自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/7/19(月) - 2004/7/23(金)
5日め

テーマ韓国ドラマを見たことがありますか?

今日のポイント

韓国ドラマに懐かしさを感じる人も

投票結果 現在の投票結果 y58 n42 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
磐村文乃
磐村文乃 静岡大学韓国語非常勤講師

多くのご意見をありがとうございました。今回、韓国ドラマを楽しみ、韓流に関心をお持ちの方が多いことを実感しました。韓国ドラマで癒されたり、サトリンさんのように国民性の違いを探ったり、Danzenさんのよ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

歴史的なブームかもnew(サトリン・関東・パートナー有・43歳)

遅ればせながら「冬のソナタ」にはまっています。韓国のイメージは前回のワールドカップから強烈に変わりました。最後の最後まであきらめない芯の強さが印象に残りました。何かパワーと情熱を感じます。そしてこの「冬ソナ」。やはり作り手のおもしろいものを作ろうという素直な思いが伝わってきます。感情をストレートにぶつける国民性の違いも楽しんでます。ドラマの「あり得なさ」もおもしろい。3年後にもこのブームが続くことはないかもしれないけれど、韓国との文化的交流は何らかの形で残ると思います。あとから見たら、歴史的なブームかもしれません。

笑える楽しさがあるnew(Danzen・パートナー有)

つい最近から「冬のソナタ」など再放送ものを見るようになりました。あらすじや人物の行動・服装があまりにも不自然な部分などあり、友人とメールで突っ込み合いながら楽しんでいます。この不自然さは習慣の違いからなのか、ただプロデュースの甘さなのかわかりませんが、わたしにとってはかなりの娯楽番組的位置付けです。アメリカのコメディドラマが好きですが、韓国ドラマは違った、笑える楽しさがあります。

録画して何度も見ていますnew(Hannah・東京・パートナー有)

ぺ・ヨンジュンさんの大ファンになった「冬のソナタ」にはまっています。BSでやっている時は興味もなかったのですが、一度見たらビデオに録画して何度も見ています。日本人の忘れた気持ちを思い出させてくれるドラマだと思います。

韓流熱風はしばらく続きそうnew(hidy・神奈川・パートナー有・44歳)

20年前に韓国に興味を持ったころ、こんな日が来ようとは思いもしませんでした。今、扉が開いたような思いで、韓国ドラマも映画も観ています。当初はペ・ヨンジュンブームだけで終わってしまうのかと思いましたが、この韓流熱風はしばらく続きそうに思います。

ドラマの魅力は何かと問われれば、個人的には、俳優から醸し出される知性と肌の美しさ、敬語の存在に引かれます。俳優の社会的地位が高いせいもあり、全国から選りすぐりの人が集まっていることもあるのでしょうが、俳優たちのインタビューの受け応えは的確で内容が濃いと思います。また、わたしの世代にはまだ目上の人に敬語を用いる儒教的なところは残っていますから、敬語があまり使われない欧米ドラマよりも、共感しやすいのです。

さらにインターネットの反応に応じて変わる脚本も一因だと思います。日本の映像や音楽は洗練されていて、「自然」に見せる演技の在り方もすばらしいのですが、1クールの回数が少ないので、見る側の気持ちが反映されることは少なく、どうしても制作者側が独善的であるような気がします。

今後、韓国ドラマ制作の良いところと、日本の洗練された技術を組み合わせると、よりすばらしい作品ができるように思います。韓国での日本の文化が全面開放になり、対等な関係になってからの日韓合作ドラマが非常に楽しみです。

百恵・友和の再来のよう(宮城・パートナー無・40代)

「冬ソナ」で代表される韓国ドラマは、わたしがまだ学生だったころの三浦友和さんと山口百恵さんの赤いシリーズの再来と思っていたら、そのころの日本ドラマを学んだ方々によって、今の韓国ドラマが制作されていると聞いて納得しました。最近の日本のドラマは、「古き良き時代の人と人とのつながり」を大切にするようなドラマが少なくなってきており、それを懐かしむ人たちが韓流ドラマに熱中しているような気がします。今は、「冬ソナ」の2回目を楽しみながら、「ナイスガイ」も欠かさず見ています。

韓国語はドラマで覚える(wakano)

大きな声で「はいっ!」って返事が必要なくらい、わが家の生活に入り込んできています。ドラマを見ていなかった時の生活とは一変したように思います。母が「冬のソナタ」でペ・ヨンジュンさんにはまったことでわが家にDVDレコーダーやデジカメが入り、ブロードバンド化が始まり、ケーブルテレビをデジタル化し、韓国や東京への旅、映画にも出掛け、縁もなかった多くの雑誌・新聞を買い、見るホームページも増えました。「韓国語講座」3種類を4月から始めましたが、あまり身につきません。ドラマの言葉を耳にしていたほうが少しは覚えられる感じです。

これらはぺ・ヨンジュンさんの影響で、わが家のヨンゲル係数はかなりのものです。NHKの財政難を救ったのもうなずけます。わたし個人としては、それ程はまっている訳でもないのですが、母にとっては幸せなひとときを運んでくれる王子様なのだと思います。「冬のソナタ」は昔の日本のように、テンポがゆるやかで見やすく、遠く離れてしまったものへの郷愁と、日本にはない新鮮さとを両方楽しめるのとで、これ程魅了されたのではないでしょうか。

どこか控えめで純真無垢な雰囲気(mameminto・兵庫・29歳)

韓国の俳優・女優さんたちは、同じアジア人として親近感があるので、韓国の映画やドラマは溶け込みやすいように思います。その上、ストーリーが古き良き日本ドラマを感じさせてくれます。「冬のソナタ」では登場人物の心の微妙な動きや、切なさの描写がすてきでした。出演者たちも、どこか控えめで純真無垢な雰囲気が、親しまれる要因かもしれませんね。それに比べて、日本の人気俳優や女優さんたちの多くは、モデル出身で欧米人のようなスタイルだったり、一般人とかけはなれたきれいな顔立ちだったりで、あこがれは抱きますが、親近感が湧きにくいように思います。

NO

吹き替えが妙な感じnew(中裕・東京・パートナー有・39歳)

日本人とよく似た韓国人俳優が吹き替えで日本語を話しているのを見ると、画面の唇の動きと台詞が合っていなくて、どうしても妙な感じに聞こえます。いっそのこと字幕のほうがしっくりきます。

ドラマよりドキュメンタリーに興味あり(月の猫・神奈川・30代後半)

日本人にありがちな一過性のブームだと思います。正直、3年後にもこの状況があるとは思えない。たしかに異文化に触れるという意味ではいいのかもしれないし、そういう点ではドラマというのはとっつきやすいかもしれない。でも、加熱したブームは冷めやすいという日本の体質を考えると、手放しに歓迎はできないと思います。わたしは、韓国のドラマよりは、韓国のドキュメンタリーなどのほうが興味があります。

映画なら何度か見たことがあるが(donkun・22歳)

恋愛よりアクション系のものが好きなので、ちまたで話題の『冬のソナタ』にはあんまり興味が持てません。韓国映画なら何度か見たことがあります。映画のほうがテンポもいいし、まだ楽しい。それでも以前に比べて、いろんな国の映画やドラマが見られるようになったのはとてもいいことだとは思います。ただ、あんまり偏り過ぎても困るような。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ますます膨らむ韓流への期待

多くのご意見をありがとうございました。今回、韓国ドラマを楽しみ、韓流に関心をお持ちの方が多いことを実感しました。韓国ドラマで癒されたり、サトリンさんのように国民性の違いを探ったり、Danzenさんのように「あり得ない」部分をあれこれ突っ込むことにはまったりと、ドラマの楽しみ方もいろいろ。そして、多くの方々が韓国の社会や文化、韓国人の行動様式や価値観などに関心を広げていらっしゃることも印象的でした。

猛暑の一週間、続々と韓流スターたちが来日し、韓流の熱気は一層高まったようです。知性と肉体美を兼ね備えた韓流スターたち。高学歴で向上心旺盛、礼儀正しく頼もしい魅力的な韓流スターたちを追うファンもマスコミもオーバーヒート気味! すでに「冬ソナ」ブームだけに留まらず、ほかの韓国ドラマや映画、韓国スター人気へと広がって、hidyさんが予測なさるように、韓流熱風は当分吹き荒れそうな模様です。こんな時代が来ようとは……サトリンさんのおっしゃるように「歴史的なブーム」なのかも!

去る7月21・22日、韓国の済州島で日韓首脳会談が行われましたが、韓流を巡る報道ほどホットな話題にはなりませんでしたよね。今はもう政治や外交よりも民間交流、大衆文化交流中心の時代なのかもしれません。

韓国でも、今年からケーブル放送で日本のドラマが放映されるようになりました。反応はいまひとつのようですが、以前から若者を中心に日本のアニメや漫画、J-POPなど、日本の大衆文化は根強い人気があり、日本語学習熱も高く、日本に関心の高かった韓国。日韓共催のワールドカップを経て、今度は日本で「韓国をもっと知りたい」という気運が高まっているのです。相手への関心のベクトルが、片思いから両思いの時代になったといえるかもしれません。

一時期なブームで終わることなく、両国でお互いの国のドラマがもっと放映されるようになり、スターたちが行き来して活動するようになればいいですね。できれば、韓国ドラマは韓国語で、日本語字幕付きで見たいですよね! 生の声で、敬語や親しみのこもった話し方や表現など、そのまま接すれば、吹き替えとは違った印象を受けると思います。日韓合作ドラマ制作、プロモーション活動など、日韓が共同で進める機会も増えれば、それに伴ってさまざまなトラブルも生じるでしょう。でも、日韓両国がお互いの文化を尊重し、共存共栄する時代が、日本の中にも韓国語が飛び交う時代が来るかもしれない……韓ドラ熱、韓流への期待はますます膨らみます。

磐村文乃

磐村文乃

静岡大学韓国語非常勤講師

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english