自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/1/26(月) - 2004/1/30(金)
1日め

テーマお鮨ならここ!と決めている店がある

今日のポイント

「鮨好き」がこだわる店選びのポイントを探る

キャスター
神田久幸
神田久幸 プレジデント社 企画編集本部部長

日本人は大の鮨好き。鮨が食べたいというとき、みなさんの頭には何が思い浮かぶでしょうか。あ行で始まるネタには上ネタが多いと言われます。あわび、いくら、うに、海老、大トロ……と生唾がこみ上げてくるものばかりですね。

いや、同じあ行でも、あじ&あなご、いか&いわし……と親しみやすいネタのほうが好きだ、という方もいらっしゃるかもしれません。江戸前の握りといえば、ヅケにあなご、それに締め加減絶妙なこはだと玉子焼きが看板商品ですが、そういうことにとらわれずに鮨を楽しむのが、いちばんいいですね。

わたしは、仕事柄、「食」に深くかかわってきました。鮨は鮨ダネとシャリ(それにわさび)からつくられるシンプルな料理なのに、鮨屋を食べ歩いてみると、店ごとに味わいが違います。

回転すしはともかく、暖簾(のれん)を掲げている店となると、かなりのお金をとられますから、おいしく食べないことにはもったいない。カウンターで職人と対面しながら食べるために、どうしても相性の良し悪しが出てしまいます。ですから、顔なじみの店をつくることは、鮨の賢い食べ方である、ということもできます。

そこで、「お鮨ならここ!と決めている店がある」というテーマでお聞きしたいと思います。「お店を決めている」という方は、どんなところを評価のポイントにしているのでしょうか? 「とくに決めていない」という方は、まだいいお店に出会っていないからなのでしょうか? みなさんの生活の中での「鮨」の位置付けも気になるところです。ぜひ、いろいろなご意見をお寄せくだい。お待ちしております。一週間、よろしくお願いいたします。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english