合、自由はやはり規制されてしまいます。職種や企業の体制、本人の仕事能力で決まってくるのではないでしょうか。特に、仕事能力によると思います。

長い「種まき期間」を経て(Crystal・海外・パートナー有・41歳)

定期的に夫の赴任国を訪問するため、仕事に柔軟性を持たせるのは必須。仕事の内容、時間帯、時間などを、その時の状況に応じて調整しています。ただ、こういう形態をとれるまでには、長い長い「種まき期間」がありました。実績と責任感の強さを武器にしないと、ただのわがまま勝手ととられてしまいかねません。

日本の勤務形態は柔軟に思えます……(plastic・海外)

私は現在海外で働いていますが、私の職場には柔軟性のかけらもありません。ボランティアなので、ここから給料など一切もらっていませんが、お休みをとることさえ渋られます。休みは日曜日と祝日のみです。在宅(集中できる環境)でできる部分があるので、せめて土曜在宅勤務を願い出ましたがダメでした。途上国なので仕方がないかもしれませんが、今の私には日本の勤務形態さえも柔軟に思えます……。

きちんと自己管理できる人なら(kazenoko・千葉・パートナー無・30歳)

柔軟に働ける環境は必要です。私の職場はフレックス制度はありませんが、有給も取りやすく、半休制度もあり、比較的柔軟な職場です。でも、柔軟性はあくまできちんと自己管理できる人だけに利用する効用があると思います。あらかじめ社内にいる必要があると分かっている時に休みをとっているなど、業務の状況を考えない利用をするような人には柔軟性は不必要です。私自身もルーズなので時間が決まっている方が効率的に仕事を進められます。

制度ができる前も、思いやってカバーし合っていた(maeko・群馬・パートナー有・37歳)

2人の子どもを持ちながら、フルタイムの共働きの公務員です。子どもを育てるという生活とうまく合うかたちでの勤務ができたら良いのに、とずっと考えています。産休、育休の制度も利用しました。私が子どもを産む頃は、少子化などが少しずつ問題になりかけていた頃だったので、育休の期間が増えるとか、育休後、職場に復帰してからも育児のための休暇が取れるようになる……とかいった変化がありました。私はそれらの制度はとても有り難いことで、ラッキーだとばかり思っていましたが、職場の先輩には、「そんなのいちいち届けなんか出さなくたって、昔だって早く帰れたのよ」といわれて目からウロコでした。制度で守られることは、ものすごい強みのような気がしますが、逆に「大変そうな人はカバーしてあげよう」というまわりの人の気持ちが失われてしまったような気がして複雑です。効率重視の社会になり、どこもかしこも余裕をもてなくなったから「制度」でも設けなければいけなかった、ということなのでしょうか。自分らしい、というか、人間らしい暮らしをするために「働き方」はとても大切な問題だと思います。

子育てのしやすい社会に(topyaya・神奈川・パートナー有・31歳)

柔軟な働き方ができる社会=子育てのしやすい社会になれば、という意見に賛成です。去年結婚したのですが、子どもを作ろうかなと思っても、社会復帰できるのかな、自分らしく働けるかな、と、現実的に迷います。転職したいと思っても、これから出産があるとしたら? と考えてしまったり。今の会社はそれなりに安定しているので、このままここにいれば問題なさそうだけど、それでいいのかなあとか。今は、めいっぱい自分だけの時間をうまく使える時期と割り切って、仕事の後ビジネススクールで勉強していますが、勉強もとても面白くていつまでもやりたくなってしまいそう! 新しいキャリアにも興味がムクムク。女性で子育てをしつつ活躍されている方のお話をたくさん聞きながら、自分もキャリアプラン&ライフプランをしっかり考えていきたいです。

環境と給料(KUDOS・千葉・パートナー有・35歳)

妻、母親、社会人として、一人何役もこなさなければならない女性。柔軟な働き方ができれば、仕事も子育てもしやすくなると思います。現在、私は、週2回出社し、週3日は在宅で働いていますが、在宅の日にはたまっていた家事をこなし、小学生の子どもの帰宅を出迎え、ゆっくり夕飯を作ることもできます。自分の仕事のために、子どもにあまり寂しい思いをさせたくありません。ただ、パートという身分なので、責任ある、やりがいのある仕事をしていても、お給料はフルタイムとは比べものになりません。女性が子育てと仕事を両立するためには、やはり柔軟な仕事環境と、仕事に見合ったお給料を受け取ることができる、そんな社会が必要だと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

不確実な時代だからこそ、自分らしく生きる

90年代のIT革命により産業構造が大きく変わり、社会・経済状況が激変し続けています。そのため共働きが増え、昔のように仕事だけしていればいい時代ではなくなりました。柔軟な働き方は仕事と私生活を共存させる、ワーク・ライフ・バランスのために企業で導入され始めたのです。柔軟性は働きながら子育て、介護、能力開発や個人の要望などを満たしやすくしてくれますね。KUDOSさん、「妻、母親、社会人として、一人何役もこなさなければならない女性。柔軟な働き方ができれば、仕事も子育てもしやすくなる」。一人何役もこなさなければならないのは女性だけでないので、男性がどれぐらい働き方の柔軟性を望んでいるのか、興味深いところです。

柔軟な働き方はすべての状況や人にOKではなく、それなりに責任が生じるので、効果的に機能するためには見合った個人の能力や性格が求められます。kazenokoさん、「柔軟性はあくまできちんと自己管理できる人だけに利用する効用。私自身はルーズなので時間が決まっている方が効率的に仕事を進められる」。Crystalさん「実績と責任感の強さを武器に」なのです。また、上手にこなそうと意識と努力をすることによって、自己管理や時間管理能力が高まるとも言われているので、自分の能力アップにもなりますね。

世界的に変化の激しい昨今、不確実性がより深まり、そのため雇用や社会保障を含めた将来が予想しにくく、「キャリア」と「ライフ」と「老後」は自己責任の時代になってきました。性別や年齢に関わらず、自分で自分の人生について「考え」、「決断」し、そして「行動」する必要性が出てきていますが、かえって以前より自分らしく生きることが受け入れられてきているようにも感じます。

maekoさんのおっしゃるように「人間らしい暮らしをするために「働き方」はとても大切な問題」。皆さんも忙しいスケジュールをちょっと止めて、一度しかない人生、自分がどのように生きて、どのように働きたいのか、深く考えてみたらいかがでしょう。一週間のお付き合い、そして本当に多くの投稿、どうもありがとうございました。

パク・ジョアン・スックチャ

パク・ジョアン・スックチャ

ワーク/ライフ・コンサルタント

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english