自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/5/16(月) - 2005/5/20(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマ子どもにスナック菓子を食べさせない?

投票結果 現在の投票結果 y39 n61 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

ごまちゃんさんの「子育ての先輩の対策を楽しみに」というプレッシャーを背に感じております。うちにも、小学4年生の子どもがおりますが、自分のお小遣いを持って、コンビニで気味の悪そうな駄菓子を買うことを、止……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

おやつはサツマイモや果物(ごまちゃん・横浜市・パートナー有・41歳)

2歳の息子を含め我が家(家族3人)ではスナック菓子は食べていません。子どものおやつはサツマイモや果物、ヨーグルト(甘くない)などにすることが多いです。祖父母にも子どもにやたらに菓子類を食べさせないよう釘をさしています。ただ、保育園のお友達がいろいろ食べているのを見て、せがまれるのは時間の問題です。スナック菓子のだらだら食いは虫歯や肥満を招きますので、今週は子育ての先輩の対策を楽しみに読ませていただきます。

添加物や指定成分に注目(mladybird・東京・パートナー無・27歳)

自分の子どもはまだいませんが、友人の子どもなどには、おやつとしてフルーツをあげる程度で、スナック菓子などは絶対にあげません。みなさんは、お菓子の箱や袋に記載されている食品添加物や指定成分の一覧を見たことがありますか? 指定成分とは、石油化合物や、薬品が原材料となってできたものが多いのです。身体の大きな大人が毒性物質を少し摂取するのと、子どもが摂るのとでは大きな違いです。電車の中などで、子どもにどんどんお菓子を与えている親を見ると、ゾッとします。

オーストラリアでは子どもの肥満が問題に(Kiwiana・オーストラリア・パートナー有・45歳)

私には子どもがいませんが、いたらなるべく食べさせないようにしたいと思います。今オーストラリアでは子どもの肥満が大きな問題になっています。こちらでは給食がありませんから、子どもたちはうちから持っていくか、学校の売店で買います。それを見ていると、昼ごはんがポテトチップス一袋とか、チョコバー一本とコーラとか、そういうのが珍しくありません。学校の中にコーラの自動販売機があるところもたくさんあります。本当に悲しくなり、早くやめてほしいものだと願っています。

なるべく手作りのものを食べさせたい(pink coral・東京・パートナー無・21歳)

私はまだこどもを持つ気はないが、自分のこどもができたらなるべく手作りのものを食べさせたいと思っている。実際私が小さい頃、母親はより安全なものを、と合成添加物の多いスナック菓子などはたまにしか食べさせなかった。体がしっかりできあがるまでは油も塩分も多い高カロリーなスナック菓子はあげない方がいいと思う。たまにご褒美のように食べられるくらいの頻度が良いのではないか。

NO

「食べさせない」のは不可能(だんごまま・奈良・パートナー有・42歳)

食べさせたいわけではないですが、現実的に「食べさせない」ことは不可能なので、NOにしました。親も晩酌でチップス等をつまむし、子どもだけに食べるなと言っても酷。美味しいですし……(;^_^A 。保育園でも、少しですが、スナック菓子が、手作りのおやつに添えられて出ていて驚きました。家で買ってやらなくても、お友達の家や、習い事で会うお友達と交換して食べてるし……。食べすぎはよくないと思いますが、現状では「食べさせない」のは不可能です。

よそでだけ食べて、持ち帰らない(ありる)

子どもは5歳・3歳・0歳です。特に避けることもなく、特に勧めることもなく、スナック菓子とは付き合っています。ただ、自宅に買い置きをしないし、親がそんなに好きではなく買わないので、食べるのはよそでだけ。その程度のメリハリがついていれば、特に規制をする必要はないかな、と思っています。自分で買うようになれば一度に食べる量の制限は必要になると思いますが、見ていると、もともと薄味家庭なためか、スナックの味の濃さが飽きるようで、「持ってっていいよ」と言われても持ち帰ったことがありません。よそでだけ食べて、持ち帰らない。これだと相当に量が抑制されるし、たまに食べる機会も楽しめるので、我が家の子どもには合っていると思います。

現代の食とうまくつきあっていくために(AK・東京・パートナー有・39歳)

私自身は「婦人の友」や「暮らしの手帖」を愛読するカタめの母親をもち、「母親の手作りおやつ」で育ちました。カップラーメンも大学に入って課題で徹夜して初めて食べたくらいですし、ガムも車の酔い止め以外は与えられなかったのでいまだに風船ガムをふくらませることもできません(笑)。こういった経験もふまえて、私自身は自分の子どもたちには、スナック菓子も与えるし、小学4年の子にはコンビニで自分でお菓子を買うことも認めています。同様にゲームもたまごっちも、一定のルールのを守る前提で与えています。それは子どもたちがごくごくプレーンに、現代の生活に存在するものたちとうまくつきあっていく術を自然に身につけてほしい、と考えているからです。ただしそのためには、食べ物であれば、食べ物に関してのさまざまなことを伝えている、というのが前提だと考えています。手作りのお菓子を一緒につくったり、食材選びからはじめて一緒に餃子を包むとか、ゆっくり煮込んだスープの味を楽しむとか、そういったさまざな体験とともに、ファーストフードのおいしさや、スナック菓子の楽しさ、さらには食すべき適正な量を一緒に考えていければと思っています。

適度に楽しませてあげたい(ウエチン・神奈川・パートナー無・28歳)

私の子ども時代、両親によって、スナック菓子や合成着色料を使用した食品は厳禁とされていました。しかし、禁止されたお菓子が子供心に心底魅力的に見え、自由に食べている友人が羨ましくてたまりませんでした。もちろん、両親が私の健康のためを思ってくれたのはわかります。しかし、あの妙なコンプレックスもまた忘れられません。私が育児をする立場になったなら、適度に流行のお菓子を楽しませてもあげたいな、と思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

楽しくて美味しい、でも食べさせたくない

ごまちゃんさんの「子育ての先輩の対策を楽しみに」というプレッシャーを背に感じております。うちにも、小学4年生の子どもがおりますが、自分のお小遣いを持って、コンビニで気味の悪そうな駄菓子を買うことを、止めることはできない状況になっております。

私も子どもの頃は、今思えば、毒々しい色のついた駄菓子を食べていたものです。今ほど法的なルールも十分に整っていない時代、甘味料のチクロや合成着色料が話題になった時代を成長してきましたが、元気に生きています。残念にもAKさん(ごめんなさい、風船ガムのくだりでは、笑ってしまいました)には味わえなかった思い出です。

AKさんやウエチンさんがおっしゃる「スナック菓子や駄菓子の楽しみ」というのは、確かに大事にしたいものですね。ただ、やはり「健康のためには、できるだけ食べさせたくない」というのは、皆さん共通意見のようです。さらに問題は、悔しいかな、美味しいこと。だんごままさん、確かにチップス、食べ出したら後を引きます。スナック菓子や駄菓子は、楽しく、美味しい。でも、食べさせたくない、その葛藤に悩む母の姿、よくわかります。

皆さん、それぞれに我が家のルールをお持ちのことと思います。しかし、いかんせん、お友達との関係、保育施設でのおやつの時間など、ルールをどこかで崩さなければならない時がありますね。そんな時、かたくなに我が家のルールを押し通すのか、その場に合わせるのか、微妙な選択を迫られるときがあります。そんなとき、どうていらっしゃいますか?

お子さんの年齢によって、事情は異なることと思いますが、我が家の対処法、また、我が家のおやつのルール、ドシドシ教えて下さい。

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english