自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/6/20(月) - 2005/6/24(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ黒い食品を摂っていますか?

投票結果 現在の投票結果 y66 n34 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
古旗照美
古旗照美 管理栄養士

なかのっちさんの黒ゴマソース、kyoko-o-55さんのひじき・ゴマ・削り節のふりかけ、いろいろとアレンジができて良いですね。その都度、すり鉢やミルを使って作っていては手間がかかるので、利用頻度は少な……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

ブームに乗るのも悪くないけれど(sachamaru・東京・29歳)

私は毎日ココアを飲んでいます。ちょっと前に大ブームになってから、少し忘れられた感がありますよね。先日あるある大辞典で「寒天特集」をやっていた翌日は、スーパーで売り切れ状態でした。ブームに乗るのも悪くないですが、自分なりにコレだと思ったものを続ける方がはるかに大変だし、大切だと思っています。

黒ごまソースを重宝してます(なかのっち・石川・パートナー有・30歳)

黒ごまの食べ方。お勧めなのはごまソース。作り置きしておくと便利です。作り方は、黒ごまを煎ってすり鉢などですっておきます。そこにしょうゆ、みりん、黒砂糖、日本酒を混ぜて一度煮立たせたものを加えて混ぜるだけ。濃度、塩加減は自分の舌が一番ですから、あえて分量は書きません。これをゆでた葉野菜とまぜればあっという間に胡麻和えが出来ます。今だったら胡瓜の胡麻和えもいいと思います。和え物以外にも、ご飯にのせたり、ソテーした魚などにつけてもおいしいですよ。

精白米に黒米を少し混ぜて(kyoko-o-55・兵庫・パートナー有・28歳)

黒米が好きです。私は普段は玄米派、夫は白米派なので、炊きわけていますが、面倒だったり急いでいるときは、精白米に黒米を少し混ぜて炊いて食べています。紫色ですてきなご飯になるしおいしいです。また、芽ひじきとゴマ、削り節をミルで砕いたものを常備していて、スープや雑炊を作る際にちょっと入れたりしています。微々たる量ですが、摂取している気分にはなります。

小さい頃から教えられてきたこと(プシュケー・埼玉・パートナー有・40歳)

黒い食品の方が味に深みがあるような気がします。あんみつに黒みつをかける方が、白みつよりも風情があるような気がするし、黒砂糖はかりかりと食べて「おいしい!」と素直に思えますけど、白砂糖を直接食べる気なんてしません。黒豆や黒ゴマも大好物!! でもこれって小さいころから親に「白砂糖は骨を溶かすけど、黒砂糖は違うのよ」と言われてきたことにも関係があるように思います。また、近年の健康ブームで栄養成分の比較表を見る機会が多くありますが、黒砂糖などカロリーが高いとはいえそれが体に蓄積する脂肪とならなかったり、カリウムを多く含むなど「格段に健康に良い」ということが頭に常に潜在的にあることなども大きいのではないかと思っています。砂糖は毎日の料理で使うものだし、「同じ砂糖なら健康に良いと言われている方で……」という感じで黒い食品を摂る習慣がついていっているのではないかと思っています。

香ばしく、素朴な味(NS・東京・パートナー有・34歳)

黒い食品、大好きです。健康を意識する以前に単純に好きなのですが、昨今の健康ブームでますます食べる機会が増えているように思います(プルーンなどのドライフルーツも属するとは知りませんでしたが)。サーベイになって初めて考えてみましたが、それらの味のどういうところが好きなのか、美味しいと感じるのかというと、香ばしいというのか、素朴というのか、極めて人の手が加えられていない味がするからかなと思います。これからますます外食しても玄米や雑穀米を選べるメニュー等が増えればいいなと期待しています。

赤、黄、緑、茶……(よのすけ・福岡・パートナー有・42歳)

黒い食品は多分摂ってます。が、黒を意識しているわけではなく、季節のものをその季節に満遍なくいただいているうちに、白も赤も黄、緑、茶、と同じようにいただいているという感覚。それぞれにそれぞれの持っている力があると思うので、何か特定のものを、というのはいかがなものか……と考えています。意識しているのは精白はしていないこと。そういう意味では、黒っぽいものが食卓に上ることは多いですね。

NO

特に意識はせず(よんよん・福岡・パートナー有・39歳)

特に摂っていないと思います。のりとか、ひじきとか、そんなものしか思い浮かびません。ごくまれに食べるけれども、積極的にというわけではないし、ふとそれに気付いたときくらいです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ロハス志向な生活

なかのっちさんの黒ゴマソース、kyoko-o-55さんのひじき・ゴマ・削り節のふりかけ、いろいろとアレンジができて良いですね。その都度、すり鉢やミルを使って作っていては手間がかかるので、利用頻度は少なくなっていたかもしれません。それを作り置きし、食べたいときにすぐ食べられるようにしていることが、日常的に「黒い食品」を摂るコツの一つになっているのではないでしょうか。

また、みなさんの投稿を読んで、改めて食事は習慣だなぁと感じました。プシュケーさんがおっしゃるように、小さい頃から親や周囲の方に言われてきたことは食事に限らず潜在意識として存在したり、習慣として残っていませんか? もし、よんよんさんの食卓にも小さい頃から日常的に(味付け)海苔や黒ゴマが出ていたら、自然と摂取していたかもしれませんよね。逆に、毎日食べて飽きてしまうかもしれませんが……!? 

sachamaruさんの「ブームに乗るのは悪くないが、自分なりにコレだと思ったものを続ける方がはるかに大変だし、大切」というご意見、もっともだと思います。食べるきっかけとしては、メディアや口コミなどによる食の情報や小さい頃からの食環境が大きいと思いますが、それを継続させるためには何か別のものが必要だと考えます。みなさんはどう思われますか?

ところで、最近LOHAS(ロハス)層が増えているといわれています。ロハスとは、「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳されており、全米では成人の約三割を占めているといいます。日本でもこのところ注目を集めており、衣食住の分野で取り入れられつつあるようです。ある調査によれば、「安全性が証明されている自然に近い食材に支払ってもよい価格は?」という問いに対し、ロハス層、非ロハス層とも「1〜2割高」と答えた方が最も多かったのですが、「3割高」でも購入すると答えた方の割合ではロハス層が28%、非ロハス層が約10%と、大きな差がみられました。よのすけさんやNSさんをはじめ、今回のサーベイで「Yes」と答えた方の中には、健康を意識して自然に近い食材を選び、なおかつおしゃれに食生活を楽しむというロハス的志向の方が多いのかもしれませんね。

明日は最終日です。引き続き、「黒い食品」を摂っているかについて、そしてそれらを食べるようになったきっかけや食べ続けている理由などについても是非ご意見をお聞かせ下さい。

古旗照美

古旗照美

管理栄養士

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english