自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/3/15(月) - 2004/3/19(金)
1日め

テーマ不登校。「学校にいけない」が理解できますか?

今日のポイント

中学生の2%強が不登校、決して少ないとは言えません

キャスター
古荘純一
古荘純一 青山学院大学文学部助教授・昭和大学医学部兼任講師

不登校という言葉自体は広く認識されていて、それに関する調査研究報告や関連の報道も多くあります。2002年度には文部科学省が不登校の児童の割合が減少したと報告し、不登校の理解や対応も啓蒙されているという考えを持てるかも知れません。実際、最近報道される学校の問題は、非行・いじめ・多動性、そして虐待に気付かないことなどに変わってきた印象もあります。しかし、中学生の2%強が不登校であり、決して少ないとはいえません。また、不登校の生徒は、「自己統制力がない」「ろくな大人にならない」、などと思い込んでいる大人も少なくないでしょうし、子ども自身がその考え方にとらわれて苦しんでいるとも思えます。一方で引きこもりや心身症との関係も諸説があり、いまだ十分に説明できてはいません。これは、不登校には種々の要因が関係していることの証ともいえるでしょう。そこで、不登校の問題を、直接児童にかかわる方だけでなく、社会全体の一員として改めて考えてみてはいかがでしょうか。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english