自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/31(月) - 2005/2/4(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
3日め

テーマ起業するなら、いままでの業界にこだわらない?

投票結果 現在の投票結果 y73 n27 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
緒方 修一
緒方 修一 日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

みなさんからの、起業に対する考えをお聞きしていますが、YESの方もNOの方も、いまの業界や業種にどうしてもこだわると考えている人は少ないと感じました。それよりも、自分に何ができるかを考えて、その範囲で……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

自分のやりたいことなら業種は関係ない(綾子・東京・パートナー有・37歳)

私も起業を考えていますが、現職の業界ではありません。やりたい仕事で、チャレンジする楽しみが大きくて不安はそれほどありませんが、現在の人間関係を維持しつつ、新しい人間関係を築きあげることは、並大抵の努力では成し得ないと思っています。異業種での起業は先入観にとらわれることもなく、アイデアもわきやすいのではないでしょうか。自分のやりたいことであれば業種に関わらず、前向きにチャレンジしていけると思います。

チャンスさえあればなんでも(aya-mix・大阪・パートナー無・29歳)

「起業」という言葉に金もうけ的な要素を感じるため、これでいけると思えるものはチャンスさえあればやりたい。ただ、いまの業界的には「独立」という言葉がしっくりくる。好きなことをやりたくて、そのためには利益なんて関係ない! といった感じでしょうか。でも私は「起業」するならば、先の見えないことは絶対にしたくありません。失敗したくないので、あちこちもうかりそうなことに手をつけてしまいそうです、情けないですが……。

業界にこだわらず時代に必要とされているものを(2044・埼玉・パートナー無・40歳)

特にこだわりません。いまの時代に必要とされているものに目を向けたいと思います。

案外別な業界でスキルが生きるということもあるのかも(pagi・東京・パートナー有・41歳)

条件付きのYESです。本当はある程度知っている業界でないと起業は難しい、と思うのですが、新しい業種の事情を調べられる、あるいはルートを作ることができるという確信があるなら、ひとつのスキルを武器に業界を横断したい、と思います。これまでの業界でしか生かせないと思っていたスキルが、別な業界で生かせるということは十分にあると思うので、できればそうしたいです。

NO

少なくとも関連する業界で(うっこ・福岡・パートナー有・42歳)

これまでに構築した人脈や身に付いたスキルを考えると、やはり、いまの業界でと考えます。未知のことにチャレンジもしたいのですが、それでも、いまの業界と多少は関連するものを選ぶか、または、いまの仕事もやりながら少しずつ移行することを考えます。

業界よりもその中で身に付けてきたこと(doramiku・神奈川・パートナー有・33歳)

業界というか業種を違えて起業しています。もとはIT業界にいましたが、いまは情報サービス業の部類に入るマーケティングやPRの仕事をしています。ITの会社にいたけれども、中で身に付けてきたことはマーケやPRの仕事だったからです。だから、自分で自分の肩書きをつけるとき、もといた業界は関係ないとおもっています。

もっとも、業界特有のしきたりや常識、そして、取引先となる会社の裏事情など、細かい情報は「業界人だからこそ知る」情報だとおもいますが、起業するための必須事項というよりも、心して情報収集する事項になるのではないでしょうか。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

それぞれのメリット、デメリット

みなさんからの、起業に対する考えをお聞きしていますが、YESの方もNOの方も、いまの業界や業種にどうしてもこだわると考えている人は少ないと感じました。それよりも、自分に何ができるかを考えて、その範囲で行動をイメージしていますね。それぞれのメリット、デメリットについて、考えてみたいと思います。

綾子さん、いままでの業界にどっぷり浸かっていると、先入観が邪魔になります。業界の常識は非常識と考えられるのは、ほかの業界の人間だからこそです。それと、自分のやりたいことにチャレンジするのは、成功の秘けつだと思います。

aya-mixさん、大切なのはビジネスモデルと利益計画です。転ばぬ先の杖、シュミレーションを行い利益達成可能かどうか、損益分岐点を計算して下さい。自分の達成可能な営業力をものさしにするのもひとつです。

2044さん、いまの時代に必要なものは、どうやって見つけますか? そこが、一番のポイントです。それが明確なら、ビジネスになりますよ。

pagiさん、私も、これまでの業界でしか生かせないと思い込むことが多いのが実態だと思います。実は、ほかの業界での転用可能、意外に効率的という発見もありですね。たとえば、ホテルマンが病院の患者対応をすると効果的かも……。

うっこさん、自分にマッチした方法で自分流に起業して下さい。無理は禁物!

doramikuさんの、私の問いかけに対する答の選択はNOですが、実は私の中では、doramikuさんの答が一番YESに近いと思います。いまの業界(会社)で身につけたスキルこそ、起業へのアイデアやパワーになると思います。自分には何ができるのか自己分析することも、起業を成功させる要素だと思います。

今日は、私の方からお願いがあります。みなさんの中で、具体的な起業の計画をお持ちの方、ぜひ投稿していただけませんか? あるいは、過去に起業して成功した例、失敗した例でも構いません。分析を伴った議論をしてみたいと思います。よろしくお願いします。

緒方 修一

緒方 修一

日本メディカル・パートナーズ取締役 CFO

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english