自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/11/15(月) - 2004/11/19(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ時間管理、関心ありますか?

投票結果 現在の投票結果 y95 n5 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
佐々木かをり
佐々木かをり 株式会社イー・ウーマン代表取締役社長

1週間本当にどうもありがとうございました。みなさんが時間を自分の財産の1つとして考え、大切に活用していることがわかりました。今日はオランダからの投稿もいただき、イー・ウーマンによってみんながつながって……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

主婦生活の中での自己管理の難しさ(クロケット・オランダ・パートナー有・27歳)

初めて主婦生活を経験したここ4カ月で気付いたことは、何もしてなくても時間はあっという間に過ぎる、ということです。これまではずっと1人暮らしで仕事をしていたので、仕事と家事、さらに趣味の習い事をしたりで忙しい毎日を過ごしていました。最近、主婦(パートナーと同居)になり、「これで時間もたくさんできて、なんでもできる!」と思ったのですが、気が付けば、家事をやるだけで1日が終わってる、という日々。週に2日、大学で開講されているコースに通っているのですが、毎回宿題を終えるのも困難な状況。けれども私以外の受講生の方はみな仕事をされていて、さらにきちんと宿題もこなしているのです。そういえば私も、仕事をしてたときは否応なしに時間管理をしないことにはいろんなことができなかったので、てきぱきと仕事に家事に趣味に、とやっていたなぁ、と思いつつ、人間楽な方に流れるのはあっという間で、いまのこの主婦生活の中で厳しく自己管理をすることの難しさを実感しています。

目標と実現予定時期を意識することが大切(茶々・東京・29歳)

新卒で入った会社は、残業といっても20時にかかることはありませんでした。ところが、転職してから私の生活は一転し、深夜残業や休日出勤をするようになり、プライベートな時間が大変少なくなりました。

両方の生活を体験している私が思うのは、目的意識がなければ、暇な毎日だと無意味に時が過ぎていくし、忙しい毎日だと流されて時が過ぎていきます。だから、目標とそれを実現する時期を意識することはとても大切なことだと思っています。

将来の目標を立て、それには3年後、1年後、半年後、3カ月後どうすべきか……大きなことから小さなことへ目標設定をするようにしています。

でも、まだまだうまくいきません。

1日の過ごし方を管理することもすごく大切だと思いますが、疲れると無駄な時間が多くなり、そんな自分に嫌気がさすこともあり、なかなかうまくコントロールしきれてない気がして、自問自答する日々です。

目標を意識する時間を持つこと(ゆかりっくす・神奈川・パートナー有・30歳)

大きな目標のためには、その目標を意識する時間を意識的に持つことでしょうか。私の場合は、大きな目標をかみ砕いて小さな目標にするのが、どうも苦手です。目標が、いまの私にとっては大きすぎて、「どうすればそこに到達するのか?」が見えなくなってしまうのです。小さくしていって、少しずつ前進しているのに、ふと大本の目標を見上げると、やっぱりはるか彼方にあって、「この調子であそこまで行けるのかしら」と思う……。中間の段階がどうなっていくのか、全然見えていないせいで、間が飛んでしまうせいでしょうね。中間の目標も、「進んで行けそうだな」と思えるようになるとよいのですが……。

大きく考えすぎずに、いまやることに集中する(anmaru・千葉・パートナー無・31歳)

将来の目標を実現するために、その「なりたいもの」に必要とされそうなことを具体的に考えて、日々それを実行するようにしています。たとえば、「今月はこれを重点的にやろう」と決めたらとにかくやってみて、月末に自分の進み具合を確認して、また「うーん、来月は……」と考えたり。あまり目標のてっぺんを考えると、道のりの遠さに気が遠くなるので、いまできることに集中するようにしています。また、いまやりたいと思っていることを全部書き出してみると、気分的にスッキリして、何とかしてやろう!という気になりますね。

今後10年間の希望をまとめた表(ハルジオン・東京・パートナー無・31歳)

みなさんのご意見、大変参考になります。時間管理自体がまだまだ未熟な私ですが、10年の間の自分の仕事、プライベートでの現状や希望を表にしています。それを目安に1年の計画をしたり、予定していた計画を延期したりと、年に1度は見直すようにしています。

今回のサーベイに参加してもう少しこまめに計画を見直す必要があるように感じました。

子どもに時間管理を教える大切さ(空まめ・東京・パートナー有・42歳)

時間管理をするのは、夢を実現させるため、人生を楽しむためでしょうか? 私は一人娘が幼稚園に通い始めたころから、4年間で3つの資格を取りました。当時は「何才までにこの資格を取ろう」と、一応ゴールを決めていたので、時間を逆算し、それを日にちで割ることでコツコツ勉強していました。毎日本当に少しずつ、です。でも「今日はこれだけやればいいんだ」と思うと、かえって気持ちがラクになり、夢に向かって少しでも進んでいるという安心感もありました。

「どんなことでも一応期限を決めたら?」と子どもには話していますが、時間管理を子どもに教えてあげることは、一番の「子ども孝行」かもしれませんね。

自分の方向性を見失わないためにも(たーこ・富山・パートナー有・34歳)

いかに時間管理をしたらよいか、とても関心がありますし、私の今後の課題だとつくづく感じている今日このごろです。

現在固定で会社勤めという形ではなく、派遣やフリーで仕事を請けたりと、いろいろな形で仕事をしたりする中で、時間に追われて「なんで24時間しかないの」と嘆くことと、優先順位を無視してそのときやりたいことに時間を費やしてしまい、非効率な時間を過ごして自己嫌悪することがあります。また、もらった仕事をこなすことで精一杯になり、自分が何をやりたくて、どんな方向で進もうとしているのかわからなくなってしまっているのも事実。そんな中で、自分の目標を定めながら、なおかつ予定を立てて時間管理をすることによって、無駄も省け、自分にも余裕が生まれてくるのではないかなと、みなさんの投稿を読んで自分を振り返り、そう感じました。そして、アクションプランナーをぜひ活用したいなと思い、購入しようと考えています。来年(今すぐにでも)は時間管理の仕方の見直しですね。

中期的な、実現可能な目標だけを定める(K-CRAFT・東京・パートナー有・41歳)

仕事とは別に自分のやりたいことの時間を作るのが、意外と大変です。仕事の場合は期限や期待される成果、目標が必然的に決まり、そのノルマに向けて頑張ります。ところが、自分の趣味や自己研さんなどの時間は、家族とくつろいだり楽しんだりする時間をどうしても優先させることもあり、なかなかうまくとれません。いざやろうとしても、自分のことは優先順位が低いものだから、疲れてしまっていたりしますし……。夜型の生活に慣れてしまっているのですが、イー・ウーマンなどで紹介されている枝廣さんの著書などから、朝型の生活に変えようかな、なんて考えたりもしています。でも、最近は2〜3カ月くらいの、中期的な自分の実現可能な目標を定め、毎日のノルマは特定しないで、自分のやりたいことを進め始めています。目標は家族に宣言し、紙にも書いて公言しています。振り返ると意外ときっちりこなしているものです。マイペースでいろんな方のうまい時間の使い方を参考にして、自分のいろんな夢の実現に近づけていきたいものです。

自分の時間を大切に積み上げていきたい(yoko_ane・埼玉・パートナー有・36歳)

新しく学校に行くことにしたところ、そこの講師が「時間管理が成功への鍵」とおっしゃっていました。そのフレーズを聞いたとき、このサイトでも?! と思い出し、昨日早速、本屋で手帳と佐々木さんの著書を購入してきました。

思い起こせば20代のころは、1週間が記入できるカレンダーを机の上におき、その日その日にやらなくてはならないことを記入していました(その当時はパソコンなどなかったので……)。30代になり結婚し、多少自由になる収入も増え、仕事でも肩書きをもらうようになってから、逆に趣味や休日に力が入り、その日その日を無駄に過ごしてきたような気がしています。「面白おかしく自由に」過ごしてきた30代前半。それはそれで、20代のころに描いていた私だったと思います。でも、30代も半ばを過ぎ、これからは、40才に向けてまた自分の時間を大切に、積み上げていきたいと決意を新たにしています。目標に向けて、佐々木さんのスケジュール帳、活用します!!

昨日までのみなさんの投稿を読んで

自分を信じ、人に信頼され、ハッピーな毎日を過ごすためのツール

1週間本当にどうもありがとうございました。みなさんが時間を自分の財産の1つとして考え、大切に活用していることがわかりました。今日はオランダからの投稿もいただき、イー・ウーマンによってみんながつながっていることを体感しています。幸せです。

時間は、誰にとっても24時間といいますが、人によって、またそのときの自分の情熱によって、その感じ方、活用の仕方が違うことを体感します。もしかすると、時計というものさしが刻んでいる時間と、一人ひとりの人間が体感している時間とが違うものであるかとすら考えます。

私が時間管理をし始めた、独身や子供がいなかったころは、自分のもつ一瞬、一瞬を自分の役にたつように使うことで生産性をあげたかった、それが目的だった気がします。自分との約束を守り、気持ちよく仕事をしていくためだったと思います。

それが、子供が生まれてからは少し変りました。子供との時間、つまり、ある一定のつながった時間を作るために、仕事の時間管理スキルを以前にもまして追求していったのです。それで以前より忙しいはずなのに、子供との時間を作り出すことができた。幸せです。

いま、私のモチベーションは、情熱です。イー・ウーマンを成長させたいとか、子供がGivingな人になるように育てたいとか。そのためには、私自身が常にハッピーであることが大切です。ハッピーな人にしか、ハッピーなことは生み出せない。そんな気がするからです。そして、ハッピーな自分でいるために、時間を上手に使っている、ということです。

自分の人生の主役は自分で、自分の人生脚本を毎瞬つづっているのも自分。有限財産である時間を一瞬、一瞬認識して、感謝して、大切に使う。そんな気持ちで、毎日を過ごしています。

スケジュール管理ではなく、手帳を自分の「行動計画表」、つまり「アクションプランナー」として活用する。どんな長期的な夢も、行動として計画を立てれば、実現は目の前ということです。

ですから、ぜひ、覚えていてほしいことは、「上手に手帳を使うこと」とか「完璧に行動する」ことが目的ではない、ということです。自分を信頼し、人に信頼され、幸せだなあ、と感じる毎日であるための単なる1つのツールでしかないのです。時間管理してなくても、手帳を使ってなくても、幸せだなあと思えればそれでいい、ということです。

それに、もう1つ。私が時間管理を完璧にしているということもないんですよ。まだまだ「時間がない!」という毎日ですし、予定通りに進まないこともたくさん。

だから、リラックスして、楽しく時間を使いましょう。

よかったら『ミリオネーゼの手帳術』を読んでみてください。そして2005年から、私が使っている「アクションプランナー」も使ってみてください。きっと、見えてくるものがあると思います。

本当にありがとうございました!

佐々木かをり

佐々木かをり

株式会社イー・ウーマン代表取締役社長

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english