自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/6/14(月) - 2004/6/18(金)
1日め

テーマ子どもに入る情報の制限は必要ですか?

今日のポイント

溢れる情報。それらを容易に入手できる今

キャスター
古荘純一
古荘純一 青山学院大学文学部助教授・昭和大学医学部兼任講師

6月1日に起こった佐世保の小6女児同級生殺害事件ニュースは、テレビ、新聞、雑誌などの各メディアで大きく扱われ、現在も連日報道されていることなどは、事件の衝撃の大きさを現していると思います。ewomanサーベイでも、志賀こず江さんが6月7日から「犯罪の低年齢化、危機感を感じる」というテーマを展開され、わたしもさまざまな意見を拝見しました。中でも、今回の事件は、バイオレンス映画の存在やサスペンステレビ番組などが大きく影響しているのではないか、という見解を述べている意見が多く印象的でした。

そこで今週は、「子どもに入る情報の制限は必要ですか?」というテーマで、みなさんの意見をお聞きしたいと思います。もし、バイオレンス映画やゲーム、テレビや携帯のサイトを含むインターネットなどが、子どもの行動や思考に影響を与えるとしたら、それらの情報に何かしらの制限を施す必要があるのでしょうか。以前から議論されていることではありますが、近年情報の量も飛躍的に増えて、子どもたちも容易にその情報を得ることができると言えましょう。今回は教育という視点に限らず、子どもの精神発達や個人における情報処理能力という観点からも考えてみたいと思います。

さまざまなご意見をお待ちしています。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english