自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/6/7(月) - 2004/6/11(金)
2日め

テーマ「地産地消」を意識していますか?

今日のポイント

地産地消=地元生産-地元消費。今見逃せない動きです。

投票結果 現在の投票結果 y56 n44 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
古旗照美
古旗照美 管理栄養士

たくさんのご投稿ありがとうございます。ウッキーウッキーさん、big5さん、しまこさんがおっしゃるように、その土地で穫れたものを新鮮な状態でいただくことは、とてもカラダが喜ぶことと思います。食べ物は、そ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

ミネラルウォーターを考えてみると(みちこ・神奈川・25歳)

最近気にするようになりました。ミネラルウォーターなど、わざわざ外国から持ってくることによって、輸送コストがかかって環境にもよくないと聞きました。ほかの食材についても、これから考えてみたいです。

自分で食事を作るようになって、痛感(さほひめ・関西・パートナー有・26歳)

「地産地消」は大切なことだと思います。地元で取れた作物を食べることが、どんなに幸せなことなのか。10代のころには思ってもみなかったおいしさに出会えること。現在自分で食事を作るようになって、痛感しています。

自分の体質に近いものを取り入れる(ウッキーウッキー・静岡・パートナー有・42歳)

その地で育った農産物や畜産物も、その地の気候風土や育てる人の気質の影響を受けるでは、と思います。地元のものを食べるということは、自分の体質に近いものを取り入れるというような気がします。地産地消は、その地の人に合った生き方だと思います。

他の土地のおいしさを日本中で(月の猫・神奈川・30代後半)

意識はしていますが、完全実施には程遠いと言うのが現状です。土のついた野菜はおいしい、旬の野菜はおいしいといいます。たしかにそうです。でも、北海道から送られたアスパラガスは、直径が2センチくらいでとってもおいしかった。関東ではまず手に入らない太さとみずみずしさでした。それを考えると、各地域にあった品種や生産方法があり、それを日本全国で食べられることのほうが、おいしいものを食べられて幸せなのではないかな、と思います。

故郷の経済に貢献したい(big5・東京・パートナー無・31歳)

わたしは、自分の生まれた土地で作られた作物が一番自分の体にいいと信じているので、多少値段が高くても故郷のものを買うようにしています。迷信かもしれませんが「鰯の頭も信心から」と言いますし、微力でも故郷の経済に貢献したいなと思っています。

「地のもの」が一番適している(しまこ・京都・パートナー有・37歳)

食材を購入するメインの自然食品店が、市内、府内の農家と契約を結び、省農薬・無農薬の食品を仕入れていますので、自然と地産地消を遂行していることになります。東京から京都に店舗を移したイタリアンのシェフも「京野菜は京都で料理するのが一番おいしい。それがわかってから、東京の店に京野菜を運ぶのをやめ、京都に店を移した」と雑誌のインタビューで話していました。やはりそこで暮らす人間には地のものが一番適しているのではないかと思います。

立場により「地産地消」がさまざまに解釈(kanamassaro・静岡・パートナー有・44歳)

わたしの住む静岡県は農業が盛んな地域です。お茶、みかん、メロンなど全国的に有名な産地であるばかりでなくさまざまな農産品が身近なところで生産されています。今朝、市内で最もにぎわっている食品スーパーに出掛けました。入り口の目立つコーナーに「地場野菜」と書かれたコーナーがあります。いかにも新鮮そうな静岡産の野菜がきれいに並んでいる中に鹿児島産や埼玉産など、他県産品がいっぱい並んでいました。このス−パーにとってここは「地産地消」をPRするところじゃなかったんだろうか? 「地産地消」「スローフード」など食を見直す動きが最近とても活発に見えます。でも、このスーパーがそうであるように、小売サイド、消費者サイド、行政サイド、マスメディアの「地産地消」に対するイメージがさまざまで、いま一つ効果的に浸透していないような気がします。今回をきっかけとして「地産地消」を考え直してみたいと思いました。

旅先では意識して購入するが(ふろすと・兵庫・パートナー有・42歳)

「地産地消」がいいことだとは思いますが、なかなか普段の買い物では意識に上りません。ついつい値段を見てしまうし、産地もそんなに大きな字で書いてないことが多い。観光で訪れた道の駅や田舎の無人店舗にある野菜や果物だと、「産地直販だ」「もぎたてだ」と、少々高くても買うのですが、これはやはり旅という特別な場所だからでしょうか。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

その土地で育ったものをその土地の人が食べる

たくさんのご投稿ありがとうございます。

ウッキーウッキーさん、big5さん、しまこさんがおっしゃるように、その土地で穫れたものを新鮮な状態でいただくことは、とてもカラダが喜ぶことと思います。食べ物は、その土地の風土や気候によって栽培できるものが異なるため、各国各地の食文化が発展してきました。そしてその食文化がつくられた何千年もの歴史の中で、わたしたちのカラダもつくられてきたのです。

つまり、われわれ日本人は、先祖が食物繊維をたくさん摂っていたので腸が長くなり、乳製品の摂取量が少な目だったので、乳糖不耐性の人が約20%いると言われています。そういった意味からも、その土地で育ったものをその土地の人が食べる「地産地消」は良いことだと言えるでしょう。

しかし、月の猫さんがおっしゃるように、農家の少ない都会ではなかなか「地産地消」を体験することが難しく、日本全国の特産品を取り寄せておいしいものをいただく喜びもわかります。また、kanamassaroさんが見た「地場野菜」コーナーに他県産品がたくさん列ぶ光景も、輸送手段が発達した現在だからこそあり得ることなのですね。

ただ、みちこさんがおっしゃるように、食品を輸送することによりコストがかかったり、食品の鮮度を維持するために保存料が使われたり、排気ガスなどによる環境汚染も考えられます。その辺りについてもぜひみなさまのご意見をお聞かせください。

古旗照美

古旗照美

管理栄養士

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english