自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2086
共働き夫婦、家計は別々?
投票結果
40  60  
404票 615票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年02月05日より
2007年02月09日まで
円卓会議とは

荒木裕子
プロフィール
このテーマの議長
荒木裕子 月刊『マネープラス』編集長
円卓会議議長一覧
今日も多くの投稿ありがとうございました。これまでの皆さんとのディスカッションでわかったことは、家計別……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 結婚以来、完全別会計です (さえら・神奈川・パートナー有・49歳)
結婚20年のDINKSです。会計は最初から完全別会計です。決まった金額を共通の財布に入れて食費や光熱費にあてますが、それ以外、衣類や交際費などは全て各自払い、旅行に行っても割り勘、食事は互いにおごるというルールで、家のローンも完全に持分登記です。各自の資産形成は自己責任であり、互いにいくらの年収や資産があるのか、全く感知していませんが、万一の時に備えて遺書は作っておこうか、と話し合ってはいます。

yes 家の大蔵大臣任せ (あんぱんち・北海道・パートナー有・35歳)
パートナーは資金管理に口を出しません。私を信頼してくれているのだと思いますが(パートナーから見ても、無駄使いはしてないと判断しているのでしょうね)。なので、自分から今月は苦しいよとか、将来はこのくらい必要だよねとか話すようにして、毎月定期に自動引き落しで、将来のための蓄えをしています。リタイア後楽しく暮らせるために、ということはよく話しています。

no 我が家では (yukinana・香港・パートナー有・25歳)
相続・贈与や介護資金の話は、まだしていません。漠然と、数年後に私とパートナーのどちらの親と同居するかなどの話は、少しずつ出ています。幸いどちらの両親も健在でまだ若いので、いつも先に娘の教育費をどうしていくか、ということの方が話題の中心になっています。ただ、こういう話し合いをする機会は自然と増えているので、いい傾向だと思いました。

no 家族の方向性は…… (OYAOYAOYA・愛知・パートナー有・43歳)
毎月の通常の生活費はパートナーの口座から、私の給料と両者のボーナスは、まとめて将来設計や大きな買い物、海外旅行などにしてきました。パートナーはお金については基本的に何も言いませんが、私が不定期に「我が家の資産一覧」を作って知らせています。自然と家庭の方向性を理解しあっている感じです。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
『家計が別々でも、イザという時のために「資産簿」を!』
今日も多くの投稿ありがとうございました。これまでの皆さんとのディスカッションでわかったことは、家計別々・一緒いずれにせよ、納得のマイルールをお持ちの方が多い、ということ。パートナーとの信頼関係が強いのを感じます。

今日は現在のお金の管理から、少し先のことを考えたいと思います。それは万一のときにお互いのお金をどうするか、ということ。
昨日「親の介護などに備えた資産形成は?」について問いましたが、何となくしているが……や、それはまだ……の答えが大勢でした。現在はマイルールがあるけれど、将来の「万一」についてのはっきりした話し合いや準備はまだ、ということでしょう。

その中で印象的なのは、OYAOYAOYAさんの『(中略)私が不定期に「我が家の資産一覧」を作って知らせています』や、さえらさんの「(中略)万一の時に備えて遺書は作っておこうか、と話し合ってはいます」の部分。

私事ですが、5年前父が60代で急逝しました。お金のことが一括でわかるものがなく、遺った母と娘(私と姉)ではなかなか整理がつかなかった経験があります。昭和一桁生まれで公務員だった父は、娘がマネー誌を作っていても、お金のことをいちいち相談しなかった、という先日申し上げたような古いタイプの人間だったのです。
もっと早く、積極的にお金の話をしておけばよかったな、と後悔しました。

自分の体験をふまえて言いますが、人生に「万一」はつきもの。
現在は親も自分たちも健康であり、信頼関係がある……という方でもこの先何があるやもしれません。平均寿命が延びている日本では、長生きするリスクという言葉もあります。……が、それらに対して、今すぐできる対策があります。

それは最低年1回は「マイ資産簿」を作ること。
今は家計も資産管理も別々、という方は、今は見せなくてもいいから、記録を残しておく。イザとなったらここにある、ということだけ話しておけば、万一のときにお互いがラク。お互いの両親にも、記録をまとめてつけておいてね、と言っておきたいものです。

さて、早くも今回のサーベイ最後の問いかけとなります。
現状の家計管理については納得のマイルールをお持ちの方が多いので、今日は(親のことではなく)、自分の人生転機とお金について自由に語っていただきたいと思います。

今回は共働きが前提での問いから始まったのですが、例えば「仕事はいつか辞める? すると家計管理も変わる?」「離婚するかもしれない? そのときはどうする?」などについて。
今日は私の父の話をしましたが、明日は離婚の体験をふまえ、コメントを書きたいと思います。多くの投稿をお待ちしています。

荒木裕子
月刊『マネープラス』編集長
荒木裕子


関連参考情報
■ 「離婚について知りたい法律がありますか?」
単純に夫の年金の半分が分割されるわけでは……
■ 「家計は妻が管理するもの?」
経済的な自立、その意味は……
■ 「将来のお金のこと、不安ですか?」
自由になるお金、手元にいくらありますか?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english