自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/1/26(月) - 2004/1/30(金)
5日め

テーマお鮨ならここ!と決めている店がある

今日のポイント

鮨屋選び。失敗してもあきめないで

投票結果 現在の投票結果 y49 n51 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
神田久幸
神田久幸 プレジデント社

一週間みなさんと鮨について語り合ってきましたが、困ったのは、無性に鮨が食べたくなったことです。鮨のことを語っているよりも、食べているほうが楽しいや。そういう衝動に駆られて困りました。一昔前までは「女・……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

この三軒あれば満たされる鮨ライフnew(F・神奈川・パートナー有・33歳)

会社帰りに寄れるところに一軒。ここがわたしの大本命です。カウンター越しに大将の仕事を見ながら食べています。いつもの味+季節感を両方楽しめる大切な空間です。あと、二軒目は、自宅そばの回るお鮨屋さん。ネタの鮮度と味の安定性、そしてコストパフォーマンスの点でお気に入りにランクインしています。そして三軒目は、ちょっと変わったにぎりを出してくれるお店。これは遠出をしたついでに寄っています。この三軒でわたしの胃は、こと、お鮨に関しては満たされています。たまにほかのお店にも行きますが、あまりリピーターにはなりません。やはり自分に合うお店はそうやすやすとは見つからないのかもしれません。

マグロのために三崎港までnew(morino・東京・パートナー有)

マグロなら、神奈川の三崎港まで出向きます。マグロ漁船の日本の玄関港なので、いい品が割安。「たちばな」という店が気に入ってます。

量、大きさ、味付けなどnew(MIYAさん・東京・パートナー有・30歳)

近所ならここ、銀座に行ったらここ、と決めて好きなお店があります。やはりシャリの量や大きさとか、ネタの厚さとか味付けなどが最大の決め手ではありますが、他にも、親しみ易さ、食べている時の居心地のよさも大切なポイントにしています。学生時代「おいしくて安い回転すし」にもお世話にはなりましたが、やはりおいしい上に清潔感とパリッとした雰囲気のお鮨屋さんで、板前さんと話しながら食べるという雰囲気を味わってしまうと、狭くて忙しいお鮨屋さんにはもう戻れなくなってしまいますね。

いいお値段だけのことはあってnew(まんぼうかおりん・長野・パートナー有・33歳)

長野に住んで6年近くになります。普段ちょっとお鮨が食べたいと思う時は、近所の新鮮なお魚を売っているお店で、でき合いのお鮨を買い求めることがあります。

年上の方と一緒の際、主にご馳走になる場合が多いのですが、お鮨はやっぱりあそこ、というお店があります。自分で支払うことはまずありませんが、いいお値段だけのことはあって、とてもおいしいのです。そこ以外のお店のお鮨をおいしい!と思ったことはありません。つい先日も夫の祖母宅へお邪魔した際、そのお店のお鮨を取ってくださいました。やっぱりおいしいと思いました。

高くてもいい、おいしいものをnew(栞菜・東京・パートナー有・35歳)

お鮨は、せっかく食べるなら多少高くても、おいしいものが食べたいという食の一つです。いろいろなネタをたくさん食べたいので、小ぶりで1カンずつでも頼め、さらに塩でさっぱりとおいしく食べられるお店が好きです。

お気に入りは、東急田園都市線あざみ野にある「なかむら」。イカのミミや白身、アナゴなど、塩で食べるお鮨がとても美味。肝がのって味付けされたカワハギ、軽くあぶったトロなど、ネタのよさはもちろん、ご主人の繊細な感性は女性ファンが多いのもうなずけます。予算は二人でほどよく食べて飲んで1万5000円前後です。

清潔感に日本らしさを実感(veronique・パートナー無・30歳)

お店の清潔感。ご主人の清潔感。きちんとしていて気風がよく潔いかどうか。握り方に表れるような気がします。さっそうときびきびと働くお鮨屋さんの人たちをカウンターから観察するのが好きです。日本に帰るたび、「ああ、この清潔感が日本らしさだな」と実感します。

注文しなくても好みに応じて(ozyan)

味が本当にいいからですが、加えて清潔感と静かな雰囲気が気に入っていて、ここと決めているお店があります。いくらおいしくても、生ものを食べるのに汚い感じなのは不安ですし、あまりに騒々しいと落ち着きません。なじみになると、わたしの好みに応じて、注文しなくてもあれこれすすめて出してくれ、すごく楽です。せっかくの外食は安心してくつろいで食べれるほうがいいですよね。

温度、形、酢の割合(jinglejungle・パートナー無・22歳)

お鮨が大好きです。ネタはある程度の料金であれば保証されると思いますが、シャリの温度とその酢の加減、それと鮨の形はとても気にします。シャリは温かめ、酢の香りがわかる程度が好きです。鮨の形は、小ぶりで細めのものがおいしいと思います。また、同じネタが2カンくる場合、1カンずつ違う薬味がのっていたり、たれや塩で食べられたり、アレンジをしてくれるお店は、好感度が高いです。

雰囲気、もてなし、活気も味のうち(Ten・関西・パートナー有・35歳)

わたしと夫が学生のころ住んでいた仙台で、名前を言えばおそらく誰もが知っている店。そこに10年以上通っています。今は関西に住んでいるので1年に1、2回しか行けませんが、それでもわたしと夫の間では「鮨は1年に1回、ここで食べればそれでいい」というくらいの店です。

わたしたちも最初は「一度食べてみたい」とアルバイトしてお金をためて行きました。学生だったこともあるでしょうが「こんなに旨い鮨があるんだ」と感激。今も食べるたびに同じことを思います。予約時に予算だけ伝え、刺身、一品料理、鮨を食べさせてもらいます。けっして凝った料理ではありませんが厳選された材料のせいか、本当においしいのです。先日行った際には、「契約している漁船であがった本マグロ3本のうち1本です」と、トロの刺身、カマ下の握りを食べさせてもらいました(その時のマグロ残り2本は築地に行ったとか)。

中学を卒業してすぐくらいの男の子が最初は下足番、次は注文取り、とだんだん仕事を任せてもらい、最後は板場を仕切るようになる、そんな修行のプロセスが生きています。店は本当に気持ちのよい活気があります。わたしたちが初めて行ったころに下足番だった男の子が今は昼は一人で板場を仕切り、いなせなねじり鉢巻姿で、おいしい鮨を食べさせてくれます。

わたしたちのことを覚えていてくれるせいか、子ども連れでも「どうぞ」と言ってくれるのもありがたいことです。店の雰囲気、もてなし、活気も味のうちです。決して大きな店でなく、知らなければ通り過ぎてしまいそうな店ですが、この店が大好きです。こちらは客の立場ですが、帰るときにはこちらが「ありがとう」と言いたくなります。

NO

いまだ満点といえる店には出会えずnew(小籠包・東京・パートナー有・32歳)

お鮨は好きですが、そうしょっちゅう行けるわけではないので、まだまだ修行の身です。周りの人がすすめてくれるお店に行っているのですが、まだ満点がでるようなお店には出会っていません。今のところ、立ち食い鮨がトップです。

すばらしいお店は価格も高い?(ひきひき・埼玉・パートナー有・31歳)

お手ごろな値段で、そこそこおいしい店があり、大体お鮨が食べたくなると、そこに行きます。が、もっときっと職人の細かい技とすばらしいネタが光るお鮨屋さんが世の中にはあるんだろうと思いつつ、「きっとそういうところは値段が高いかな」と思い遠慮してしまいます。

用途で使い分けて(rico3105・東京・パートナー有・32歳)

お鮨屋さんは、その日の用途で使い分けをしています。とにかく安くておいしい、味勝負ならば、築地まで行くし、雰囲気、接待では銀座の名店に行きます。また、ワインやシャンパンを持ち込みたい時は、知り合いのお店に行って、板さんと一緒に飲んだり、納豆巻きのようなメニューを食べたい時は、街のすし屋さん。お鮨屋と一言で言っても、コンセプトはさまざま。お店にも迷惑がかからないように、気を付けます。

どうしてそんなに「鮨」なのか?(aim↑・山口・29歳)

鮨好きの方には信じられないかもしれませんが、わからないのです。どうしてそんなに鮨なのか。「今日鮨に行こうか」と誰かが言うと、「行こう行こう」とみんな大喜び、わたしは、えぇっ……、とがっかり。お店に行って食べるものも、かっぱ巻に新香巻、エビ、タコ、玉子。そして「いなりはありますか?」。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

日本はまさに鮨天国

一週間みなさんと鮨について語り合ってきましたが、困ったのは、無性に鮨が食べたくなったことです。鮨のことを語っているよりも、食べているほうが楽しいや。そういう衝動に駆られて困りました。

一昔前までは「女・子どもが来るところじゃないよ、うちは」と江戸っ子気質を剥き出しにし、粋を気取る鮨屋の親方が結構いたものでした。いまでは女性(と子ども)に支持されない鮨屋は、客足が遠のくばかり、ではないでしょうか。数人の方から指摘がありましたが、こと女性に好かれる店となると(それは女性に限定しなくてもいいことかもしれませんが)、店内や職人さんが清潔であること、ネタやつまみの種類が豊富で、ほどよい腹具合で食べさせてくれることなどが、大切なポイントになるように思いました。

ファストフードとしての鮨のコンセプトは「うまい、安い、早い」でしょう。回転すしだけなく、立ち食い鮨も登場し、港町にはとれたての魚を良心的な値段で出している鮨屋があります。日本はまさに鮨天国。それだけでなく、「凛(りん)とした空気感がある空間で、五感で喜びを味わいながら、特別なひとときを過ごす」ような鮨体験ができる鮨屋もまた少なくありません。ですから、みなさんが「マイ鮨屋」と出会うことができたらいいなあと思います。

「マイ鮨屋」とはとびきりの一軒、ベストマッチを言うのではありません。使い勝手がいい&普段使いできる鮨屋……それなら、見つかりそうな気がしませんか。鮨屋選びに失敗することもあるでしょう。ただ、そこであきらめてしまわずに、知人・友人のクチコミ情報や、鮨好きの人に案内してもらうなどして、ぜひいい鮨屋と巡り合ってください。

神田久幸

神田久幸

プレジデント社

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english