自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/31(月) - 2005/2/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
4日め

テーマ起業するなら、いままでの業界にこだわらない?

投票結果 現在の投票結果 y74 n26 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
緒方 修一
緒方 修一 日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

いろいろな意見が飛び出してきています。それぞれの考えを聞くことができて「起業」の意味を再確認しています。 会社の傘の下から飛び出すには勇気が必要ですよね。今回は起業向きの人、そうでない人について……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

やりたいことは未知の分野。現在勉強中(あっぷるみんと・香川・パートナー有・41歳)

まったくこだわりはありませんね。

いま、やりたいことがありますが、まったく知らない世界なので、いま勉強中です。いままでの経験が生かせる部分はあるので、それは最大限発揮できればと考えています。その業界にない発想もできそうなので、新しいものができそうな気もしています。

生活スタイルと仲間の影響が大きい(潤・埼玉・35歳)

起業しましたが、まったく違う業界です。業界よりも、自分の将来の生活スタイルに合わせました。あとは、一緒にやる人の影響が大きいですね。

いままでも業種や職種はバラバラ(いまいくん・埼玉・パートナー有・41歳)

そもそも起業する気はないのですが(笑)、やるんだったら喫茶店ですかね。カフェではなく、あくまでも喫茶店です。しかも常連客ばかりが長居をして全然もうからない喫茶店が理想です! 元々、大学での専門が化学なのに、最初に就職した会社では自動車の開発に携わり、次の会社でソフト開発や子会社の立ち上げ、販促イベントの企画・運営やオフィスプランニングなどを行い、いまはオフィス家具やインテリアのデザイナーをしているというキャリアなので、業界や業種、職種にはまったくこだわりがありません。

もしかするとリタイヤするまで「本業」が分からないのかも知れませんネ!(笑)

経験に無駄なし。違う分野で生かします(百花繚乱・鹿児島・パートナー有・36歳)

いままでの経験を生かし、違う畑での起業を考えています。「経験に無駄なし」……ですね。また、環境が変わること(結婚など)で、見方の変化を感じます。枝葉をつけ、自分の歩幅で動き出したいと思います。

シンプルに考えれば……(ヒロカ・千葉・パートナー無・31歳)

ものすごくシンプルに考えると、ビジネスって、「何を作ってどう売るか?」なので、まったく違う業界でも、共通項は見い出せると思います。あと、その業界の慣習の外にいるから見えることもあるし、そうじゃないとできないことだってたくさんあります。

私は脚本家を目指してます。でも、自分にもいまのドラマの作り方にも全然納得してません。だから日々ものすごく悔しいです。たとえば、日本と比較して資力のないはずのタイとか、韓国、中国が、めちゃくちゃかっこいい映画を作ってバンバン売ってるのを見ると、「なんで日本じゃこれができないんだよ!」と、ものすごく悔しいです。

何をどうしていいかわかんないけど、今年は地道に英語の勉強をして、シナリオの勉強を続けることにしてます。なんで英語かといえば、高校で留学してたからベースがあるというのと、まったく違う言語をやると、考え方がクリアになったり、より日本語に敏感になったりするからです。それと、別な角度から見る視点が増やせるからです。

正直言ってばかだし、何ができるかもまだわかんないし、そこまで根性があるかもわかんないけど、何もしないで腐るのは嫌だから、もっとあがこうと思ってます。

NO

ビジネスの相手を安心させるためにも業界経験は必要(らいおん・東京・パートナー有・36歳)

いま、社内での起業ともいうべきプロジェクトに取り組んでいます。本当にゼロからの起業といえるような状況の方から見れば甘やかされた環境の中にいるのだと思いますが、ビジネスモデルとビジネスプランがないとそのための資金の獲得ができないという現実は共通しています。その意味では現在の業界との関連性が高いのでNOです。

一方、自分自身のキャリアの面でいえば、現在の業界でのキャリアは数年でしかないので、関係ないという解釈もあるかもしれません。とはいえ、やはりビジネスは相手あってのこと、それが取引相手であっても、あるいはスポンサーであっても、その人を納得させるためには、飛び込もうとする業界のなんらかの経験はあるべきなのでは、と思います。ただし、それはそこのエキスパートでなければならないという意味ではなくて、過去の経験でもいいと思うし、起業を決めたのちの修行と位置付けて、期限を決めて取り組む、もありだと思っています。だから、やっぱりNOですね。

業界より経験が大事だとは思うものの……(ケロリ・東京)

いままでの業界にこだわるかどうかでなく、いままでの経験にこだわるかどうかが大切な気がします。いままでの経験が他業界で生かされることはあると思うのです。その時は業界にはこだわらないでしょう。でも、いままでの業界にこだわった方が自分の強みが発揮できるなら、結果としていままでの業界を選ぶでしょう。

友人がいままでの業界にこだわらず、かついままでの経験にこだわらず、まったく未知の分野で起業しましたが、すごく苦労しています。というのも、臨機応変の「変」が、素地となる基礎知識、能力、経験が少ないために、つまり未知の分野であるため、状況に応じて軌道に乗せていくための変化という点において対応幅が非常に狭いのです。想像以上に大変だった、なめていたというのが本音のようです。ある程度こだわった方がよいかな、という気がします。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

起業向きの人、そうではない人

いろいろな意見が飛び出してきています。それぞれの考えを聞くことができて「起業」の意味を再確認しています。

会社の傘の下から飛び出すには勇気が必要ですよね。今回は起業向きの人、そうでない人について考えてみたいと思います。

ヒロカさん、脚本家を目指してるだけあって指摘が鋭いですね。その業界の慣習の外にいるから見えることもあるし、そうじゃないとできないことだってたくさんありますよね。私も常々そう感じています。業界の話ではないのですが、ドイチェバンクにいるときにすごく相場のうまい人がいました。なぜか常勝。秘けつを聞くと簡単なんですね。絶えず相場の外に自分を置いて、冷静に判断していました。数人の指標になる人を見つけて、それとは逆に賭けるだけ。

「人の行く裏に道あり花の道」相場の格言も起業も似ています。人の波に逆らって進むのは勇気が必要です。でも、それができる人こそ起業向きの人。流れに任せるのは企業向きの人。いまいくんさんの場合は、申し訳ないのですが、「キャリアを重ねる」のではなく「転職を重ねる」ですね。業界や業種、職種、経験にはこだわりを持つべきです。ただし、それはキャリアを重ねたい人の生き方。転職を重ねるのもひとつの生き方。天職を見つけてください。否定も肯定もありません。世の中は起業には向かない性格の方がほとんどだと思います。無理は禁物。ケロリさんの意見である「いままでの業界にこだわるかどうかでなく、いままでの経験にこだわるかどうかが大切。経験が他業界で生かされることはあると思う」も、キャリアを重ね次のステップを目指せるひとつのこだわりだと思います。

昨日、具体的な計画、体験談を中心に投稿を……と思って提案したのですが、残念ながら、現時点ではまだ投稿がありませんね。起業を目指すにも、百花繚乱さんみたいに、枝葉をつけ、自分の歩幅で動き出したいと考えている方もいれば、らいおんさんみたいに、社内での起業ともいうべきプロジェクトに取り組んで上場を目指す起業もあると思います。

一番大切なのは、自分に合った起業の仕方です。それには、自分を分析し、どんなキャリアがあるのか、経験、能力、人脈、資金などを第三者的な視点で分析し、起業への方程式を解いてください。具体的な計画を相談があれば答えますよ。お気軽に!

緒方 修一

緒方 修一

日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english