自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/31(月) - 2005/2/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
2日め

テーマ起業するなら、いままでの業界にこだわらない?

投票結果 現在の投票結果 y72 n28 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
緒方 修一
緒方 修一 日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

みなさま、いろいろなご意見ありがとうございます。今回のテーマは、とらえ方も人それぞれだと思います。趣味やアイデア、考え方の変化、経験、能力、十人十色ですよね。でも私は、起業するために必要なことは何か?……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

いつかは別の業界で起業してみたい(ぞう・東京・パートナー無)

働きだして約10年、ずっと金融業界です。そこそこ向いていると思うし、そこそこ待遇もいいし、大きな不満を抱いているわけではありません。しかしながら、このままで自分の仕事人生が終わってしまうと思うと寂しさがあります。違う業界で起業して、自分を体現できたらな、と思ってます。まだどんな業界かわかりませんが。

業界は違えども得てきたものは生きるはず(Availability・愛知・パートナー有・29歳)

私はこだわりません。今年、いままでの業界とはまったく関係ないことで起業しようとしています。けれど、周囲の反対が予想され、またそれも当然かなと思い、特に親類になかなか切り出せないでいます。いまは周囲の心配を払拭できるよう、事前リサーチやプランの元に進める必要があると考え、準備を進めています。

自分のキャリアを捨てることに不安はありますが、そこで得たものは私の血肉になっていると信じています。

ある意味自然な流れでは(一期一会・神奈川・パートナー無・43歳)

異なる業界に進出するという例は結構あると思います。異業種に進出する企業は多いですし、個人でも異なる業界に転職する人が増えましたよね。最初の就業が自分の希望とは異なる場合もあるでしょうし、年齢を重ね考え方が変化していくことも多々あるので、就業分野が変わることはある意味自然な流れだと思います。

よく知っているからこそ別の業界がいい(wakano・パートナー有)

起業はしないでしょうけど、するならいままでの業界にこだわる気は毛頭ありません。多分、その世界の嫌さが見えて、関わりたくないと逃げている面もあるのでしょうが……。

夢と現実の狭間に漂うのが普通なら……(lovesnow・山口・パートナー有)

いま働いている会社が第一志望であったのならいざしらず、小さいころから持っている夢と現実の狭間で浮遊しているのが世間一般のほとんどではないかと思います。きっかけやアイデアが高じたとき、チャレンジャーは進んで行き、その他大勢は趣味の世界に埋没して行く。趣味がいまの仕事でない以上、起業する場合にいまの業界へのこだわりはないと考えます。

NO

いまの業界の仕事が好き(あすちゃん・福岡・パートナー有・37歳)

仕事自体が好きなので、なんらかの形でいまの業界に関わっていたいと思います。しかし、起業できるセンスやアイデアがないです。ある意味いまの仕事に忙殺されているのかと最近感じています。

継続は力なり、だから業界にはこだわる(ねお・愛知・パートナー有・35歳)

私はこだわります。継続は力なりです。大学卒業後、勤務先は変わってていますが業界は変わっていません。パートナーはその業界で起業していてそこで働いているので、結婚後も業界変わらずです。近い将来、私自身も起業したいと思っています。まったく同じではなく関連業界での起業を密かに夢見ています。経験を生かすつもりです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

同じ業界での起業は難しい。別の業界での起業こそチャンスなのでは?

みなさま、いろいろなご意見ありがとうございます。今回のテーマは、とらえ方も人それぞれだと思います。趣味やアイデア、考え方の変化、経験、能力、十人十色ですよね。でも私は、起業するために必要なことは何か? と考えると、必ずしもいま所属している業界にこだわる必要はないのでは、と感じます。

ぞうさん、私も金融業界に属していましたので、よくわかります。数字の組み立ては得意なのでしょう。まずは、入念な損益計算を試されたらいかがでしょう? ただし、明確なビジョンは必要です。どんな業界で、どのようなことをやるのか明確でなければ、そこそこ待遇のよい現状選択が無難ですよ。起業は甘くない!

Availabilityさん、いいですね!「キャリアを捨てることに不安はありますが、そこで得たものは私の血肉になっていると信じています。」なんて素敵な考えでしょう。大賛成です。ただし、親類や周囲の反対も理解できます。特に金銭的なマイナスは難しいですよね。ITとかバイオとか、金食い虫ですよ。参入予定の市場規模の調査とビジネスプランの作成は必須です。希望があれば、事業計画のシートなど添付しましょうか? ところで、キャリアを捨てることにはなりませんよ。私がシティコープにいたときに人事部の役員に、米国では、転職をすることはキャリアである。むしろ一個所に甘んじている人材はキャリアのない証拠、とアドバイスされました。「石の上にも3年、継続は力なり」という日本の考えとは少し違いますよね。彼らの考えがすべて正しいとは思いませんが、心配を恐れていては何もできません。むしろ、「キャリアを捨てる」とは何かを考えるべきだと思います。「キャリアを重ねる」と考えては!?

一期一会さん、そうですね。いまは、業界自体が変化しています。少し古いですが、造船の会社がウーロン茶を発売したり、音響の会社が不動産業を行ったり、石けんの会社がバイオを手がけたりしてますよね。異業種参入の企業は増加しています。人も同じで、年齢を重ね考え方が変化することに加えて能力も増大します。いろいろな経験を積み、新分野への展望とアイデアも生まれるのでは!

wakanoさん、私の問いかけは、いま所属している業界の影と光を見ることでその業界にこだわる必要がなくなってしまうとの意味ではないんですが、その考えもありですかね。でも、いままでの業界をすべて否定するのではなく、その業界の嫌なところ、不合理なところを参考にして、新しい業界を創造して行くのも必要だと思います。悪い点があれば、改善の余地もあり、参考になりますよね。

lovesnowさん、確かに、世間一般のほとんどの方は、夢と現実の狭間で浮遊していると思います。ベンチャー企業と揶揄されるゆえんは、やはりベンチャー(冒険)なんですね。いままでの蓄財がゼロになるリスク、再就職の難しさなど、起業にはリスクが伴います。ですから、趣味の世界から抜け出せる情熱を持てる方は、起業のためのビジネスモデルの作成から始められたらいかがでしょう? 夢をビジネスにつなげるためには収益計画が必要ですよね。夢や趣味の延長なら、業界へのこだわりは関係ないと思います。

あすちゃんさん、仕事が好きなら、チャンスは到来しますよ。そのときがくるまで、起業できるセンスやアイデアを磨きましょう。無理に起業する必要はないと思います。

ねおさん、「継続は力なり」ですね。重要です。ただし、確立されている業界に進出するのなら十分な資金と人材が必要です。「ヒト・モノ・カネ」があれば、既存の業界でも勝てるでしょう。その武器がなければアイデアと経験、能力で勝負です。その経験や能力は「継続は力なり」で身についた結果ですよ。経験を生かして、関連業界での起業を目指してください。

私が思うに、同じ業界での起業は難しい! なぜなら、潤沢な資金と既存のシェアを持っている業界を塗り替えるのは難しいから。それよりも、新しいアイデアと方法で既存の業界にチャレンジしていくこと、そこに最大のチャンスがあると思います。新規上場を目指すのもOK、新しいブームを興すのもOK。ネールアーティストみたいな新しい職種を興すとか、起業は必ずしも潤沢な資金が必要ではありません。

同じ業界での起業は難しい、別の業界での起業こそチャンスなのでは? というこの問いかけは、いまの時代だからこそだと思います。銀行や証券、建設、食品など、いろいろな業界で再編が起こっています。新しい波を起こせるのは、業界が陳腐化してきたから、業界の垣根が低くなったから。いまの姿が、正常な資本主義の形ではないのでしょうか。

具体的な起業の計画や考えをぶつけていただければ、私の意見を打ち出せます。ディスカッションしたいですね。もちろん、技術面、人脈の面など、みなさんの考える異なる業界での起業のメリット・デメリットもお聞かせ下さい。もっと奮って討論を楽しみましょう。

緒方 修一

緒方 修一

日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english