自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/5/17(月) - 2004/5/21(金)
3日め

テーマ年金未納の期間、気になりますか?

今日のポイント

政治家の年金未納問題をきっかけにわが身を振り返ってみると

投票結果 現在の投票結果 y73 n27 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
和泉昭子
和泉昭子 生活経済ジャーナリスト

投稿を読むと、年金未納の期間について、「気になる」どころか、早速自分で調べられた方が多いようですね。年金の加入履歴については、社会保険業務センターに設置されている大型コンピュータで管理されていて、年金……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

英国ステークホルダー年金は参考にならないか(aim↑・29歳)

これまで専業主婦、扶養内パート正社員と一通り少しの期間ずつ経ているので、江角マキコさんの年金未納が指摘されたころ、紙と年金手帳、給与明細を出してきて調べました。母にその話をしたところ、年金受給の手続きで社会保険事務所へ行くと、この職場で何年、こちらで何カ月、と結婚前に働いていたころのことまで瞬時にわかって驚いたとのこと。そうして簡単に履歴がわかっても、社会保険事務所へ出向いてまで調べる人はあまりいないでしょうが、ネット閲覧ではきっとまた個人情報の問題が絡んでくる。滞納を知らせる文書も圧迫感の薄いものだとか。

「給与から引かれるもの」という意識が強くて、将来の自分のためにという意識が薄いことと、高齢化に弱い「賦課方式」であることが問題だと思います。講演で英国ステークホルダー年金という、企業年金・個人年金の長所を併せもった積立型年金を知った時、日本も参考にならないものかと真面目に考えました。煮詰めてばかりいては何も始まらないと思います。

「うっかり未納」もさかのぼって救済する措置を(Usa・パートナー有・41歳)

わたし自身、3号被保険者になったことはありませんが、1号と2号を行き来した経験があります。一時期は年金番号も2つ持っていました。月末付で退職したつもりでも、実際はそのように処理されていなかったかもしれず、悪意なく、1カ月の未納になっている可能性もあります。休みを取ってまで調べに行く気にはなりませんが、足を運ばなくても調べる方法があればやってみたいです。いずれにしろ、今の制度は受益と負担の不公平さ、立場による不公平さ等に加え、何より、制度自体、非常に理解しづらく、本当に欠陥だらけだと感じます。3号の届けもれを救済する方向にあると聞きましたが、「うっかり未納」もさかのぼって救済する措置を取ってもらいたいものです。

システムの悪さが大きく占めている(urara0304・愛知・パートナー有・57歳)

国会議員にこんなに未納期間があったとは正直言ってびっくりしましたが、これが現実かという気がします。わたしも勤めを辞めて国民年金に変わるときに未納期間がありました。誰も教えてくれなくて、非常に理解しにくくてちょと不便ですね。今言われているようにもっとそれぞれの市で、ベルトコンベヤーのようにいったん加入したら会社を辞めても結婚ても自然の流れで保険料を支払えるよう、システムをあらためてほしいと思います。加入していない理由の一つとしてシステムの悪さが大きく占めていると思います。

改正は国への信頼回復にもつながる(せり・九州・パートナー無・28歳)

わたし個人は、国民年金(学生時代)→厚生年金(就職〜現在)と歩んできたので、未納期間はないのですが、年金問題には無関心ではいられません。今回の「国会議員未納事件」ですが、ニュースキャスターやジャーナリストの未納が次々と報じられ、いっそう問題の本質がぶれてきた気がします。

年金という制度そのものは、わたしは素晴らしいものだと思います。わかりやすさや公正感のある制度への一日も早い改正を期待しています。これは国への信頼感にもつながるのではないでしょうか!? 誰もが安心して老後を迎えられる国になりますように。

国民全員が自己責任で老後資金を準備(ちょこばなな・東京・パートナー有・30歳)

年金問題の不安は、考えれば考えるほど膨らんでいきます。わたしは会社勤めなので年金は毎月しっかり徴収されており、学生時代も含めて未納期間はありません。厚生年金では支払った額の2.4倍の支給があると言われていますが、わたし自身はそれだけ受け取れるのか疑問です。いっそのこと、これまで支払った金額だけを全員に返却して年金の仕組み自体をやめて、国民全員が自己責任で老後の資金を準備したらどうかな、と思います。

学生時代の10年間分を納めたい(うさみみ・神奈川)

大学院博士課程を30歳で修了、現在40代の会社員です。大学、大学院在学期間中国民年金を払っていなかったので、20歳から掛け続けていた人に比べれば、10年間の未納期間があります。当時は学生に加入を勧めることはなく、役所の窓口に行って「払う必要がない」と言われ真に受けてしまっていました。制度や支給額にはあまり期待していませんが、やはり年金は最低限の保障にはなると思います。ブランクの10年分を支払える制度が欲しいです。

個人の経済状況に柔軟に対応できるように(wave_i・大阪・パートナー無・29歳)

社会人になってからは全期間納付しているのですが、学生時代の未納期間が2年あります。さかのぼっての納付が2年間しか認められてないため現時点でこの2年分の納付はできません。納付可能期間をもっと長くして、個人の経済状況に柔軟に対応できるようにしてほしいと思います。

NO

年金は老後だけのものではない(saqra39・北海道)

年金を払っていないと困るのは自分。政治家は何かと収入があるということなのでしょうか? でも、今の年金システムはかなり複雑。だから未納期間があっても仕方がないかな、と思います。年金は老後だけのものではないということを、もっと、インフォメーションすべきではないかと思います。

未納でもいいので、国のことを考えた討論を(えつお・東京・パートナー有・45歳)

議員年金が充実しているのに、国民年金の手続きを煩雑な手間を惜しまずにするほうがおかしいかも。保険料なんか未納でもいいから、もっと国のこと、国民のことを考えた討論や、国会運営をしてくれれば文句ありません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

年金の加入履歴の照会方法

投稿を読むと、年金未納の期間について、「気になる」どころか、早速自分で調べられた方が多いようですね。

年金の加入履歴については、社会保険業務センターに設置されている大型コンピュータで管理されていて、年金手帳と本人確認できるものを持参して社会保険事務所の年金相談窓口に行けば、照会できるようになっています。会社員で厚生年金に入っている人も、自営業やフリーで国民年金に入っている人も同じ。今、各地の社会保険事務所が数時間待ちの状況なのも、自分の加入状況を確認しにきた人たちが押し寄せているからです(インターネットでは、セキュリティの問題から、今のところ個々人の納付記録をとることはできません)。

納付記録を見れば、いつ年金に加入して、どの時点で会社を変わり、どれくらいの期間専業主婦でいたか、会社員時代はどれだけの報酬を得ていたか(厚生年金の保険料は収入によって額が違うので)といった「年金自分史」がわかります。

ただ、実際には入力時点でのミスや、加入記録の脱落などで、実際とは異なっていることがあるのも、珍しくありません。Usaさんのように複数の年金手帳(年金番号)を持っていて、統一していなかったことで、年金を受給するのに必要な25年に足りず、受給資格を得られないケースもあるほどです。

そこで、一度正式に社会保険事務所に照会してみるとともに(少し混乱が落ち着いてからのほうが良いと思いますが)、aim↑さんがなさったように、記憶や手帳などをもとに、自分自身でも加入記録をつけておいて、突き合わせをすることをおすすめします。
実際に未納の期間が見つかっても、今のところは各月の納付期限から2年間しかさかのぼれないですが、この点については、これだけ多くの政治家たちが払っておらず問題視されているので、早晩もっと前までさかのぼって払えるようになるのではと楽観しています。

とはいっても、そういう手続き上の細かい見直しではなく、抜本改革をしてもらわないと困るんですけどね。明日は、自分の年金見込み額についてどの程度までわかるかについてご紹介していきます。

和泉昭子

和泉昭子

生活経済ジャーナリスト

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english