自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/7/14(月) - 2003/7/18(金)
3日め

テーマ「場」になじむのは得意?

今日のポイント

自分との距離、は難しいですか?

投票結果 現在の投票結果 y48 n52 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
丹下一
丹下一 俳優

人と人との距離、関係のとり方は、まず自分がどうあるのか、から始まります。みなさんの書き込み、自分を見つめる視線が真っ直ぐで、一つひとつが示唆に富んでいて興味深いです。

まりいさんの「まず聞くこと」は……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

自分をアピールするということが苦にならない(まりい・大阪・既婚・38歳)

最初はやはり緊張しますが、少し様子を見ながら、まずは聞き役に徹する。そこから徐々に相手の反応を見ながら、自分をどこまで出すか計算しつつ接近する、というのがいつものパターンです。子どもの頃は人見知りが激しかったのですが、販売の仕事に10年以上携わったこともあり、初対面の人に自分を上手にアピールするということが苦にならなくなりました。ちょっと自分のキャラに合わない、というところでは、かなり猫かぶりますし。なんでも訓練かな、と思います。唯一苦手だったのが、専業主婦時代の「公園」でした。場に全然なじめず、子どもを交えてのお付き合いというのはかなり難しいものでした。

自分自身に「わたしは大丈夫」(あみえ)

緊張はします。けれど、必ず自分自身に「わたしは大丈夫、きっとみんなに好きになってもらえる」と言い聞かせます。あとは、笑顔で目を合わせること。そうすれば、たいていの人はつられて笑ってくれます。状況にもよりますが、フォーマルな場でなければ、少しオーバーリアクションになってみたり、おもしろいことを言って笑いを取ったりして、注目してもらいます。

ある日を境に「ドキドキ」感じなくなった(マリア)

はい、得意です! 昔は初めて入るお店や肩書きのついた偉い人に会うことはドキドキしてました。ところがある日を境に感じなくなったんです。新しい組織に入るときは、第一印象が大切だと真っ赤なスーツを着ていったり、お店に入るときも主導権を握って話すことで、自分に余裕ができているようです。それこそ皆さんが良くご存知の大企業のトップとでも、携帯番号を交換し合って、今では食事に行くようになったり、「や」の付く職業の人とでも飲み屋で隣に座れば仲良くなっておごってもらったり。

NO

一生懸命平静なフリ(kuniwaka2001・神奈川・既婚・31歳)

とても苦手です。でも、わたしの周りにいる人たちの多くは、わたしは場になじむのがうまいといいます。初対面の人と会うときは沈黙するのが居心地が悪くて、ついついいっぱい話しかけてしまいます。そしていつの間にかエンジンが掛かって、気が付くと一人でベラベラ喋っています。反省。それから、今までに行ったことのないお店に入るときもドキドキして大変です! しばらくは挙動不審かも。でも、ドキドキしているのを気付かれるのも恥ずかしいので、一生懸命平静なフリをしています。とほほです。

「自分」をいかに素直に表現するか(WIND・奈良・独身・35歳)

利害関係がなかったり、そのとき限りの「場」には比較的なじみやすい方です。でも、それはよく考えてみると、自分を隠しきることができるから、だと思います。その場にいる人が互いに自分のテリトリーを侵さない限り、新しい「場」であってもなじめるのではないでしょうか。しかし、自分を知ってほしい、あるいはさらけ出さざるをえない場合はかなりのストレスを感じます。「場」になじむことを「空気を読む」といいますが、それは「自分」をいかに素直に表現するかといったことではないでしょうか。

緊張度合いを最高潮まで高める(mi-chan)

人前に出ると緊張するタイプで、プリゼンテーションは苦手中の苦手です。それでも、プリゼンをしなければならないときは、自分の順番が来る前までに、緊張度合いを最高潮まで持っていきます。これ以上緊張できない、というところまで先に緊張してしまうと、いざ、自分の順番となると、かえって冷静になれるのです。また、心臓がバクバクしているときは、そのバクバクをお腹のほうへ移動させていくよう、イメージします。すると、不思議なことに、気持ちが落ち着き、冷静になれます。でも、新しい会社に入った場合など、一日中はこんなことできないかもしれないですね。

でき上がっているグループの中に入るのは苦手(渡邊あさぎ)

初めて入るお店は一人でも全然平気ですが、引っ越した先で新しく町内会や子ども会に入る時など、非常にストレスを感じます。その後に続いていく付き合いのことを考えてしまうからでしょう。オフ会など、みなが初対面という同じ立場の集まりなら平気なのに、すでにでき上がっているグループの中に入って行くのは、とても苦手です。なにかコツがあったらお聞きしたいくらいです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「ことば」の持つ力は

人と人との距離、関係のとり方は、まず自分がどうあるのか、から始まります。みなさんの書き込み、自分を見つめる視線が真っ直ぐで、一つひとつが示唆に富んでいて興味深いです。

まりいさんの「まず聞くこと」はとても大事です。米国の言語学者メーラビアンによると、人の印象を決めるのは、ボディランゲージ(視覚)55%、話し方38%、そして、話す内容は7%なんだそうです。人は、実は他人の話をほとんど聞いていない。自分では聞いているつもりでも。だからこそ、一歩踏み込んで聴くことに徹する、傾聴するのは第一歩。

あみえさんのように自分に「おまじない」をかけるのもいいですね。「ことば」の持つ力は、なかなかあなどれませんよ。そんな意味でも「はい、得意です! 」と言い切るマリアさん、すてきですね。「ある日を境に」のきっかけをぜひ教えてください! 

そして、kuniwaka2001さんの饒舌もよくわかります。沈黙の反対の饒舌は、ほどよい中心から遠いという意味では同じなんですよね。「利害関係」(WINDさん)がある。つまり、積極的にその「場」に入りたい理由、目的もはっきりしているときに、人はその「場」に自分を理解してもらう必要が生じます。それは、その目的に添ったその人の部分で充分。それ以上の「饒舌」は必要ないはずです。

渡邊あさぎさんの「町内会」の目的は、あえて言うなら「親睦」。または「わたしは決して敵ではありません」と表明すること。関係と目的が多岐にわたるので大変。だから「利害関係・目的」がはっきりしている方が楽ともいえます。問題は、その時の「居方(いかた)」ですよね。

丹下一

丹下一

俳優

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english