自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/10(月) - 2005/1/14(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマスマトラ島沖地震、他人事ではない?

キャスター
竹田圭吾
竹田圭吾 ニューズウィーク日本版編集長

12月26日に発生したスマトラ島沖地震とインド洋大津波による被害は、12カ国で死者14万人を超える史上最大規模の自然災害となる様相を見せています。20人以上の犠牲者と500人以上の安否不明者を出した日本も、5億ドルの援助拠出や自衛隊の被災地派遣を決めました。

事件発生直後、たまたまアメリカにいたのでニュースを見ていたら、あるテレビ局が「ツナミ・テロリズム」という言葉を大きく使っていました。一般に政治的、思想的背景をもつ殺りく行為と自然災害を同一視することには違和感もありますが、予知し得ない無差別攻撃という点では確かに共通点があります。

テロというのは、昔から政治的・宗教的な対立に悩まされてきた欧米や中東、東南アジアの国々に比べると、日本人にとってはそれほど危機意識をもつ必要のない概念です。いくら「地震大国」の住人だからといって、渡航先の海外で自然災害に遭うことを想定してあれこれ悩むのも現実的ではありません。

一方で、グローバル化が急速に進む現状は、すべての国や地域の人々が自然災害を含むあらゆる「テロ」のリスクにさらされ得ることを示しています。多くの邦人旅行客が巻き込まれたスマトラ島沖地震は、日本人にもこれまで以上に海外での危機管理対策が求められることを象徴しているといえるかもしれません。

スマトラ島沖地震は、日本人にとってもなんらかの教訓が得られる機会だと思いますか?

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english