自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/2/7(月) - 2005/2/11(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ季節によってティータイムのお茶を変えていますか?

投票結果 現在の投票結果 y48 n52 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
田子みどり
田子みどり コスモピア代表取締役

楽しい投稿を拝見していたら、あっと言う間に1週間終わってしまいました。十人十色のティータイム、生活の大事な一部ですね。 すれ違いの時間が多いゆうこちゃんご夫妻は、ティータイムが大事なコミュニケー……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

韓国(のほっち・山口・パートナー有・33歳)

義妹が韓国に留学するようになって、わが家にコーン茶が仲間入りしました。結婚するまでは知らなかったのですが、とうもろこしのほのかな甘い香りや味が気に入り、ダイエット茶として韓国で飲まれていると聞き、ますます飲む回数が増えてしまいました。でも、春先は緑茶が人気です。温かくても、冷たくても飲めるお茶、そのときの気分で選べるのも人気の秘密ですね。

マイブームは韓国のヨモギ茶(yacco88・東京・パートナー有・42歳)

いまは、ほんとうにたくさんの種類のお茶を飲むことができますよね、体にいいものはもちろん、なんとなく気分で選ぶことは多いです。で、マイブームは韓国のヨモギ茶です。有機栽培の緑のヨモギのようなお茶ですが、かすかなヨモギの香りと、なによりも体がぽかぽかしてきて、何杯でもいだけます。婦人科系によいというのでなおさらです。

季節に合わせたハーブティーは私の薬箱(summerfield)

季節によって、あるいは体調、気分によって飲み物を選んでいます。いまの季節は花粉症予防ということで、ネトル、エキナセアなどとその日の体調に合わせてハーブをミックスして飲んでいます。体調が悪いときや気分的に落ち込んだり……というときは、特にハーブの助けを借りるような気持ちで、そのとき使うハーブを選んででいます。こうなると習慣、無意識に近く行動しているので面倒なことではなく、楽しみであり、自分にとっての小さな薬箱的存在にもなります。

ペットボトルを冷蔵庫にずらっと並べている人もいるようですが、やってみれば面倒なことではなく、お茶やコーヒーを出す行為自体がいい気分転換になります。自分の捨てるペットボトルの量をイメージして、これが日々燃やされ(リサイクルされるのはほんのわずか。リサイクルにも大変なエネルギーが必要)、あるいは地球に放置されていることをイメージしてほしいと思います。お茶の時間、コーヒーの時間というのがシンプルな行為であってほしいと願います。

夜のティータイムは1日を振り返る時間(emilin・宮城・パートナー無・38歳)

私のティータイムは夜です。いまはカモミールミントに凝っていて、お風呂上りに飲みながら、その日の反省をして明日のするべきことを確認しています。夏はローズヒップにローズ、ラベンダー、カモミールなどをブレンドして、レモンスライスを入れて飲みます。朝は、年間を通じて健康維持のため、中村天風さんおすすめの「お番茶に梅干1ヶ」入れて必ず飲みます。

主人と唯一共に過ごせる時間(ゆうこちゃん・大阪・パートナー有・28歳)

主人の帰りが遅く、私の出勤が早いので、唯一一緒に過ごす夕飯後の時間。そうはいっても、ほとんどないのですが、時間がないからこそ、「お茶でも飲もう」という心がけが意外にもリラックス気分にさせてくれます。お互い、仕事中は社内に缶詰で季節を感じることもないので、その季節にあった紅茶を数種類用意し、何にしようか、などと言いながら、ティータイムが始まります。

NO

いまは体質改善のためのしょうが紅茶(ハムス太郎・大分・パートナー有・33歳)

体質改善! 極度の冷え性というか、代謝の悪さに悩んでいます。そんな私がいま取り入れているのは、「しょうが紅茶」です。朝の1杯はこれからスタート。紅茶にしょうがを浮かべて、甘みが欲しかったら少量のはちみつを入れて飲んでいます。飲んでいるうちに、体がポカポカしてきて温まります。飲み始めてから、少し足の冷えがなくなった気がします。でも、昼間に職場で飲もうとするとあんまりおいしくいただけないんですよね〜。仕事中は、甘めのココアやカプチーノ、抹茶オーレ、コーヒーと、そのときの気分や疲れによって飲み物を変えています。

体調や時間により変え、栄養補給の場合も(momo-can・福岡・パートナー無・32歳)

季節よりも、その日の体調などで変えることが多いです。また足りてない栄養素を補うという意味合いで、野菜ジュースになることもしばしば。

私は呼吸器系統が弱く冷え性なので、はちみつとしょうがを入れた紅茶などはよく飲みます。もっと冷えるときはしょうが葛湯にしたり。リラックスしたいときは逆にミルクを入れたり……。トッピングを変えるだけでもずいぶん変化が楽しめますよね。また疲れがたまっているときは黒酢ドリンクなど、各種さまざまです。自分でジュースを手作りすることもよくあります。

時間帯でも変わってきて、朝は目覚めをよくするための冷たいもの、夜はリラックスするため暖かいものが多いです。ただ、よく冷えたグリーンティーだけは夏の風物詩なので、これは夏限定で飲んでます。

数種類の日本茶を常備しています(一期一会・神奈川・パートナー無・43歳)

そのときの気分で変えています。私は日本茶が好きで、番茶、ほうじ茶、玄米茶、煎茶などなど、数種類のお茶を常備しています。選択肢が複数あるせいか、私にとってお茶の時間は常に楽しいひとときです。

お茶のひとときで仕事の区切りをつける(mauvaisgarcons・福岡・45歳)

ティータイムは基本的に日本茶です。季節を問わず熱い日本茶を愛飲してます。季節的なことを言えば、新茶の時期にはなるべく新茶をと思っているくらいでしょうか。最近日本茶を家に置いてないお宅もあるということ知り、とても寂しい気がして、昨年の贈り物にはお茶をお送りすることにしました。紅茶やコーヒーも大好きですが、季節によってというよりも、お茶菓子によっての飲み分けています。でも最後はやはり日本茶に落ち着いています。お茶をすることは、ついだらだらしてしまいがちな仕事の区切りをつけるためには、欠かせません。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

目や舌、体全体が喜ぶティータイムを

楽しい投稿を拝見していたら、あっと言う間に1週間終わってしまいました。十人十色のティータイム、生活の大事な一部ですね。

すれ違いの時間が多いゆうこちゃんご夫妻は、ティータイムが大事なコミュニケーションの時間。「茶の間」のなくなった現在の家庭では、意識してティータイムの時間を作らないと、会話が疎遠になってしまいますね。emilinさんのティータイムは、その日の反省をして明日のするべきことを確認する時間。エライ!

冬の悩みと言えば、冷え性。しょうがとはちみつを入れた紅茶が効果的、とmomo-canさんと、ハムス太郎さん。最近は、子どもたちにも冷え性が蔓延しているそうですが、これなら喜んで飲んでくれそうですね。

台湾の人々は、日常の生活に「養生」を取り入れています。養生とは、病気にかからないよう丈夫な体を保ち、健康につとめること。体によいとされる食物をとり、たくさん会話してストレスを溜めない。お茶もそのひとつです。茶の葉のてんぷらなど、お茶を使った料理もあります。

みなさんの投稿には、新茶は欠かさずという方が結構いらっしゃいましたね。季節感を取り入れることで、その植物の生命エネルギーの力を受け取ることになるのでしょう。お茶菓子に季節感、という声も多かった。季節の素材を生かしたお菓子をお茶に添えることで、目や舌だけでなく、体全体が喜びますね。

最後にPR。私の経営パートナーである台湾出身のアテナさんと、台湾の養生とお茶についてのメルマガをスタートさせることになりました。たくさんの方の登録をお待ちしています(http://www.mag2.com/m/0000148734.htm)。1週間楽しい投稿ありがとうございました。

田子みどり

田子みどり

コスモピア代表取締役

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english