自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/7/28(月) - 2003/8/1(金)
1日め

テーマ公的年金はアテにしない?

今日のポイント

2002年度の国民年金の納付率は過去最低の62.8%

投票結果 現在の投票結果 y76 n24
凡例
キャスター
小野瑛子
小野瑛子 家計の見直し相談センター代表

みなさん、こんにちは。7月も終わろうとしているのに、お天気が定まらず、うっとうしい日が続きますね。早く「出梅宣言」という言葉を聞きたいものです。そして日本経済も、ぜひ「出梅」となってほしいものですが……。

さて今週は、「公的年金はアテにしない? 」というテーマでご意見をお伺いしたいと思います。

7月24日、社会保障審議会年金部会に提出された社会保険庁の調査結果によると、2002年度の国民年金の納付率は過去最低の62.8%。保険料を納めていない人がなんと37.2%もいるわけです。その原因として、「市町村から国へと保険料徴収事務が移行したこと」「保険料の全額免除の要件が02年度から厳格化されたこと」などが考えられているそうです。

また、年齢が若い世代になるほど納付率が低く、20代では50%を割り込んでいるとのことです。少子高齢化社会が進む今、「自分が高齢者になっても給付されないのでは……」と懸念する若者がいてもおかしくなのかもしれませんね。

みなさんは、将来給付されるであろう公的年金について、どんなふうにお考えでしょうか。期待や願い、不安、不満など、今の思いをお聞かせください。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english