自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/2/16(月) - 2004/2/20(金)
4日め

テーマ韓国との文化の違いを感じたことがある

今日のポイント

韓国と日本。どんなところに文化の違いを感じますか?

投票結果 現在の投票結果 y94 n6 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
磐村文乃
磐村文乃 静岡大学韓国語非常勤講師

マグマ大使さんの「同化と違和感の入り混じった不思議な感覚」にうなずいてしまいました。スウさんがおっしゃるように韓国人はストレート!遠慮なくズバッと言われると、面食らってしまいますね。デパートの店員さん……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

男性にたくましさを感じる(aiaiai・東京・パートナー無・27歳)

韓国の男性には徴兵制がありますよね。だから、韓国の映画に出てくる戦闘シーンは、迫力があると思いませんか? 日本は自衛隊にでも入隊しないと、軍隊のような訓練は受けません。それはすばらしいことなのですが、日本の若手俳優の戦闘シーンの迫力は韓国のそれとは比較にならないぐらい、落ちます。文化の違いなのか、徴兵制のある韓国の男性にたくましさを感じます。儒教の思想が濃い国なので、男性を重んじたり、男性が「国を守る」という意識が高いせいもあるからだと思います。

はっきりものを言うところ(スウ・30歳)

昔、英会話スクールで韓国の女性の大学生さんと一緒になった時のことです。英会話上達のための留学が話題だったのですが、「ぜひオーストラリアにいらっしゃい!」とすすめたその日の講師のオーストラリア人の先生に、韓国のその方は、「オーストラリア英語は訛りがあるので嫌です」とはっきり先生に向かっていったのです。先生が悲しそうな顔をしたのが忘れられず、今でも鮮明な出来事なのですが、わたしは韓国旅行をした時よりも、このときの方が自分の国と違うものを感じました。

同化と違和感の入り混じった不思議な感覚(マグマ大使・滋賀・パートナー無・50歳)

ソウルの明洞辺りを歩いていると、東京の一角にいるような錯覚を覚える。どこがどう違うのかわたしには具体的に説明できないが、結局は食と大陸からの地続きという風土なのか、日本人が失ってしまったのか、民族意識は高いし、目上の人を敬い親を大切にするという儒教の教えも生きている。でも、同化と違和感の入り混じった不思議な感覚をソウルを訪れるたびに感じている。

酒のつまみは政治の話(mari_archi・パートナー無・25歳)

中国とアメリカに住んでいたときに出会った韓国人の留学生は、ごはんやお酒の席でほとんど毎回政治の話をしていました。韓国では各国の外交を把握し、自分なりの意見を持つことが常識のようです。徴兵制度がしっかりあるからか、自国を自衛する意識も高いと感じました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

メンタリティや人格に影響力のある徴兵制

マグマ大使さんの「同化と違和感の入り混じった不思議な感覚」にうなずいてしまいました。スウさんがおっしゃるように韓国人はストレート!遠慮なくズバッと言われると、面食らってしまいますね。デパートの店員さんに「お客さま、似合いません」とアドバイスされて不愉快になったり。韓国人の場合、心にもないことを言うのは相手に失礼で不誠実だと考えるようですが、相手の気持ちを慮るスタイルの日本人にはキツイ響き、コミュニケーションギャップを感じてしまいます。そうそう「ぜひ遊びに来てください」など、日本人の社交辞令も、言葉通り受け取られることがあるので注意が必要です。

aiaiaiさんやmari_archiさんが話題に挙げてくださった徴兵制。日本社会と大きく異なる点で、韓国を理解するカギになると思います。韓国の教育制度は日本と同じ、6・3・3・4制ですが、男子には満19歳になると徴兵検査の通知が配布され、健康な男子には2年にわたる兵役義務が課せられています。大学在学中に入隊するケースが多く、青春をおう歌したいこの時期に、家族や友人から離れ、ひたすら厳しい訓練に務める毎日。できれば避けたいと思うのが人情ですね。権力層の子弟の不正な兵役免除は社会問題化しています。過酷な訓練による自殺や死、入隊中に恋人にふられたり、復学しても勉強についていけないという問題もあります。

しかし、軍隊生活を通して韓国の男性は社会の一員としての自覚を学び、一生の友を得て、一人前の男になるといわれます。軍隊を経験した韓国の男性は、たくましくみえますね。徴兵制が韓国人のメンタリティや人格に、そして見守る周囲の人々の生活や意識にも大きな影響を及ぼしていると考えられます。今月13日には、韓国国会はイラクへの追加派兵同意案を可決し、4月には米英に次ぐ大規模部隊の派遣に踏み切ります。これを巡って国会前では学生や市民団体のデモが繰り広げられました。隣国のこの現実を、どう受け止めますか?

磐村文乃

磐村文乃

静岡大学韓国語非常勤講師

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english