自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/6/6(月) - 2005/6/10(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ社長にはカッコよくあって欲しいですか?

キャスター
川嵜昌子
川嵜昌子 オンラインマガジン 編集長

六本木ヒルズの若手社長が注目されていますが、「社長」という存在はやはり「特別」で、会社で働いている人にとって、自社の社長は、文字どおり「代表」であり、いろいろなことが求められているのではないかと思います。

このイー・ウーマンのサイトで連載されている「win-win」の第52回 和田裕美さん(株式会社ペリエ代表取締役)の対談に「自分がゼロでも、上司には100点を求める」というところがあり、なるほど、と思いました。「自分ができなくても上司はできて当たり前、って思うじゃないですか。自分は風邪をひいてもいいけど、社長も風邪ひくんですか! っていう感覚がやっぱりあるというか(笑)。」これを読んで、確かに多かれ少なかれ、皆、そういう感覚があるのではないか、と思いました。

自分より上の人は、いろいろできて当たり前、仕事に対してはもちろん、人格的にも優れていて当たり前、と思われている、思っているのではないか。管理職、役員に対してもそうですが、なかでも社長には一番厳しく要求しているのではないでしょうか。そして、他社の社長、マスコミに登場するような社長が妙に「カッコいい存在」「憧れの存在」に見えて、自社の社長と比べて、羨ましくなる人もいると思います。

何をもって「カッコいい」と捉えるか、いろいろな意見があると思いますが、社長という存在について、考えてみたいと思います。自分が社長だという方、あるいは役員の方、管理職の方、一般社員の方、いろいろな立場でのご意見をお聞かせください。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english