自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/5/16(月) - 2005/5/20(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ子どもにスナック菓子を食べさせない?

投票結果 現在の投票結果 y40 n60 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
道畑美希
道畑美希 フードコンサルタント

スナック菓子大好き! バリバリ食べているよ! という声が聞こえませんでした(nchさんのご主人様だけでしょうか)。皆さんのご意見のほとんどから、スナック菓子を食べさせることへの後ろめたさのようなものが……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

生協のチラシで食品の勉強を(あきんぼ・東京・38歳)

子どもが生まれたころから10年ほど、菓子を含めた食料の95%を生協で調達していました。生協では、食品添加物、生産者の顔が見えない食品の恐さを勉強できるチラシが入るので、それに基づいて子どもに説明していました。家庭で作った食べ物は、安心感があることを子ども自身が理解してくれたようで、メディアで食の安全性を扱っていると、興味深く聞く子どもの姿が見られるようになりました。子どもが小さい頃、パウンドケーキなどを一緒に作り、作る喜びを教えつつ子どもの気を引いた事もありますが、できたての菓子のおいしさと作る楽しさを知ると、スナック菓子を欲しがらなくなりました。

インスタント食品の害を、言い続けていく(シモチャン・千葉・パートナー有・57歳)

家の子どもは、上が21歳で下が19歳の男子ですから、子どもとは言えないかもしれませんが、スナック菓子・インスタント食品は食べないように言っております。しかし、家計と趣味のために仕事をする女性が増加し、家庭を空けるお母さん方がいらっしゃいます。家でも例外ではありませんが、子どもが食べたい時に食事を作ってあげることができないので、お金を与えたりインスタント食品を買い置きしたりで凌いでいる家庭が多いと察します。そんな状況下で、我々大人でさえ食べてみれば美味しいと感じるこれらを食べるなと言うこと事態が矛盾しています。それでも、インスタント食品が与える害を、言い続けていかないと考えております。

本当に美味しいものを与えたい(NS・東京・パートナー有・34歳)

子どもを持ってはいませんが、持つことになったら”できる限り”食べさせないだろうなと思います。子どもは食べたいって言うだろうから、その狭間で親としては悩むだろうなと思いつつ……。私自身、子どものころおやつと言えばジャンルを問わず母の手作りがほとんどでした。それはとても美味しかったし、当時も今もありがたいことだと感謝しており、自分もそうなれたらなと思います。ただやはり、子ども心に、買ってもらえないスナック菓子はとても魅力的で(笑)たまに友達の家に行ったときに出されるととても嬉しかったのも憶えていますが。幼い頃の味覚や食に対する意識、嗜好はそのまま大人になっても変わらないように思うので、単純にスナック菓子がだめというのでなく、本当に美味しいものというのを子どもに与えられる親になれればいいなと思っています。

NO

お皿に盛って少しずつ(あるす)

禁止はしません。だめと言われたらどうしても食べたくなるものですし。スナック菓子は、一度食べだしたら癖になるように作られていますが、味が濃くはっきりしたものが多いので、袋から直接ではなくてお皿に出して少しずつ食べさせます。ゆっくり、話などしながら。テレビやゲーム、漫画見ながらは有害と感じます。手作りのおやつを出したり、一緒に作ってみたりするとそっちのほうがずっと喜ぶし、スナック菓子だとがっかりするようになったりします。

質の大切さについて話しています(nch・神奈川・パートナー有・43歳)

YESの方の意見には、頭が下がります。気持ちは、「わたしもそうなの!」なんだけど現実は……。だって、夫が大好きなのです。私は、家族の中では抵抗勢力として頑張っているつもりですが、「たまにはいいんじゃない!」って思います。これだけ世の中にお菓子が豊富に揃っていればどんな味がするのか試したくなるものです。あとは、けじめが大切だと思って毎日努力! その類を食べ続けるから味覚がおかしくなってしまったり、どこかに影響がでてくるのだと思っています。子どもと「このスナック菓子には化学調味料がいっぱいだね」とか「身体に悪そうな色素だよね」と話したりして質の大切さを話しています。こんな我が家の状態はYESの方には許せないでしょうね〜。

小中学生になったら自分で判断を(とよがみ・茨城・パートナー有・27歳)

手作りのお菓子に憧れますけど、実際には、おやつにそれだけの時間をかける余裕がないので、スナック菓子を利用したいと思っています。私自身も好きでたまに食べるので、子どもだけ我慢させるのはできません。ただ、食べ過ぎには注意させようと思います。小学生や中学生になれば、食べ過ぎで身体への害があることも分かるようになると思うので、そのころに成分のことなども教え、自分で判断させたいと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

いろいろな食体験を通し学ぶことの大切さ

スナック菓子大好き! バリバリ食べているよ! という声が聞こえませんでした(nchさんのご主人様だけでしょうか)。皆さんのご意見のほとんどから、スナック菓子を食べさせることへの後ろめたさのようなものが感じられました。でも、そんなに目の敵にするものでもないように思います。楽しく、美味しいもの。スナック菓子を否定するではなく、AKさん、syuraさん、yumitaroさんのように、いろいろな食体験をさせ、いろいろな味を学ばせた上で、スナック菓子を始め、さまざまな食べものとのつきあい方を覚えていくというのが、無理のないやり方だと私も思います。

AKさんがいみじくも「現代生活に存在するもの」と書かれていますが、私たちの今の生活は、スナック菓子やインスタント食品にお世話になることなしには、成り立たないものとなっています(毎日食べるという意味ではないですよ)。嗜好、栄養、また経済や時間、手間のことも考えて、何を選択していくか。子どもがいずれ成長したときには、自分で考えなくてはならない問題です。そのときのために、今私たちが子どもたちに与えるべきこと、それが食育なのだと、思います。

世間でいう食育とは、命の大切さを知るために農業体験や調理の実習などに視点が置かれています。確かにそれも大切です。が、それ以上に大切なのは、スナック菓子など「現代の食品」への知識を学ぶことだと思います。特に、「現代の食品」の多くは、技術や科学によってできることが多いですが、いかんせん、科学や技術が食品とくっつくと、なぜかけ嫌いされる傾向が強いと感じます。そうではなく、現代の食生活を支える科学や技術をもっと身近に感じ、学んで欲しいと考えています。「炭酸で骨が溶ける」を鵜呑みにしない大人に育って欲しいのです。

スナック菓子から食育まで飛んでしまいましたが、1週間楽しませていただきました。ご投票、ご投稿ありがとうございました。

道畑美希

道畑美希

フードコンサルタント

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english