自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/9/27(月) - 2004/10/1(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ季節ごとにテーブルセッティング、楽しんでいますか?

投票結果 現在の投票結果 y23 n77 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
橘田洋子
橘田洋子 デザインディレクター

みなさん、季節に合わせたさまざまなアイデアありがとうございました。 その中で、季節の果物を上手に取り入れているという方がいらっしゃいましたね。初日に色で統一感をというお話をしましたが、果物や野菜で色……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

果物に合わせた器選びから、季節を感じます(hiromik・東京・パートナー有)

些細なことですが、毎日、朝食に季節の果物を出します。多くの野菜がオールシーズン店頭に並ぶ昨今、果物の旬には季節の移り変わりを感じることができます。朝、果物に合わせて器を選ぶのも、一瞬の楽しみです。

ガラス器から陶器に変えました(DEYOKO・海外・パートナー無)

テーブルセッティングを季節ごとフルに変えるには、金銭的にも収納スぺースの関係でも不可能ですが、器や皿、花瓶をガラス製のものから陶器のものに変えました。部屋に飾る一輪挿しにさす花も、秋のお花になりました。

器ではないけれど、こんなものをデコレーションに(minapyon・オランダ・パートナー有・35歳)

1年前からオランダ住まいです。水路に面した庭付きのローハウスなので季節感が手にとるようにわかる上、花の値段が非常に安いので、季節の花や、飾り付けを楽しんでいます。こちらの人はガーデニングやテーブルセッティングがとても上手。秋はさまざまな色や形の木の実やかぼちゃをデコレーションしている家が多いですし、夏はテラスで食事やコーヒーを楽しんでいるのですが、きちんとクロスを掛け、花を置いて家の中と同様にお庭も手入れをしているんです。どこのお宅もすてきですよ。

食器部屋が必要?(ラムネ&タマ・神奈川・パートナー有・34歳)

食器を変えたり、テーブルブーケを変えたり、もちろん食材も。楽しいですよね。わたしの理想は四季やイベントごとにテーブルウェアをそろえたいというものですが、一番の問題は収納場所。「食器部屋」が必要ですよね。ゆえに一生の夢となりそう……。現在はデパートや雑貨屋さんを見て歩いてこの欲求を満たしています。

食器が大好きなんだけど……(ななし・パートナー無・25歳)

友達と一緒に家でご飯を食べる時は特に、季節感を意識しています。食器類が大好きなのですが、今は種類豊富にそろえられる経済状態ではないので、まだまだだと思っています。こう考えているうちは力が入っているな、と思います。自然に楽しめるようになりたいです。

NO

食材や料理の彩りにあわせた器に(mamarin)

年末年始を除いて、特にテーブルセッティングを季節で変えるという発想がありませんでした。ただ食材だけはその季節のものを使うようにしていますので、自然とそれに合った器や料理の彩りになっているくらいでしょうか。

旬を知らない時代、セッティングだけでも……(tomo1002・愛媛・パートナー有・25歳)

お恥ずかしい話ですが、わたし、食べ物の「旬」をまったく知らないのです。今の時代、トマトもなすもほうれんそうもりんごも何でも、年中お店に並んでるでしょ? だからこそ、せめてテーブルセッティングだけでもと思うんですが……。

いろいろ持っているのに、結局いつも同じものを(stardust)

季節を意識するのは、夏ぐらいでしょうか。ガラスの食器やはし置き、涼しげな素材のランチョンマットなど。夏を演出するのは結構簡単というか、入りやすい。食器も小物もいろいろ持っていても、結局使うのは“いつも同じもの”。季節感より、自分のお気に入りのものが優先されてしまいますね。四季折々の季節感を演出できる風流さ、身に付けたいものですね。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

知ってると、ちょっとうれしい器の活用法

みなさん、季節に合わせたさまざまなアイデアありがとうございました。

その中で、季節の果物を上手に取り入れているという方がいらっしゃいましたね。初日に色で統一感をというお話をしましたが、果物や野菜で色の演出するのも一つの手です。ポイントは、ダイナミックに、色の塊となるように飾ることです。

その日に使わない材料で、冷蔵庫に眠っている物も総出演。緑なら緑のもののみ、赤なら赤のものというように、なるべくまずは、同じ色のものをたくさん大きな器に盛って見るとよいでしょう。果物だけでなく、野菜も一緒に使ってあげてくださいね。愉しく、手軽な演出法です。

器使いのなかで、多分一番皆さんが使っていない、もしくは苦手なのは、「漆」の器ではないでしょうか? 手入れが大変だし、お正月などの和のイメージだし……押入れの奥に眠らせておくとますます出すのが面倒になるものです。できれば、日常のテーブルに登場させてあげてください。

苦手な方のための簡単な活用法を紹介しましょう。

まずは、漆器にも種類がいろいろあって、材質表示の紙が入っている場合には、よく読んでみてください。

天然木ではなく、木質といって、木の粉を固めて器にしたものは、洗浄や乾燥に強く、比較的丈夫にできています。

日常使いには、うってつけです。また、塗り(塗装)の方法の中でも、漆といっても本漆ではなく、ウレタン塗装の商品は、さらに、手入れが楽です。残ったおかずと一緒に、そのまま冷蔵庫に保存しても、大丈夫なくらいです。ぜひ、手始めに,そんな手軽な材質の漆器から、活用してみましょう。

洋風のお皿の下のランチョンマット代わりに、漆の折敷やお盆を活用したり。重箱も、おせち料理を入れるものと思わずに、松花堂弁当をイメージして、お重の中に、小さな小皿や小鉢をいれて、いろいろなおかずを盛り合わせてみたり……と、陶磁器と漆、ガラスと漆、洋食器と漆という風に、異素材、東西のものを組み合わせて使うと、モダンで、ちょっとおしゃれな食卓になります。

なお、陶磁器と一緒に使うときは、お皿の下の糸底や高台などをちょっと紙やすりでけずっておくと、あわせて使う漆器に、傷がつきにくくなります。

それでは明日も、さまざまな自慢の器や活用法をお待ちしてます。

橘田洋子

橘田洋子

デザインディレクター

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english