自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/6/14(月) - 2004/6/18(金)
4日め

テーマ子どもに入る情報の制限は必要ですか?

今日のポイント

溢れる情報。それらを容易に入手できる今

投票結果 現在の投票結果 y88 n12 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
古荘純一
古荘純一 青山学院大学助教授

低年齢は制限すべきという意見をいただきましたが、その根拠は先の2日間にお伝えしたことでもおわかりいただけるでしょうか。ただし、乳幼児にテレビを見せないとしたら、育児で最も負担が増えるのは母親だと思いま……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

精神や言葉が未完成な部分を大人が補う(イクラ・東京・パートナー無・41歳)

今回のような事件が起こったことで改めて考えてみたのですが、テレビでもネットでもやはりある程度の年齢までは大人が一緒に居なくてはいけないと思いました。わたしが子どものころも、一部のテレビ番組が教育上よくないなどの物議を醸していた時期がありました。しかし、それは家族が一緒に見ていたから出てきたことで、今は子どもが何の番組、どんなネットを見ているかを把握していない親が増えている感じがします。ネットも便利なツールの一つでハサミやホッチキスと同様、使い方を誤れば自分や他人を傷つけることをしっかり教える事が必要ではないでしょうか。精神や言葉が未完成な部分を大人が補うのは子どもを育てる基本だと思います。

年齢が低い程、制限は必要ではないか(norieda)

一人の人間が形成されてゆく過程で、さまざまなものに触れるわけですが、善悪の判断も的確にできない人格形成の段階で、制限もなくいろいろなものを見たり、聞いたりすることに疑問を感じます。物事はある程度、制限がある方が、判断しやすいと思います。あまりさまざまな意見がありすぎると、自分の意見もまとまらず自分自身を見失ってしまいます。たとえば買い物に行った時、ものすごい種類と量の中から一つだけ選ぶよりも、ある程度、まとまった種類の中から選ぶほうが、選びやすいと思います。自らの指針となるものがなければ、どの方向に進んで行けばよいのかわからず、彷徨ってしまいます。「かわいい子には旅をさせろ」と昔の人は言いました。たしかにわたしは、できるだけいろいろなものに触れたほうがよいとは思いますが、あらゆるものがはんらんしている昨今、何でもあり、というのはどうかと思います。年齢が低い程、制限は必要ではないかと思います。

子どもとともに考える機会と時間を持つ(rijin720・静岡・パートナー有・35歳)

世の中にはいろいろな人がいて、いろいろな意見があると知ることは大切だと思いますが、子どもたちが自分の価値観を持って、善悪を判断できるまである程度の制限は必要だと思います。特に、テレビは視覚、聴覚の両方からの強い刺激影響は大きいと感じています。大人でさえテレビで報道されていることは大勢の意見と考えてしまいがちです。まして、子どもにおいてはその傾向はさらに強いと思います。ただ、わたしも経験があるのですが、親が一方的に「これは見ては駄目」と言っても、子どもは納得ができません。よく話し合い、親が見ないほうがいいと言っている背景を理解してもらうことが大切だと思います。親も事前に十分に考えることが必要ですし、子どもとともに考える機会と時間を持つことが、制限する上で大切だと考えています。

どこで大人への勉強をしたらいい?(urara0304・愛知・パートナー有・57歳)

未熟な大人が未熟な子どもをつくり、その未熟な子どもが大人になってまた未熟な子どもをつくる。どこで大人への勉強をしたらいいのでしょう。価値観がお金、物に片ほうに寄りがちの世の中でいい人間ができるのは難しいのでは。人の未熟さは今に始まったことではない、その時代その時代で現れ方が違うだけではないでしょうか。人間という動物を過信しないほうがいいのでは。

影響力を受けやすい時期に教育できれば(M/A・関東・パートナー無・20代)

制限は必要だと思います。やはり今の時代、かってにさまざまな種類の情報が入ってきます。それは望む望まないにかかわらず。子どもはそれを自分に取り込んでいいものか悪いものかを判断する材料を持ち合わせていません。判断の基準となる倫理観をしっかりともってからでないと、取り込む情報によって右往左往することになると思います。

制限についてですが、まず対象となる子どもという範囲。これは小学生までと考えます。それは経済的な面と親の強制力の面で情報を制限できる限界が小学生までだと考えるからです。加えてその時期には、倫理観などへの影響力も大きいと思います。わたし自身、小学校時代にテレビや本(雑誌等)、ゲームなどについて、両親から制限を受けていました。その当時は、知りたいという欲求が大きかったけれども、少し時がたって自分で情報を取得できるようになってから知ってみると、「大したことない」と思えることが多かったのです。欲求が一番高い時に手に入れてしまうのと、落ち着いてから手にするのとでは影響力が違うということもありますが、影響力を受けやすい時期に正しい倫理観をしっかりと教育できれば、その後さまざまな情報が入ってきても、人の根幹を揺るがすほどの影響を受けることはないとわたしは考えます。

親がある程度選択するのも一つの方法(sachamaru・北海道・28歳)

一人暮らしをしていますが、最近勉強のために部屋からテレビを撤去しました。そのおかげでとても静かな生活を送っています。不要な情報を押し付けられることもなく、時間を有効に使えることに満足しています。それと同時に、今まで一度つけたら寝るまで消せなかったテレビの存在の大きさを実感しています。無意識のうちに情報が刷り込まれ、非現実的なことも日常のように感じてしまいます。テレビは老若男女問わずに見るメディアのため、ある程度の制限は必要かもしれないと思います。防御策としては、テレビを見る時間を制限するなど、子どもへの情報を親がある程度選択する方法もあるのかと思います。

NO

なぜそのルールが必要なのかを説明しつつ(しまこ・京都・パートナー有・37歳)

多くの方が述べておられるように、情報への制限が必要なのではなく、それらを選び取る力こそが必要です。それは親や周囲の大人が責任を持って、たたき込んでやらねばなりません。今、京都大学の霊長類研究所の先生が書かれた本を読んでいますが、今の日本の子育ては余りにも子どもを清らかな存在と絶対視し、情緒面に流されがちで、「ルールを守ること」「社会性を身につけさせること」の側面が抜けていると指摘されています。

ネットに関する家庭内のルールを設けたら、何が何でもそれを子どもに守らせる、冷静に、なぜそれが必要なのかを繰り返し説明する。根気のいる仕事だと思いますが、その繰り返しで子どもはコントロールする力をつけていくのだと思います。多くの大人たちはそこまで手をかけていないのではないでしょうか? 子どもに是非を問うばかりでなく、日本の大人たちは自分のたたずまいを省みるターニングポイントにきていると思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

個人のやり取りでも覗き見できるチャット会話

低年齢は制限すべきという意見をいただきましたが、その根拠は先の2日間にお伝えしたことでもおわかりいただけるでしょうか。ただし、乳幼児にテレビを見せないとしたら、育児で最も負担が増えるのは母親だと思います。それをサポートするシステムが乏しいばかりか、母親へ責任転嫁されかねません。国全体の問題として考える必要があります。

さて本日は、小中学生で急速に普及しているメールの問題について意見を述べさせていただきます。利便性は言うまでもありませんが、マナーや危険性を学ぶことは少なく、誰でも使っているから、簡単だから、場合によっては学校で勧められてやり始めたのでしょう。

チャットの会話は、マナーやルールに乏しく、大人と同様、子どもたちも書き込み形式で制限されることなく会話をしています。迷惑メールもさることながら、たとえ間接的であれ、自分を非難するメールや書き込みに落胆した経験のある人も少なくないと思います。

対面での言い合いであれば、表情などで他人の気持ちを汲み取れますし、仲裁者が現れその場で仲直りすることも可能です。手紙であれば、1対1であり、またある程度の時間や礼節さが必要です。

チャットは、多くの人間が覗くことが可能で、たとえ個人の間でのけんかであっても、観客を想定した見せ物的な側面に発展していきます。自分の言い分を聞く前に、見ず知らずの相手からいろいろなことを書き込まれていき、当事者となった子どもは、理性で制御できず、時に攻撃的な行動に出たり、時に抑うつになったりするのではないでしょうか。

アメリカ小児科学会は、番組を一緒に見て内容を討論することを推奨していますが、インターネットも同様であると考えています。あえて言えば、交通ルールを知らずに車を運転させるようなものですから。メールのやり取りは制限しても無理だという意見はありますが、大人はその危険性を知り、毅然(きぜん)とした態度で利用法を指導すべきでしょう。ご意見をお待ちしています。

古荘純一

古荘純一

青山学院大学助教授

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english