自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/7/14(月) - 2003/7/18(金)
2日め

テーマ「場」になじむのは得意?

今日のポイント

どんなバランスに「気」を使いますか?

投票結果 現在の投票結果 y48 n52 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
丹下一
丹下一 俳優

新しい「場・グループ」と関係をとっていくとき、さまざまなバランスを取ることが必要になります。たとえば、誰でも「どんなところかな? 」といったわくわくの好奇心と、「ちょっと怖いな」という警戒心の二つの気……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

どんなところかな?(veronique・独身・29歳)

人見知りしないほうだと思います。まだ見ぬ世界に対して、「どんなところかな? 何ができるかな? どんな人がいるかな?」といろいろ想像するのが好きなせいだ思います。緊張はもちろんしますが、新しい環境でも必ず見ている人は見ていて、評価してくれるから、と自分に言い聞かせて家を出ます。どんな価値が評価されるかということは、環境が変わっても、意外にも普遍的だと思います。それに新米を迎え入れる方も結構緊張しているらしいことがわかり、お互いさまだなとホッとすることもあります。

年齢を重ねる程、なじむのに時間がかかる(sfummy)

転職、習い事、交流会など、でき上がっている組織なり、グループに入っていくのは、得意とまでは言えないけれど、いつもなんとかなっています。ただ、年齢を重ねるほど、なじむのに時間がかかるようになったと思います。

自分の仕事のみに集中することで克服(sagi)

通訳です。だから時には3,000人の前で話す場合もあります。同時通訳の場合はブースにいますから全然違いますが、やはり自分の仕事のみに集中することで克服したと思います。周りを気にするからストレスが増加するのだろうと。克服したきっかけは有名な米国の女優さんが司会を務めた席でした。その方の通訳をしていて、「こんなベテランの女優さんがこんなにも緊張をし、ストレスを持つのか」ということがわかり、ならばわたしがストレスにならないわけがない、と開き直れたのです。

彼女はストレスのあまり、ワインを飲みつつ司会をしたのですが、これは仕事違反じゃないだろうか、と思いました。一発勝負ですから、ワングラスぐらいいいのでしょうか? 場をたびたび踏んでいるうちにいつしかなじむのですが、直前の緊張感は、なくてはならない儀式のようなものだと思っているのです。ラーニングカーブというか、各人でそのカーブの差はあると思うのですが、やがて身に付くと思うのです。という背景を知っていれば、今自分がストレスを感じているのは当然、あるいは自然なものであると理解すると思うのですが。

NO

新しい環境に溶け込むのは遅いほう(tarbagan・海外・未婚・29歳)

社会人経験5年の間に、2回の転職、学生時代も転向や留学、それにともなって学年が変わるということがあったので、変化があることは恐れませんが、新しい環境に溶け込むのは遅いほうです。今までを振り返ると大体春は新しい環境で本調子になるまで時間が掛かるために、憂うつな毎日を送っていて、イキイキできるのは秋口になってから、という感じだったでしょうか。でも、わたし自身の心とは裏腹に、周りはわたしのことを「環境になれるのが速い人」と思っているようです。早くなれたいという思いが昂じて、ハッタリになってるんでしょうかね。

人間は自然体でいることが大事(StraySheep・茨城・35歳)

子どもの頃から、なんとなく浮いた存在だったように思います。同年代の人たちが興味を持つことに下らなさを感じでしまっていたのです。言ってみれば「マセたガキ」だったのでしょう。見栄っ張りというのもあると思います。が、必要以上に自分をよく見せようとも思いません。自分が興味を持っていて、やりたいことには一生懸命だけれども、いやなことには金をもらってもやりたくないと言うだけ。ただ、対人関係となると、怖さが表に出てきてしまう。この気質が場になじむのを阻んでいるのかもしれません。この気質でもっとも困ったことと言えば、好きな人に対して、「好きです」と告白するのが難しかったこと。好きでたまらないくせに、そっけない態度で接してしまう。好きと言うことをあからさまには示したくないのです。でも、実際は好きでたまらない。妻とはこれで失敗したことが多々あります。でも、場になじむのってそんなに重要でしょうか? 人間は自然体でいることが大事と思います。気を使うことは必要ですが、気を使われないと人を受け入れられないと言うような「器量の狭い人」とのお付き合いは願い下げたいものです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

バランスを取る工夫

新しい「場・グループ」と関係をとっていくとき、さまざまなバランスを取ることが必要になります。たとえば、誰でも「どんなところかな?」といったわくわくの好奇心と、「ちょっと怖いな」という警戒心の二つの気持ちがペアになった状態。

Veroniqueさんは、そのわくわくエネルギーが強いんですね。新しい世界に向かうのが好き。そして、怖い気持ちを反転させる方法も持っている。すてきですね。

Sfummyさんの、「年齢を重ねるにしたがって時間がかかるように」はなぜなんでしょう。年齢とともに「場」なれするのが普通と思われがち。よりたくさんのものが見えてしまうのでしょうか。Tarbaganさんの自分の気持ちと周囲の反応のずれも興味深いですね。「場」に対する集中が深いのでしょうか。

Sagiさん、通訳者はかなりの部分で俳優と共通するものがあると思います。マスコミの現場では、時間をかけてなじんでる余裕はなく、瞬間に飛び込む勇気が必要。通訳者の方が言う「集中」は並みの深さじゃないですよね。「仕事・役割」をてこに「場」に対して自分の足元を深く掘り下げることも大事。自分に深く集中することで「場」が見えてくることもあります。ちなみに本番直前の緊張感は好きではないんですが、その先で得られるものを知ってしまったので、今でも仕事を続けています。

StraySheepさん、書き込みありがとうございます! ここでは男性からの書き込みは少数派なので(少数派の声は大事ですよね)。StraySheepさんは、自分の足元をきちんとみつめる方なのでしょうね。対人関係で「怖さが出る」とまっすぐに自分を判断。僕も「見栄っ張り」だったと思います。好きな人になかなか告白できなかったというのもよくわかるな。そして、おっしゃるとおり「気」の使い方って難しい。使うことは必要ですが、使いすぎる必要はない。
みなさんは、どんなバランスに「気」を使いますか?

丹下一

丹下一

俳優

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english