自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/6/20(月) - 2005/6/24(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマアジアの言語を学びたいですか?

キャスター
磐村文乃
磐村文乃 日本語・韓国語教師

今年は日韓友情年。1965年6月22日に日韓基本条約が調印され、日韓国交正常化40周年を記念してさまざまなイベントが開かれていますね。この間、「近くて遠い」と称された日韓関係も劇的に変化しました。韓国語を学ぶのに、周囲の冷たい視線と後ろめたさを覚えた時代は、もう遠い過去。昨今の韓流ブームで、韓国に関心を寄せ、言葉を学ぶ人も増え、韓国語はぐっと身近な言語になりました。

一方、このところ冷え込んでいる日中関係ですが、中国の急速な経済発展、2008年の北京五輪を控え、中国語学習熱はますます高まっているようです。中国紙の報道では、日本の中国語学習者はすでに100万人を突破したとのこと。今、中国政府は世界各国への中国語普及に力を注ぎ、また、大量の留学生を受け入れています。教育省によると、2004年中国における留学生数は11万844人(前年比42.6%増)で、過去最高となったそうです。出身国178のうち、もっとも多いのは韓国人、次いで日本人……。韓国人留学生は3割以上を占め、大学のみならず、小・中・高の留学生も増えているようです。地理的に近いこともあるのでしょうが、中国に向ける関心、その中国語熱、留学熱には圧倒されます。

皆様はアジアの言語を学びたいと思いますか。どんな言語を学びたいですか。また、どんな目的でアジアの言語を学んでいらっしゃるのでしょうか。言語をフィルターにアジア像を皆様と語り合えればと思います。一週間どうぞよろしくお願いいたします。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english