自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1799
子ども社会にも「勝ち、負け」はある?
投票結果
84  16  
625票 120票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2006年01月23日より
2006年01月27日まで
円卓会議とは

古荘純一
プロフィール
このテーマの議長
古荘純一 青山学院大学教授、小児精神科医
円卓会議議長一覧
大人社会では、「勝ち組、負け組」あるいは「上流・下流社会」などという言葉を耳にするようになりました。……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
大人社会では、「勝ち組、負け組」あるいは「上流・下流社会」などという言葉を耳にするようになりました。

これは、我が国において、以前は格差が小さかったか、連続した集団だったものが、最近は格差が開くか分断する、いわゆる二極化の実態の中でその両極を指した言葉です。政策的な構造改革も結果的に格差拡大に向かうような印象があります。

一方で必要以上に「格付け・ランキング」をもてはやすような番組等もあり、単に経済状況に限らずいろいろな場面で使われているように思います。

子ども達の社会はどうでしょうか。教育の現場では、「よく勉強する子とまったくしない子」、「本をよく読む子とまったく読まない子」、「塾や部活に積極的な子とまったく参加しない子」、主として親の影響でしょうが、「食事、睡眠などの生活習慣がきちんとしている子どもと不規則な子ども」など、こちらもさまざまな格差が指摘されています。

社会的に弱い立場の子どもは、大人の保護のもと育っていきます。大人社会の格差の影響を受けることは避けられないでしょう。しかし、子ども時代は人生の始まりです。子どもの人生は親の階級(お金をもっているかどうか)で決まるとも言わんばかりの書物も出ているようですが、子どもの時に、成績や運動競争の勝ち負けではなく、大人社会で使われる「勝ち組、負け組」が決まってしまうのでしょうか。

そこで、今回皆様にお尋ねしたいのは、「子ども社会にも勝ち、負けはあるとお考えですか?」というテーマです。まずは、ご自身の子どもの時との比較や体験談、子育て中に実感したことなど、いろいろな御意見をいただきたいと思います。本年は、このサイトのメインテーマでもあります「win-win」を念頭に置き、建設的なサーベイを進めたいと思っています。どうぞ一週間よろしくお願いいたします。

古荘純一
青山学院大学教授、小児精神科医
古荘純一


関連参考情報
■ 「子どもに優劣はつけないほうがいい?」
大切なのは、将来の目を育むこと。だからこそ……。
■ 「人と境遇を比べて焦りを感じる? 」
人に自分を認めてもらう前に。
■ 「「自分の才能」に自信がありますか? 」
イキイキと才能を活かしている人に、共通する思考。
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english