自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/4/18(月) - 2005/4/22(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマファッションのお手本とする人、いますか?

キャスター
生駒芳子
生駒芳子 『マリ・クレール』編集長

おしゃれのDNAというものがある。たとえばパリで、パリジェンヌに「おしゃれのお手本は誰?」と聞くと、「マ・メール(お母さん)」という声が少なくない。おしゃれのDNAがフランスでは健全に機能しているのだ。

日本ではどうだろうか。ちょっと前までは、お母さんがおしゃれのお手本だったという例は、日本では極めて少なかったように思える。いまだってきっと少ないはず。たいていはセレブとか、女優とかアイドルタレントとか。グレース・ケリーからニコール・キッドマン、ブリトニー・スピアーズ、小雪まで、いわゆるファッションミューズたちは永遠の憧れの的だ。雑誌の中でいえば、セレブやファッションピープルのおしゃれスナップがお手本という人だっているはずだ。そう、日本ではいまだ、おしゃれはファンタジーの産物であって、けっしてDNAからは育ってこないという神話がある。

それはなぜか? 日本では、女性が年を重ねると簡単に「おしゃれ」や「女」を卒業してしまうからではないだろうか。とはいえ、ただいまこの現象が激変中! おしゃれで、活躍する、ときに不良な大人の女が、日本でも急増中だ。これからはスタイリッシュな大人の女をお手本とする世代が必ずや育ってくるはず。生き方の面でもおしゃれの面でも、永遠に卒業しない女でいたいですね!

それでは一週間、よろしくお願いします。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english