自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/5/31(月) - 2004/6/4(金)
1日め

テーマカルチャーショックを受けたことがある

今日のポイント

北朝鮮の拉致被害者家族の反応も記憶に新しいですが

キャスター
磐村文乃
磐村文乃 静岡大学韓国語非常勤講師

5月22日の第2回日朝首脳会談で、北朝鮮から帰国された拉致被害者の5人のお子さんのニュースが連日報道されています。生まれ育った環境から未知の地へ移り住む、それだけでもかなりの衝撃を感じるものです。それが、突然、北朝鮮から日本へ、言葉も生活様式も価値観も異なる国への適応となるとなおさら、その帰国の経緯からしても、カルチャーショックは相当大きかろうと拝察します。

このような体験とまではいわずとも、わたしたちの生活において、外国を訪れたり、結婚や転職で環境が一転したときなど、カルチャーショックを受ける場面は、多かれ少なかれ、人それぞれにあるのではないかと思います。

そこで、今週は、みなさんにカルチャーショックの経験やその対処などについて、いろいろご意見をお聞かせいただきたいと思います。一週間どうぞよろしくお願いいたします。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english