自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/11/8(月) - 2004/11/12(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマオールドエコノミーの作業現場で、女性が働けると思いますか?

キャスター
丸田敬
丸田敬 『エンジニアリング・ネットワーク』編集長

ビルや工場建設といった「男性だけの職場」と思っていた作業現場も、男女雇用機会均等法の施行とともに女性に開放されています。最近では、安全靴を履いた、つなぎ姿の女性を作業現場で見かけるようになりました。

しかし、作業現場の実態はまだまだ「男社会」です。女性用の更衣室もトイレもない現場も珍しくありません。実際、ある電機メーカーに勤務されている女性技術者が、発電所の修繕を担当して発電所社屋で打ち合わせをしていて、その6階建てのビルに女性用トイレが2カ所しかないことに気が付いて驚かされたりしています。

こんな女性技術者たちも、適齢期がくれば結婚・出産を迎えます。この時期の出来事も制度と現実のギャップを浮かび上がらせています。ある40歳代の女性技術者は、現在3人の子持ち。しかし「3回の出産で、1年間の育児休暇を一度も使えなかった」と話しています。その理由は職場への気兼ねです。「ここで1年も休暇を取ったら、職場復帰できるのか」。法律や制度的には職場復帰に問題はありませんが、実際に1年間の育児休暇を取ってしまうことは、退職を意味することもあります。男性の技術者であれば、こんな問題が起こらないのですから、気兼ねするのも無理からぬ話でしょう。

ただ女性技術者の発想が顧客に喜ばれたり、女性現場監督がプロジェクトで大きな成果を上げることも最近では増えているのは確か。フィリピンでは女性現場監督が思いきって働けるように託児所を設けている作業現場を見たことがあります。わが国では、作業現場における女性の活躍はこれからということでしょうか。

さて、質問です。皆さんは、オールドエコノミーの作業現場で、女性が働けると思いますか?

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english