自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/8/25(月) - 2003/8/29(金)
2日め

テーマ子どもは母が働くことに賛成している?

今日のポイント

どんな言葉であなたの仕事を伝えていますか?

投票結果 現在の投票結果 y78 n22 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
田澤由利
田澤由利 ワイズスタッフ代表取締役

「うちも、ふつーのお母さんだったら良かったのに」小学校3年の次女が何気なく言いました。「普通のお母さんって、どういうの?」ドキっとしながら答えました。「家に帰ったら、エプロンしていて、おやつ作ってくれ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

「夢を持って頑張っている」と伝えたい(ころりーな)

まだ未婚で子どもはありませんが、子どもを持ったときには「お母さんはこんな夢を持って頑張っているのよ。仕事は楽しいのよ」と伝えてあげたい。もちろん、子どものことをハグして愛してあげて。子どものためと自分の人生を生きずに「あなたのために、したいことをできなかった」という気持ちを持ったら、子どもが不幸だと思います。

子どもたちもうれしそう(kekenomama)

子どもたちも大きくなって手がかからなくなり、持っている資格を生かし、2、3種類のパートを始めました。さらに、予備校の臨時教師も頼まれ、毎日頑張っています。どの仕事も朝から一日拘束される仕事ではないので、子どもの帰宅時間には家に居ることができます。仕事柄勉強しなければならないことが多く、そんな姿を見て、子どもたちも時々家事を手伝ってくれます。楽しそうに母が働いているので、子どもたちはうれしそうです。

「働くことが当たり前」と伝えている(仕事の鬼)

小学1年生の娘がいます。母が働くことは「当たり前」と思っているのでYesです。でも、下校時間、体調の優れないときについては、娘は「そのときは母が家にいる」ことを望んでいます。

今日のポイントが「働いていることをどう伝えるか」とありますが、まさに「働くことが当たり前」で「お母さんも働かないと生活できない」と伝えています(100%事実、というわけではありませんが)。まだ子どもは小さいので、それで「納得」しています。子どもがもう少し大きくなって質問してきたら、そのときに応じた本音を話そうと思っています。でも、「働くのに反対」と言われたら、なぜそう思うのか子どもなりの意見を聞こうと思います。

決めつけた発想はしないでほしい(職業指導官・大阪・既婚・38歳)

彼女たちが生まれた時から働いてますからね。厳密にはどちらの子も生後半年くらいまで育児休暇を取得しましたが、物心つく以前に職場復帰していますから、これが当たり前と思ってくれてるはず。

ただ、たとえば専業主婦とか、男性でも家に入るとか、人にはいろいろなパターンがあり、仕事を持って結婚して子育てすることが本来の姿だ、という決めつけた発想だけはしないでほしいと思っています。

広い意味では賛成している(いつこ・九州・既婚・40代)

わたしの新しい仕事が決まった時に、「ご飯の作り方を教えて」と言われたということは、広い意味では賛成していることになるだろうと考えています。子どもは育ち盛り、食べ盛りの高校生と中学生で、夕食が遅くなることが一大事らしいので、最低ご飯を確保するのが、これからの課題ですね。

経済的な自立が働く目的だと伝えている(善三郎のママ・東京・パートナー有り・38歳)

子どもが小学生になり、お友だちの誕生会に招待されます。プレゼントを買いに行く時に「お母さんが仕事しているからプレゼントを買えるけど、仕事していなかったらきっと買えないなあ」とつぶやいたら、子どもが真剣な顔をして「学校のお勉強頑張るから、お母さんもお仕事していて!」と言いました。こんな伝え方でいいのかどうかわかりませんが、経済的な自立が働く目的だということを子どもに伝えています。

NO

なるべく母親には家に居てほしいようです(binko)

今わたしは、一日5時間、週4日のパートをしています。今の状態では子どもは何も言いませんが、午前9時から午後6時までの8時間労働にしていきたいということを子どもに話したら、「5時には帰ってきてほしい」と言われました。子どもが家に帰ってきた時には、なるべく母親は家に居てほしいようです。

「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」の家庭風景を、子どもも「いいなあ」と認識しているようです。ちびまる子ちゃんに出てくるハナワ君(金持ちのぼっちゃま)のような家庭環境は、子どもはいいと思っていないようです。

働いている母を理解できなかった(nanachin・オーストラリア・独身・26歳)

わたしが中学生のときに、母が働き始めました。母は夕食の用意を簡単に済ませてから仕事に出ていたので、わたしは母が帰ってくるまでに、夕食を温め直したりご飯を炊いたり、という簡単なことをする程度で済みました。

でも、ある時母は仕事の疲れから、わたしの夕飯の支度の仕方に文句を言いました。仕事によるストレスからわたしに文句を言っている、ということがわかったので、「そんなに文句言うなら働かなければいいのに!」と母に言ったことを思い出します。その時、母は何も言いませんでしたが、今になって、あの時の母の気持ちはどんなだったか、と心が痛みます。

中学生といえばもう十分理解できる年齢だと思いますが、それでもわたしは理解できず、母を傷つけたと思います。もっと年齢が低ければ、いったいどのように子どもに理解させればよいのでしょうか……。自分自身も、将来子どもを持っても仕事は続けたいと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

おやつ作ってくれるお母さん

「うちも、ふつーのお母さんだったら良かったのに」
小学校3年の次女が何気なく言いました。
「普通のお母さんって、どういうの?」
ドキっとしながら答えました。
「家に帰ったら、エプロンしていて、おやつ作ってくれるお母さん」
「何言ってんの。いまどき、そんなお母さんおらへんわ」
と、強がって言ったものの、ちょっとショックでした。

わたしは、彼女の言う普通のお母さんではありません。朝から夕方まで、オフィスで仕事をしているし、家に帰ってきてもパソコンの前にばかり座っているし、月に2度ほど東京に出張していないし……。当然、学校から帰ってきてもいないし、エプロンなんて面倒くさくてほとんどしないし、おやつも作れないし……。でも、わたしなりに思いを持って、ずっと子育てをしています。

わたしには、小学校6年と3年、保育園の年長組と、3人の娘がいます。12年前、夫の転勤と長女の出産が重なり、後ろ髪を引かれる思いで6年半勤めた会社を退職しました。しかし、どうしても仕事を続けたいという思いから、長女の出産と前後して、ライターに。夫の転勤について全国を転々としつつも、5年前、気に入った北海道の地で起業。今は、月2回程度の東京出張をこなしながら、自宅と同じ建物のオフィスに通勤(?)しています。

このような状況ですから、子どもたちの知っている母は、いつも「仕事をしている母」。これが子育ての途中で働きに出る、という話であれば、機会もあったかもしれませんが、3人の娘たちに面と向かって「わたしの仕事」について話をしたことはありません。「子どもは親の背中を見て育つ」といいますが、実は、どんな背中が見えているのかも、よくわからない、情けない母親です。

冒頭の会話をきっかけとして、何とか「いい背中」を見せられるようにしたいと思う今日この頃。「子どもは母が働くことに賛成している?」に、ewomanメンバーの多くの方が「YES」とお答えされているのには、勇気付けられました。みなさんのメッセージを参考にさせていただきながら、いろいろ考えたいと思っています。

さて、まずは、みなさん。どんな言葉であなたの「仕事」について、子どもに伝えていますか? ぜひ教えてください。

田澤由利

田澤由利

ワイズスタッフ代表取締役

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english